Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼労働はクソだが、仕事はたのしい、そして、団塊の諸君に告ぐ
「あらゆる労働はクソである」
 「ドイツ無政府主義ポゴ党・APPD綱領」より

「なかでもスウェットショップの児童労働はクソである」
 「イルコモンズアカデミー・ちびこもんず綱領」より

「不思議なご縁から、いま「好奇字展」という展示のお手伝をしております。
今日やったのは、何百個もある活版の漢字から素敵な文字を選んだり、
アクリル切ったり、チベット生まれの、柄の悪いウサギちゃんをステンシル
にしたり。役に立ったのか不明だけど、楽しかったー」
 「好奇字展・制作アシスタント 森くんのダブ雑記」より

然り。「強いられた労働はクソだが、仕事は楽しい」。イルコモンズもこの週末、
IRAで店番のお手伝いをし、慣れないレジ打ちをしながら"仕事"について考えた。
もっともIRAはお客さんが少ないので、レジを打ったのは数えるほどなのだが、
レジを打ちながら(そして何度も打ちまちがえながら)、もし「これだけを何時間も
やるとしたらクソつまらないだろうな」と思った。これは前にも書いたことだけど、
いまどきの若者たちが3年で仕事をやめるのは、それが"仕事"ではなく、クソ
つまらない"労働"だからだと思う。おもしろい"仕事"なら3年でやめたりしない。
仕事は3年目からおもしろくなってくる。やめるのは、それがクソつまらない
不毛な"労働"でしかないからで、その責任は、そのクソつまらない、毛の生え
ないような"労働"しかつくれなかった人間たちにある。いいかえれば、創発的な
"仕事"を発明し、創造し、次の世代とシェアし、分配することができなかった
人間たちにあると思う。では、それは誰か?甚だ公正を欠くことを承知の上で、
今日はいつもより多めにその責任を「団塊の世代」に強制的におしつけたいと
思う。役職的に考えてもそうだし、なんたって人口が多いのだから、少なくとも
人口の多い分だけ責任も多いはずである、と、そんなふうに、どんぶり勘定で、
団塊の世代に八つ当たりしたくなったのにはワケがある。今回のイルコモンズ・
アカデミーでは、映画「いちご白書」を上映したのだが、びっくりたまげたことに、
RLLの二人組をのぞいて、集まった二〇代のうちの誰ひとり「いちご白書」を
みたことがなかった。ベルイマンの「野いちご」ではなく、「いちご白書」を、で
ある。「いちご白書をもう一度」の、あの「いちご白書」を、である。イルコモンズ
が中学生のときにみて高揚し、ニール・ヤングが好きになった、あの「いちご
白書」を、である。ぅぅむ。ということで、ふたたび公正を欠くことを承知の上で、
その責任を、団塊の世代に強制的におしつけたいと思う。昔からよく「団塊が
通ったあとにはペンペン草も生えない」といわれるが、全くその通りで、団塊の
世代は、六〇年代の後半、自分たちが「若者」だった頃に、自分たちが考えた
ことややったこと、夢みたことを、良くも悪しくも後世にちゃんと伝えてないのだ
と思った。苦い思い出もあるかもしれないが、「せめて"いちご白書"くらいは、
語っとけ、いったいこれまで下の世代に何を語ってきたのか?」と思った。
おかげで「いちご白書」を見た後に、ドキュメント「コロンビア大学の動乱」とか
「ケント大学の悲劇」の話までするはめになった。それで思ったのだが、考えて
みれば、団塊の世代がサボってきたことを、いまイルコモンズ・アカデミーが
代わりにやってるようなものなので、団塊の世代はイルコモンズアカデミーに
敬意を表し、もうすぐ手にする退職金の一部をイルコモンズ・アカデミー基金
に気前よく寄付してもバチはあたらないはずである。あるいは、イルコモンズ
に教職を世話してもいいはずである、と、今回のイルコモンズ・アカデミーの
収支決算(もちろん赤字にきまってる)をしながら、そう思った。というわけで、
団塊諸君に告ぐ、「諸君の退職金をイルコモンズ・アカデミー基金に気前よく
寄付したまえ。あるいは、このクソ生意気なイルコモンズに定職と教職を。
つまりは、定期的なレギュラーアカデミーの開催の場とチャンスを我らに。
all we are sayin' is give akademy a space and chance.

d0017381_0185761.jpgというわけで、やればやるほど
貧しくなるイルコモンズ・アカデミーも
今年でついに3年目。たとえ「定職」は
なくとも、「たのしい天職」として、
またそのうちどこかでやりますので、
どうかよろしく。あと「いちご白書」を
一度見たことがあるという人も、
あの映画は、夜、大勢で集まって、
床のうえに体操ずわりしながら、
みんなで一緒にみるのがイイので、
団塊の諸君もイルコモンズアカデミーで
今こそ"いちご白書をもう一度"どうぞ。



[追記] 今回のイルコモンズ・アカデミー出席者の方からもらったファンジンの
おまけについてたステッカーを、イルコモンズ愛用のパソコンに貼りました。
"LIVE PURE, SPEAK TRUE, THINK NOW" と、そう書いてあります。
iBOOK のようにみえますが、実は人からもらった国産電気メーカーのPCを
ペインティングしたもので、キーボードにはキーがありません。ロースペック
なので、OSはいまだにクソWindows2000デス。1999年からヴァージョン・
アップしてませんが、いまでもちゃんと使えて、YouTubeだってみれます。
[PR]
by illcommonz | 2007-03-13 00:29
<< ▼いるころんずのは ▼イルコモンズの、公然の秘密の... >>