Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼臨時補講のお知らせ
d0016471_1150338.gif「このつづきは、春に。」と書きましたが、
答案があまりよくできていたので
臨時の補講授業を開講します。

というのも、今回の答案のなかには現物を
実際に手にとって見てもらった方がよいもの
があり、そもそも、どういうきっかけでこういう
答案を思いつき、どういう考えでつくったかを
プレゼンテーションしてもらい、アイデアを
共有し合った方がよいものがあるように思っ
たので、そのための補講をします。

個人的にも、いったいどういう人が、どういう考えでこんな答案をつくったのか、とても
興味があり、ぜひ聞いてみたいと思ったので、やることにします。そういう補講なので、
出席は自由です。また、答案のなかには、ここをこうした方が、そのコンセプトや
モチーフをより効果的に表現できるディスプレイ方法や展示の方法があるように
思えたので「添削」がわりにそれをやってみることにします(もともと現代美術家
だったので、そのへんのコツは多少は心得ています)。

あと、この一年間の講義では、クラスのなかで意見や情報を交換しあう機会があまり
なかったので、それも兼ねて補講をします。もし、もう一度みてみたい映画やヴィデオ
があれば、時間のゆるす範囲で、再上映もしますので、希望があれば、このブログに
遠慮せず書きこんでください。さらに、答案をよんで、思い出したモノや映画もあるので、
それもお見せします。

日時は、試験期間中の1月25日(木)の4限にいつもの3455教室で行います。
念のため、もう一度、云いますが、出席は自由です。興味のある人なら受講者以外でも
自由に参加できますので、なるべく多くの人が集まってくれるとうれしいです。
[PR]
by illcommonz | 2007-01-17 03:44
<< ▼文化人類学解放講座・答案解放その3 ▼Can U Dig It? ... >>