Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼イルコモンズのお好きなお色気ムービー
d0017381_7194298.jpgこれまで日本では、そして、
たぶん、これからも日本では、
永久未公開作品になるはずの
ジョージ・クッチャーの
インディペンデント・アート・
ポルノ・ムービーの名作
「Hold Me While I'm Naked」
(1966年)が、YouTubeで
みれます(YouTubeって
ほんとにすごいね)。
自由奔放な音楽の使い方と
カットの激しいカメラワークが
絶品で、お色気も十分です。

もし、ダニエル・ジョンストンが映画を撮ったら、きっとこうなる、という感じの映画です。
一見「モンド映画」のようですが、さにあらず、正真正銘のアート&ポルノムービーです。
映画「エゴン・シーレ」で、マチュー・カリエール演じるシーレが、裁判の席で裁判長に
むかって、「思春期のあの身を切り裂くような性の懊悩を忘れてしまったような人間は、
地獄の底に落ちてしまえばよいのだ」と悪態をつく場面がありましたが、クッチャーは、
シーレと同様、その記憶を決して手放すことがなかった、ということがわかる映画です。
後半のゆれるアンテナの映像と音楽はどこか小津安二郎みたいで、そこから脈絡の
ないお色気シーンの連発でフィナーレを迎え、静かに幕をおろした後のエピローグは、
なんだか妙にしみじみとします(*後半が特におすすめです。映画への愛を感じます)。

d0017381_7295930.jpg▼「Hold Me While I'm Naked」(前篇)
http://www.youtube.com/watch?v=uud9YSV7lcM
▼「Hold Me While I'm Naked」(後篇)
http://www.youtube.com/watch?v=ps-TmIAlYYM
(1966年 15分 カラー *ノーカット・無修正版)
------------------------------------------------------------------------------
d0017381_202029100.jpg70年代から80年代にかけて
モーテルから見える風景や
天候を撮った一連の作品
("Wild Night in El Reno" "Weather Diary")も
いいですよ。

たえず変わる天気とその風景の変化を表象した、さまよう映画、文字どおりの
ロードサイド・お天気ムービーです。

d0017381_8451100.jpg
それから、どの映画もタイトル・ロールのアートワークがめざましくすばらしい。
「美術手帖」も、いまや誰もが知ってるヘンリー・ダーガの特集なんてやらないで、
クッチャーとかをフューチャーしたらいいのに、と思いますね。

-------------------------------------------------------------------
[追記] 参考までに、この作品が撮られた1965年、米国ではいわゆる「ポルノ狩り法案」
(ソドミー法)が成立したという歴史的背景があるので、そういう意味ではアンダーグランド・
レジスタンスの映画でもあって、この作品に流れるメランコリーはそのへんに由来してる
のかもしれません。

d0017381_511323.jpg▼米国政府制作のポルノ撲滅キャンペーン映画
Anti-Pornography Propaganda film (1965)
こういうものまでYouTubeにあるのだから、
ホント勉強になります。
[PR]
by illcommonz | 2007-03-23 07:27
<< ▼高円寺より「大変だ大変だ!」... ▼さまよう双子願望 >>