Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼スティル・マイ・ギター・ジェントリー・コーリング(後篇)
 もうひとつ気になるのは、ヴィンテージのテレキャス一本でこれが100本買えるという、ものすごい「格差」である。グヤの時代にはこれほどの格差はなかったはずだ。仮にこれがお金のない若年層と定職のないプレカリアート向きだとすれば、90万のヴィンテージは金持ちのオヤジとブルジョワ向きである。バイオリンの世界にはそういうものあるが、ついにエレキーギターの世界にも階級格差が現れたようである。そして実のところ、これから新興のマス・ブルジョワジーとして台頭してくる団塊の世代の退職金と余暇をターゲットにしたマーケットがすでに現れている。モズライトのヴァンチャーズ・モデルがそれである。

d0017381_3201827.jpg ヴェンチャーズの名を冠した高額のモズライト・シリーズは、ずばりヴェンチャーズ世代の団塊のオヤジたちをターゲットにした商品だと思う。うそだと思うなら、これをみるとよい。「我らが青春よ、もう一度」の世界である。どうせなら「いちご白書」を「もう一度」ふりかえってほしいところだが、もちろん団塊の世代が何に金を使おうと勝手である。モズリーのぶっといアームのついたヴェンチャーズ・モデルは、なるほど高いだけあって、いかにも頑丈そうだ(クロサワ楽器にあった1961年製のヴィンテージは驚くなかれ、146万である)。パーツもしっかりしている。さぞかし音もいいだろう。だから団塊の世代は退職金をつぎこんで、これをじゃんじゃん買うといい。しかしギターは丈夫でも、イルコモンズ同様、60歳を超えた肩にこのモデルはいささか重たすぎるだろうから、過ぎ去りし青春を懐かしむ思い出の品として自宅の居間に大事に飾った後、人間の宿命として決して遠くない将来、いずれそれを手放すことになるはずだ。そのとき、ジョーイ・ラモーンズのような金のない若者が新品同様の中古で、それを手にすることになるとしたら、それは悪い話ではないので、今のうちにじゃんじゃん買いまくってくれ、と思った。あと、団塊世代はビートルズ世代でもあるので、モズライトだけでなく、リッケンバッカーもどっさり買いあげ、いずれ第二のカート・コバーンのような次の世代のロッカーに譲り渡してほしい。さらに、デューセンバーグのスター・プレイヤーのいい物件(これは本当にいい!)も出まわっているので、これも買って、第二の椎名林檎を育成してほしい。と、そんなことを思いながら、自分で使う「ちゃんとしたギター」を探してまわった。

d0017381_2234980.jpg イルコモンズは、もともと赤と黒が好きなので、ジャクソンズが出してるランディ・ローズ・モデルのカラーリングはいいなぁと思った、が、この手のフライングVタイプはステージアクト向きで、座って弾けないし、なにより自分が出してみたい音とは違う、いかにも硬質な音がしそうので、遠くから眺めるだけにした。あと、赤と黒のギターといえば、その昔、クイーンのブライアン・メイが、家が貧しくフェンダーのギターを買うことができなかったので、古い暖炉を斧で叩き割ってボディを削り出し、半田ゴテを片手に父親とふたりで2年がかりで共作したと伝えられるホームメイド・ギターの傑作「レッド・スペシャル」である。そのブライアン・メイ自身が監修したプレイヤー・モデルがクロサワ楽器にあった。ピックアップを切り替えるスイッチが6つ付いていて、これを組み合わせると、トランジスタ特有のひずみがアタマにツーンに響くあのブライアン・メイのリードギターの音がするのだろう(もちろん弾くときはピックではなく6ペンスコインを使う)。定価13万円だが、ミニサイズなら3万である。たしかにブライアン・メイのあのギターの音は好きだ。あの音が出せればいいなと思うが、出せなくてもいいとも思う。聴きたい音と出したい音は違うのだ。自分であの音を出すのではなく、ブライアン・メイが出すあの音を聴くのが好きなのだし、なによりその隣には、マイクを握ったタイツ姿のフレディがいてほしい。仮にほかの誰かが、このギターでブライアン・メイのギターと同じ音を出してみせたとしても、それはちっともよくないだろうと思った。プレイヤーモデルとはそういうものである。赤と黒のカラーリングもいいし、音もいいだろうが、やはりこれは自分が求めているギターではない、と思った。

 ところで、この世には「世界3大ギタリスト」と呼ばれてきたギタリストたちがいる(その何人かはすでに「あの世」にいる)。「世界3大ギタリスト」とはいうが、三人以上いる、というか、たくさんいる。たくさんいるので、いちいちあげないが、イルコモンズが好きなギタリストはバックバンドのギタリストである。たとえば、ジャクソン・ブラウンのバックバンドにいたディヴィッド・リンドレーや、ルーリードのバックバンドにいたロバート・クイン、あとこれはバックバンドではないが、キングクリムゾンにいたエイドリアン・ブリューである。そして本当に好きな、そして自分で出してみたいと思う音を出すギタリストは、三人ではなく、世界に二人しかいない。

d0017381_150323.jpg ひとりはドゥルティコラムのヴィニ・ライリー、もうひとりはソニックユースのサーストン・ムーアである。自分でもあんな音を出してみたいと思うが、どちらも出せないから好きなのである。手に入れたいのはヴィニー・ライリーとサーストン・ムーアが出すような音が両方とも出てきそうな、そういうギターであり、そういうギターは存在しない。ヴィニ・ライリーが使ってるのは主にレスポールであり、サーストン・ムーアが使っているのはフェンダーのジャズマスターで、それぞれまったく性格の違うギターで、それぞれよく使い込まれた世界に一本しかないギターなので、たとえ同じ機種でも同じ音はしない。それにこの二人が出す独特の音色は、ディレイやリバーヴ、ファズやディストーションを通してはじめて出てくる音で、ギターだけで出せる音ではない。さらにそれは、ヴィニのアナログ・リズムボックスや、リー・ラナルドのバッキングギターがなければ、あんな風には響かない。ロックとはそういうもので、誰も出したことのない音をみつけ、ワン・アンド・オンリーの音を出してみせるのがロックである。そういう意味で、モデルギターとは幻想であり信仰であって、それはロックではなく、ロックビジネスがみせる夢にすぎない。

 そんなことを考えながら、さらに楽器店めぐりをつづけ、そして、ついに見つけた。見た瞬間に「あ、これだったのか」と思った。こないだイルコモンズ・アカデミーで観た、映画「落穂拾い」で、アニエス・ヴァルダが、「何かを探していると、モノの方がこちらのことを理解して、声をかけてくれる」と云っていたが、まさにそんな感じで声をかけてきたギターがあった。

d0017381_3205766.jpg メーカー名はなく、ただ「国産EG(エレキギター)」とだけ書かれている。実際どこをみてもメーカーのロゴがない。店員にきいても「分からない」という。年代的には60年から70年代頃のものだろうということ。値段は1万6800円。パーツに欠品があり、メーカーも不明で交換部品もないので、この値段だという。(そして、それはフェンダーではないからだ)。たしかにヴォリュームコントロールにはフェンダーのものが代用されていて、リアピックアップのうしろについていたらしきカウルもついてない。ボディの形状はフェンダーのジャズマスターに近いが、切り替えスイッチはふたつだけで、金属製のピックアップ・カバーがとびだしている。最初期のグヤにこういうのがあったが、グヤのロゴはついてない。一番近いのは、ゼンオンの"ペンギン"(あの「全音」も一時期、エレキをつくっていた)だと思うが、それとも違うようだ。ともあれ、このメーカー名がないところが逆に気に入った。もしかすると、誰かが自作したギターかもしれないからだ。そう、昔は自分で組み立てるギターセットというものがあったのだ。自分のギターは自分でつくる。ロックの基本はD.I.Y.である。

d0017381_2243315.jpg
 持ってみるとボディが薄くてかなり軽い。これは手足が短いイルコモンズ向きで、特に肩をこわしたイルコモンズにはうってつけである。色は赤でも黒でもないが、その両方の色をふくんだバイオリンカラーである。ピックガードはさわると感電しそうな無塗装の鉄板で、エレキというより電気バイオリンみたいな風情である。問題は音である。素性は不明だが、このくらい古いものだとヴォリュームとトーンコントロールのノイズは避けられない。特に切り替えスイッチがあるものは満足に作動しないことが多い。もっともメカニズムは単純なので、結線復活剤をふりかけ、配線をつなぎかえれば、なんとかならないことはないので、とりあえずアンプにつないでもらったら、びっくりたまげた。まったくノイズがなかった。うそかと思った。お店でリストアしたのかと思ったが、そうではないらしい。しかも音がよい。音自体はかなり細いが、ピックアップスイッチを切り替えると、エレキとは思えないような、丸みのあるマイルドな音がする。昔のエレクトーンや電気オルガンについてたソフトモードのような、ふくらみのある温かい音がする。木造の小学校の音楽室で聴く電子オルガンのような響きがする。もしかすると、これはオルガンのメーカーがためしに作ってみた試作品のようなものなのかもしれない(やはりゼンオンのものだろうか)。「なるほど、今日はこれを手に入れるために、グヤのギターを抱えてここに来たのか」と思い、グヤのスチールギター2本を売って、そのお金でこれを買うことにきめた。これとひきかえなら、グヤのギターも異存はないだろうし、「きっとこのギターがグヤのスチールを見て、声をかけてきたのだろう」とか、そんなことを思いながら、お茶の水の楽器街を後にした。

d0017381_2253555.jpg そして、いま、その名無しのギターの手入れをしているところで、プラグをみると、なかは結構汚れがたまっていて、リストアした形跡がないのに、不思議なくらいノイズがないし、ガリもない。スイッチはどれも接触良好である。さすがに鉄製のピックガードには、びっしり錆が浮いていたが、台所用研磨剤で丹念に磨いたら、左の写真のようにピッカピカになった。ネックのそりもないし、ペグもしっかりしてる。ネジが何本か足りないが、それはたいしたことではない。ネジが足りないのはイルコモンズも同様である。テールのカウルがないので、ストロークするときにちょっと注意が必要だが、むきだしな感じがして、それはそれでなかなか好い感じである。フレットがまんべんなく減ってるので、それなりに使いこまれたものらしい。ネックの裏のニスがやや薄くなっていて、滑り過ぎず、よく手になじむ。探していた「ちゃんとしたギター」というのはまさにこういうギターである。厄年からもう一度ギターを持ち直すにはぴったりのエレキであり、生まれて最初にみて・さわったエレキのあの感触と記憶がよみがえってきた。そしてT・レックスの「電気の愚者」のジャケットがあたまに浮かんだ。

 最後にひとつ余計なお世話かもしれないが、こう思った。時間とお金を手に入れた団塊の世代がモズライトのギターを手に入れたい気持ちもわからなくはないが、もし青春をとりもどすのであれば、当時モズライトやフェンダーが高くて買えなかった若者たちのために、グヤやテスコ、が苦心してつくってくれたモズライトもどきのビザールギターや、ゼンオンが初心用に開発したペンギンギターの方こそ彼らが買いもどすべきものではないのか、ヴェンチャーズやビートルズのような音を出したいと夢見ながら、彼らがかきならしていたのはそうしたコピーギターの方ではなかったのか。そのギターは今でもまだリストアすればちゃんと使えるし、「お金がなくても音楽はやれる、それがロックだ」という物語こそ、彼らが責任をもって後世に語り継ぐべき物語ではないのか、と、クソ生意気なようだが、そう思う。団塊の世代をターゲットにしたロック・ビジネスのいいカモにならないでほしい、と、そう思う。

 以上、というわけで、結果として、すごく好いものを手にいれたという気持ちで、今日のイルコモンズは、ちょっと仕合わせな気分である。そして、こういう長い物語が語れるようなものを買う、そういう買物は好きである。で、今日は一日、ふんふんふんとギターを掃除しながら、久しぶりにドゥルティ・コラムをたっぷり聴いた。いつか、ビィニ・ライリーみたいな音がだせたらいいなぁ、とイルコモンズの夢はつづくが、この話はここで終わる。

----------------------------------------
[おまけ] ブライアン・メイのギターをめぐる物語

▼レッド・スペシャル
「フェンダーやギブソンを買うお金がなかったから」という理由で、父との共同作業により、約2年の時間をかけて作った、まさにオール・ハンド・メイドのギターである。ブライアンはクイーンのアルバムの「98%はあのハンド・メイド・ギターを使ってる」というほど気に入っており、ソロ・アルバムやセッションでもいくつかの例外を除き、このギターを使っている。この"レッド・スペシャル"が百年以上前の暖炉の木から作られたのは有名な話。その他、トレモロ・ユニットのバランスを取る為には、パンサーのバイクに使われていたバルブのスプリング、アーム・バーには編み物棒を使い、そしてポジション・マークには母からねだってもらった真珠のボタンを使用している。唯一ピックアップだけをバーンズから1個3.15ポンドで3つ購入したが、これもブライアン自身がワイヤーを4000回巻き直し、アラルダイトの接着剤でハウリング防止の処理をしている。 ピックアップ・セッティングも、各ピックアップのON,OFFと各ピックアップの位相(フェイズ)を切り換えるスイッチが3つづつ付いている。このON,OFFスイッチとフェイズ・スイッチの設定により、市販のギターでは得られない、13通りのサウンドを選ぶ事ができる。ブライアンは「他にギターを持っていなかったので、普通のギターのピックアップがどういう状態で接続されているかわからなかった。自分でいろいろ試してみて、自分の好きなサウンドが得られるよう接続した結果 、このスイッチ設定を思いついた」と語っている。
http://www.toshiba-emi.co.jp/queen/member/brian/index_j.htmより
[PR]
by illcommonz | 2007-03-17 21:47
<< ▼スティル・マイ・ギター・ジェ... ▼イルコモンズのラップ・スチー... >>