Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼文化人類学解放講座・もうひとつの可能な世界の具体例をみる
今回は、民族誌映画の傑作中篇「クラ~西太平洋の遠洋航海者」(1971年)を見て、
「ギフトエコノミー(=贈与経済)」と、「もうひとつの可能な世界」について考えます。

d0016471_6162520.jpg


▼「クラ~西太平洋の遠洋航海者」(67分 カラー1971年)
監督=市岡康子 制作=牛山純一 ナレーション=久米明 音楽=佐藤勝


[映画解説]
いま・ここにあるグローバリズムの世界と、そこでの生き方に疑問や問題を感じ、
グローバル・ジャスティス・ムーブメントを進めている人たちの合言葉のひとつに、
「もうひとつの世界は可能だ(another world is possible)」という言葉が
あります。これは2001年にブラジルのポルトアレグロで開かれた「世界社会
フォーラム(World Social Forum)」で提唱されたもので、もともとはブラジルの
ポピュラーソングから引用されたフレーズだといわれています。このフレーズは、
「金がすべて」「儲けるためなら何でもする」血も涙もない非情なグローバリズムの
世界に失望した人びとに夢と希望と、そして想像力を与えてくれるロマンティックな
フレーズですが、現時点ではまだ、その「もうひとつの世界」の具体的なヴィジョンが
はっきりと見えていないのが実情です。「考えられたプラン」はたくさんありますが、
その「考えられたプラン」が本当に実現可能であるという「実感」や「リアリティ」を
与えてくれる「生きられたサンプル」が不足しているのです。そうした「考えられた
プラン」のひとつに、「ギフトエコノミー(=贈与経済)」というのがあります。これは
グローバリズムのベースにある「商品市場経済」や「市場原理主義」にとって、
それに代わる「もうひとつの可能なエコノミー」です。これは利益の追求を目的と
しない贈与(ギフト)を通じたもののやりとり/やりくりで、グローバリズムの世界で
みられるような、ひとにぎりの人間だけに利益が集中し、ものが独占されてしまう
アンフェアなシステムではなく、完全に公平な分配ではないにしろ、多くの人間が
ものを共有し分有することのできるフェアなシステムです。こうしたシステムは、
全域的ではないにしろ、パーシャル(部分的)なシステムとして、いま・ここにある
世界の中でも実現されつつあります。特にコンピュータやインターネットの世界で
その動きがみられます。具体例をあげれば、wikipedia やリナックスのオープン・
リソースソフト、青空文庫や無数のフリーウェアソフト、クリエィティヴ・コモンズ
などがそうで、他にも著作権が消滅してパブリックドメインにはいった映画作品や
文学作品をインターネットを通じて共有するしくみがつくられつつあります。
これからさらに著作権者が権利を気前よく手放し、企業が囲いこみをやめれば、
このギフトのサークルは拡大してゆくのですが、なかなかそうならないのには、
いくつか理由があります。まず、そのひとつは、権利をみずから喜んで手放し、
囲いこみを進んでこわすインセンティヴ(動機づけ)が十分にないからです。
では、そのインセンティヴをつくるにはどうしたらよいか。そのヒントは、クラに
あります。クラはニューギニアのトロブリアンド諸島で、幾世代にもわたって
持続的に行われてきた、非常に洗練され成熟したギフトエコノミーのイベントで、
これをみれば、ネット上のギフトエコノミーに欠けているのが何か分かると思います。
もったいぶらずに先に答えをいえば、それはギフトをめぐるロマンとドラマであり、
ギフトをめぐる物語や偉人伝や伝承や説話が欠けていて、それでいまひとつ
ギフトに対するインセンティヴがあがらないのだと思います。さらにいえば、
そうしたロマンや物語をオーガニック(有機的)にまとめあげる想像力と
コスモロジー(世界観)も欠けているのですが、それはもっと先の話で、
ともかくまずは、ギフトエコノミーの「生きられたサンプル」としてのクラの
ロマンにふれてみるのがよいと思います。そうすれば「もうひとつの世界は
可能である」というロマンからさらに一歩進んで、「もうひとつの世界はとっくに/
いつでも可能だ」という「もうひとつのロマン」を持てるようになるかもしれません。
もともと文化人類学は、科学のふりをした詩のような学問で、きわめてロマン
主義的な学問だったのですが、科学としての体裁をととのえるためにロマン
主義をすてた頃から、ちょっとづつ退屈になり、ロマン主義と批判されるのを
おそれるあまり、ロマン的なものをより一層避けるようになって、ますます
つまらなくなりました。もちろんロマン的でないものをロマンチックに語るのは
ただしくないことだと思いますが(とはいえ、それは決して「悪」ではない)、
クラのようなそれ自体がロマンチックなものは遠慮なくロマンチックに語って
よいと思いますので、今回ばかりはそういう目でこの映画をみてみてください。
見終わったら、きっと「わたしもクラをしたい」という気になると思いますから。

[自由研究]
文化人類学の基本は、異なる文化の比較と、それによる自文化の相対化です。
グローバル市場経済のなかで生まれた米国の巨大企業エンロンの崩壊を描いた
ドキュメント映画「エンロン」に登場するトレーダーとクラのトレーダーを比較して、
市場経済と贈与経済のちがい、交換の速度のちがい、幸福の尺度のちがい、
価値観のちがい、想像性のちがい、持続可能性のちがいなど、エンロン文化と
クラ文化のちがいを考えてみましょう。

d0016471_6444213.jpg
[参考映像]
▼「エンロン~巨大企業はいかにして崩壊したのか?」(2005年)予告篇
(監督=アレックス・ギブニー ナレーション=ピーター・コヨーテ) 

d0017381_917954.jpg[参考文献]
市岡康子「KULA・貝の首飾りを探して南海をゆく」
2005年 コモンズ

講義に出席して映像をみれない方は、上記の本で、
この映画のシナリオ全文と監督自身によるメイキング
解説が読めますので、どうぞそちらをご覧下さい。
[PR]
by illcommonz | 2006-12-13 06:57
<< ▼来日中止 ▼以上 >>