Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼大学改革とさまよう知識人
d0017381_4345380.jpg「本センターが推進しようとしている「協働実践研究プログラム」はまさしく、これまで支配的であったこうした研究のあり方を根底から乗り越えて行くことをめざしている。それは、研究者の「専門分野」の論理に従ってテーマをぶつ切りにすることなく、また「研究」と「実践」を分離することもなく、各分野における第一線の専門家である研究者と実務者・実践者が共に参加し、各々の実績を踏まえながら協働して現実の課題に分野横断的に取り組み、その成果を実践の場に還元していくことだ。それはまた、自己の生き方に無反省なまま「知的」高みから社会を見下ろしつつ「現場」から収奪したデータをもとにひたすら「業績」なるものを積み上げることだけに腐心する「アカデミシャン像」を否定し、研究面で「社会に開かれた大学」をつくり上げていく試みでもある。その意味で「協働実践研究プログラム」は真の「大学改革」を研究の分野において推進していくまさに拠点として構想されているのである」。

勤め先の掲示板で見つけた、ある研究機関のパンフにこう書いてあった。骨のある良い文章だと思った。問題はこのプロジェクトが本当に「実践」されることだと思った。ちなみに、この手の文章でいちばん好きなのは、生前、サイードが書いた次の文章。これをよむと、ちょっと勇気がでる。そして知識人ならずとも「実践」したいものだと思い、イルコモンズ・トラベリング・アカデミーはそこからはじまった、といえば、できすぎた話みたいだけど、うそのようなほんとうの話。

d0017381_4502655.jpg
「知識人は、君主よりも旅人の声に
鋭敏に耳を傾け、慣習的なものよりも
一時的なあやういものに鋭敏に反応し、
上から権威づけられて与えられた現状よりも、
革新と実験のほうに心をひらく。
漂白の知識人が反応するのは、
果敢に試みること、変化を表象すること、
動きつづけること、決して立ちどまらない
ことなのである」

エドワード・W・サイード「知識人とは何か」
[PR]
by illcommonz | 2007-03-23 04:58
<< ▼さまよう双子願望 ▼春の異動 >>