Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼さよなら、ヴォネガット
d0017381_23161726.jpg
カート・ヴォネガット(1922-2007)

小説家のカート・ヴォネガット氏が死去
米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)によると、米作家で1960―70年代の若者をとらえた対抗文化(カウンターカルチャー)の旗手、カート・ヴォネガット氏が11日、ニューヨーク市内で死去した。84歳。関係者によると数週間前に転倒した際、脳を損傷し治療を続けていた。1922年、ドイツ系移民の子としてインディアナポリスで生まれた。第2次世界大戦で従軍中にドイツ軍の捕虜となり、連合国側によるドレスデン爆撃を体験。これが後に作家としての原体験となった。ユーモアとペシミズムが織りなす独特の語り口で、米文化の衰退や人間の存在の意味を問う作品を著した。その作品群により、ベトナム戦争に悩む若者たちにとって文学的な偶像となった。52年の「プレイヤー・ピアノ」で登場、ドレスデン体験に基づいた69年の「スローターハウス5」は代表作の一つ。ほかにSFの「タイタンの妖女」や「猫のゆりかご」などがある。(共同)(2007年4月12日スポーツ報知)

-------------------------------------------------------------------

世界でいちばん好きな作家がいなくなった。2番目に好きな作家はいない。
それだけ書けば十分だと思う。「そういうものだ」という云うにはまだもうすこし
時間がいる、そういうものだ。さよなら、ヴォネガット、ありがとう、ヴォネガット。
以下、感謝をこめて引用。

d0017381_22552090.jpg【トラルファマドール式弔辞】
「わたしはトラルファマドール星人から多くのことを学んだが、なかでもいちばん重要なのは、ある人が死ぬとき、その人は死んだように見えるにすぎない、ということである。過去では、彼はまだ生きているのだから、葬儀の場で泣くのは愚かしいことだ。過去、現在、未来のすべての瞬間は、常に存在してきたのだし、常に存在しつづけるのである。たとえばトラルファマドール星は、ちょうどわれわれがロッキー山脈をながめるのと同じように、すべての異なる瞬間を一望のうちにおさめることができる。彼らにとっては、すべての瞬間が不滅であり、彼らはそのひとつひとつを興味のおもむくままにとりだし、ながめることができるのである。一瞬一瞬は数珠のように画一的につながったもので、いったん過ぎ去った瞬間は二度ともどってこないという、われわれ地球人の現実認識は錯覚にすぎない。トラルファマドール星人は死体を見て、こう考えるだけである。死んだものは、この特定の瞬間には好ましからぬ状態にあるが、ほかの多くの瞬間には、良好な状態にあるのだ。いまでは、わたし自身、だれかが死んだという話を聞くと、ただ肩をすくめ、トラルファマドール星人が死人についていう言葉をつぶやくだけである。彼らはこういう、「そういうものだ(So it goes)」。

d0017381_2315099.jpg【エリオット・ローズウォーターからの弔電】
「こんにちは、赤ちゃん。地球へようこそ。この星は夏は暑くて、冬は寒い。この星はまんまるくて、濡れていて、人でいっぱいだ。なあ、赤ちゃん、きみたちがこの星で暮らせるのは、長く見積もっても、せいぜい百年ぐらいさ。ただ、ぼくの知っている規則が一つだけあるんだ、いいかい。なんてったって、親切でなきゃいけないよ」

【キルゴア・トラウトによる弔鐘】
「チリンガ・リーン!」


d0017381_2321494.gif【ヴォネガットへ】
「ぼくはくそったれな君が大好きだ。最近は、きみの書くものしか読まない。きみだけだよ、いま現実にどんなものすごい変化が起こっているかを語ってくれるのは。きみのようなキじるしでなくては、人生は宇宙の旅、それも短い旅じゃなく、何十億年もつづく旅だ、なんてことはわからない。きみのように度胸のいい連中でなければ、未来をほんとうに気にかけたり、機械が人間をどう変えるか、戦争が人間をどう変えるか、大都市が人間をどう変えるか、でっかく単純な思想が人間をどう変えるか、とてつもない誤解や失敗や事故や災害が人間をどう変えるか、なんてことに注目したりはしない。きみのようにおっちょこちょいな連中でなければ、無限の時間と距離、決して死に絶えることのない神秘、いまわれわれはこのさき何十億年かの旅が天国行きになるか地獄行きになるのか分かれ道にいるという事実。こういうことに心をすりへらしたりはしない」

---------------------------------------------------------------
d0017381_1572254.jpg[YouTube]
▼追悼ビデオ「そういうものだ」
http://www.youtube.com/watch?v=atABhlMLYvU
And you can have this heart to break
And so it goes, and so it goes
And you're the only one who knows.

 うた:ビリー・ジョエル「And So It Goes」


d0017381_1585840.jpg▼カート・ヴォネガット・ドキュメント番組
http://www.youtube.com/watch?v=F5EqOiye7zI
http://www.youtube.com/watch?v=M8e4SjzcoAI
http://www.youtube.com/watch?v=Uf6WQs1WnHg
http://www.youtube.com/watch?v=H-dwAwsmQF4
http://www.youtube.com/watch?v=nznHJFjfZ74
http://www.youtube.com/watch?v=x3ikvCT3858
http://www.youtube.com/watch?v=ahOo41WiIeY
http://www.youtube.com/watch?v=zGK26wL3E7s

▼米軍によるイラク空爆作戦についてのヴォネガットのコメント(03年)
http://www.boingboing.net/2003/05/14/vonnegut_on_shock_an.html

▼ヴォネガットによる「スローターハウス5」の自作朗読(5分47秒)
http://archive.salon.com/audio/fiction/2001/02/20/vonnegut/index.html

▼TV番組「ザ・デイリーショー」でのヴォネガットへのインタヴュー(05年)
http://onegoodmove.org/1gm/1gmarchive/2005/09/kurt_vonnegut_o_1.html

▼オハイオ州立大学での講演「ブッシュは・・・」(06年)
(映像) http://www.youtube.com/watch?v=u_kj-i8Qcpw
(要約) http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/

.............................................................................

▼人間にもっとも絶望しているはずの作家が(「イルコモンズのふた」より)
http://illcomm.exblog.jp/4206776
▼文学の効用(同上)
http://illcomm.exblog.jp/4165023/
▼チリンガ・リーン(同上)
http://illcomm.exblog.jp/4305331/
▼チリンガ・リーン・リーン(同上)
http://illcomm.exblog.jp/4305365/
▼チリンガ・リーン・リーン・リーン(同上)
http://illcomm.exblog.jp/4305408/
▼チリンガ・リーン・リーン・リーン・リーン(同上)
http://illcomm.exblog.jp/4305429/

[半世紀後の結論]同じ年齢で没したことからも明らかなように、キルゴア・トラウトは、
ヴォネガットそのものだった。そして、ヴォネガットが文化人類学者になりそこねて、
SF作家になってくれてよかった。二〇世紀のこの喜ばしき失敗に、ハイホー。

d0017381_005285.jpg
「20%ヴォネガット」▼イルコモンズプロフィール(「mixi 」より)
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=1238161
▼「文化人類学者になりそこねた人たち」の肖像(「文化人類学解放講座」より)
http://illcommonz.exblog.jp/307630/
[PR]
by illcommonz | 2007-04-12 23:23
<< ▼「その他いろいろ」はつづく ▼補正 >>