Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼24時間交響曲第9番・ストレッチ・オーバー・ベートベン
d0017381_2383936.jpgダグラス・ゴードンのビデオ・インスタレーション作品に、ヒッチコックの映画
「サイコ」を24時間かけて上映するという、その名もずばり「24時間サイコ」
という作品がありますが(この作品は意外におもしろくて全然退屈しない)、
かたや、ベートベンの大ヒット曲「交響曲第九番ニ短調 作品125」、通称
「第九」を24時間にひきのばして、ピッチを変えずに演奏するという、究極の
スロー・ミュージックというか、スローダウン・ミュージックの作品があります。

ノルウェーの前衛音楽家、ライフ・インゲの「9 BEET STRETCH」という
作品がそれで、去年の春、世界初演されたその音源をインゲのサイト
聴くことができます。このサイトで聴けるのは、序曲の部分の10分間だけ
ですが、それを聴けば分かるとおり、原曲の響きを残しつつも、どことなく
スペーシーで、かつトランシーな演奏になってます。(これはちゃんと最後
まで聴かないとわかりませんよ)。云ってみれば、序曲の輝きが北欧の
百夜のように延々と続くという感じでしょうか。この演奏の「抜粋版」が、
アヴァンミュージックの名門レーベル「テーブル・オブ・ジ・エレメンツ」から
CDリリースされてるということなので、さっそく手にいれて聴いてみたの
ですが、案の定、そのCDに収録されていた40分の演奏は、「第九」の
ハイライトである「歓喜の歌」(合唱つき)の部分で、これがモノ凄い。

その延ばしに伸ばされた歓喜の合唱、つまり「大歓喜の大合唱」は、
ドゥルーズさん、ガタリさん、ベイトソンさんたちが口をそろえて云う、
あの「クライマックスなきプラトー状態」(絶頂なき恍惚地獄)になってて、
なんというか、24億万光年の彼方から地球に届いてくる音波のような、
おそろしく、スペーシーでコズミックな演奏です。「神々しい」というのは、
おそらく、こういう音のことを云うのだろうと思いました。

なお、このCDには、ライナーノーツに記載のないシークレットトラックとして、
この演奏を聴いた(体験した?)人たちのコメントと、インゲ自身による解説が
収録されていて、その異様な興奮ぶりが、まるでUFOを目撃した人たちの
体験談っぽくて、ちょっと笑えます。

[追記1] 「テーブル・オブ・ジ・エレメンツ」は、ジム・オルーク、サーストン・
ムーア、デレク・ベイリー、トニー・コンラッド、灰野敬二、ジョン・ケール、
マイク・ケリー、そして、キャプテン・ビーフハートと彼の魔法楽団なんかの
音源をリリースしてるレーベルで、この手の音が好きな人にはお勧めです。

[追記2] この手の話でいつも思い出すのは、ヴォネガット(もしかすると
アーヴィングだったかもしれない)の小説のなかにでてくる、本筋とは関係
のない挿話で、本来、ベートーベンの曲(もしかするとモーツアルトだった
かもしれない)というのは、ちゃんとした耳を持って聴くなら、その演奏が
はじまるなり、紳士淑女たちが全員よだれをたらし、床の上をのたうちまわる
ような途方もない音楽なのだ、という話で、もう何年も前から、この挿話を
よみなおしたいと思っているのに、依然として見つからない。たしか、
その挿話の前には、登場人物がメイドとして働いていた屋敷の女主人は、
まちがってベートーベンを78回転で聴いていたとか、そういう話があった
はず。どなたかこの本が何だか知ってる方がいらしたら、教えてください。
[PR]
by illcommonz | 2007-03-05 23:45
<< ▼プログラムのほころび ▼アカデミックデザイン >>