Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼シネマ・ポーヴェラ~真夏の夜の夢の貧乏映写会
d0017381_16115678.jpg「金持ちはクソだ」「資本家は悪党だ」
「金持ちはかっこわるくて、
 おまけに趣味もわるい」


これは子供の頃からしこたま映画をみてきたイルコモンズが、
たくさん見た映画からしっかりつかんで学びとったことの一つで
「貧乏は苦しいが、貧乏はうつくしい。金がなければないほど、
暮しの機微は豊かで情は厚くなる」というテーゼと表裏一体に
なってます。うそだと思うなら、この映画を観てみてください。

d0017381_15535914.jpg「ミラノの奇蹟」
これは05年セリエA第18戦試合終了間際に
インテル・ミラノが、サンプドリアに大逆転して、
シーズン無敗記録を継続させた試合のことで
はなく(それは「ミラノの奇跡」である)、映画
「ミラノの奇蹟」は1951年のカンヌ映画祭で
一等賞をとったヴィットリオ・デシーカの映画
です。あらすじは次のとおり。
あらすじ

ついでにこういうのもあるので、よんでみてください。

d0017381_16135436.jpg
▼イルコモンズからアントニオ・ネグリへの公開質問状
 「空飛ぶマルチチュード~映画「ミラノの奇蹟」について」
 【応答】アントニオ・ネグリ(「帝国」の共著者)

 http://illcomm.exblog.jp/556518/
 http://illcomm.exblog.jp/581808/
 http://illcomm.exblog.jp/651840/
 http://illcomm.exblog.jp/654626/

この映画に限らず戦後の映画には、貧乏人が力を合わせて金持ちをこらしめたり、
思いちがいをしてる資本家や権力者たちを改心させるというイイ話が多かった。
(例えば、F・キャプラの「我が家の楽園」とか「ブラザーサン・シスタームーン」)
貧乏人はつねに義しきものであり、そして「神の愛い奴」であった。ところが、
いつのころからか、そういう映画がめっきり少なくなった。これはよくないことだ
と思う。おそらくこれは「金持ちは悪党」だという資本家にとって「不都合な真実」
を覆い隠すために誰かが仕組んだことだと思うので、こういう映画を見なおす、
だけでなく、みんなで集まって一緒に体操座りして観る真夏の野外映画会を
やってみるといいと思う。資本主義にとっての「不都合な真実」を野外の銀幕の
スクリーンの光のもとにさらしだす映画会である。公園は管理がうるさいので、
車での乗り入れ禁止のサイクリングシアター形式にして、どこかの駐車場の
壁に映写するのがよい。どうせ、夜の駐車場の壁に用事や仕事はないのだし、
車上荒らしや車ドロボウ避けにもなって、みんなよろこぶはずだ。名づけて、
「シネマ・ポーヴェラ」、すなわち、真夏の夜の夢の貧乏映写会である。
善いことに、1951年制作のこの映画の著作権はすでに消滅して、とっくに
パブリック・ドメインにはいっているし、天国のデ・シーカもこういうのは好きな
はずである。電気代とその他の経費は金持ちにまかせて誰かやりませんか?
「ニューシネマパラダイス」みたいで、たのしいぞぉぉ、みんなよろこぶぞぉぉ、
そして金持ちはこういう文化事業に金を出して、義しくカッコいい金持ちになろう。
すなわち「貧乏人の味方」であること、それが義しくカッコいい金持ちである。

[おまけ] いるこもんずなぞなぞ
http://illcomm.exblog.jp/585151/
[PR]
by illcommonz | 2007-03-24 16:10
<< ▼脱稿 ▼高円寺より「大変だ大変だ!」... >>