Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ビッグヒットの年
d0017381_11293470.jpg
「ロックの神様」とか「小僧の神様」とか、そういう神様たちがやってみせてくれることは
好きだけど、いわゆる大文字の神様のやることは、どうもいまひとつ、信用できないし、
あてにもしてない、そのくせ、イルコモンズには意外と迷信ぶかいところがあって、
厄年をなめてるいるとかならず痛い目にあうと思う。というか、バチがあたるとおもう。
霊長類だとかいって、いくら偉そうにしてたって、人間なんてしょせんサルなのだから、
40年も生きてれば、かならず故障する。ひとつかふたつはバグがでる。それがヒトの
運命であり、生きものの定めである。ということで、いよいよ来年は大本命、絶体絶命の
大厄の年である。来年をのがしたらももう二度とチャンスはめぐってこない一生に一度の
大厄である。泣こうがわめこうが必ず厄年はくる。誰のうえにもひとしく厄が降りそそぐ。
生きとし生けるものはすべて平等に厄年をむかえる。はれるや、厄年、ばんざい、厄年。
ついに、あの元祖天才バカボンのパパと同じとしになるのである。すごい。41年生まれが
41才にになる来年はきっとあたり年だと思う。ビンゴ、厄年。ラッキーナンバーは41である。
------------------------------------------------------------------------------
[追記1] 世の中には厄払いというのがあるらしいが、そういうのはどうも信じられないし、
気休めのような気がする。そもそもそれは、いかなる法則にしたがっているのか?と
いいたい。もしどうしても厄をのがれたいというのであれば、こうしてみてはどうだろう。
大厄の女と大厄の男を縁結びさせるのである。そうすればマイナス×マイナスで一気に
プラスに転じて大逆転が起きるはずである。これはちゃんと算数の法則にのっとってる
ので効き目があると思うのだが、どうだろう。
[追記2] 上の作文をよみかえしてみて、宗教、自然、動物、科学、工学、迷信、、、、と
結局、自分がどれを信じているのか、よくわからないことがよくわかった。
[PR]
by illcommonz | 2006-11-30 12:12
<< ▼イルコモンズ・トラベリング・... ▼おしらせ >>