Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼世界の駅舎から
d0017381_44374.jpg
そうそう、駅といえば、
最近のイルコモンズ・
アカデミーではすでに
おなじみの話題になってる
「モバイル・クラビング」が、
リヴァプール駅、パディ
ントン駅につづいて、
今度はヴィクトリア駅で
4月4日にひらかれた
そうです。


▼Flashmob Mobile Clubbing Victoria 04/04
http://www.youtube.com/watch?v=Qjqzbu-WZHg
▼Mobile Clubbing @ Victoria Station
http://www.youtube.com/watch?v=_xntLLQ6LhQ

ポスト・RTS世代が、クリミナル・ジャスティス・アクト法の盲点を突いてはじめた、
このモバイル・クラビングをみていると、911以後の世界はセキュリティの病いと
その重力から解放されたがっているように思えます。なお、このモバイルクラビングに
ついては自分で調べるか、最寄りのカルスタ関係者にきいてみてください。
あるいは、次回のイルコモンズ・アカデミーへどうぞ。

「爆音の鳴る場は取り締まれども、無音の鳴る場は如何に?」
(イルコモンズの公案より)

---------------------------------------------------------------------
[参考記事]
▼サウンドレス・レイバーズ・パーティー・イン・UK(「イルコモンズのふた」より)
http://illcomm.exblog.jp/4255954/
▼クリミナル・ジャスティス・アクト
http://tash.gn.apc.org/cja_act.htm
▼「刑事正義、社会的秩序の行為」
(Googleによる自動翻訳ヴァージョン)

*上記の条項のなかでレイヴパーティの規制に関係する条項は次のとおり。

「力はに関連するわめく」 63。 (1)このセクションは100またはより多くの(どうか増幅した不法侵入者)人音楽の土地の収集に夜の間に遊ばれ、(中断の有無にかかわらず)音の大きさという理由であるのような、屋外で適用し、される時間および持続期間は、場所の住民に深刻な苦脳をもたらして本当らしい; そしてこの目的のために(a)そのような収集は音楽の中断の間に続き、収集が数日に伸びるかところで期間中増幅した音楽は夜にされる(中断の有無にかかわらず); そして(b) 「音楽」は音をまたは反復的な音の連続の放出によって主に特徴付けられて完全に含んでいる。(2)、ように尊重すればどの土地でも屋外で、監督者の少なくともランクの警官適度にそれを信じれば(a) 2つ以上の人はこのセクションが適用する収集の保有物のための準備をそこにしている、(b) 10のまたはより多くのそこに始まるために人そのような収集をまたは待っている(c) 10のまたはより多くの人進行しているそのような収集に出席している、彼は準備するか、または待つか、または収集に出席することを来るそれらの人および他のどの人も土地を去り、彼らに土地のそれらとある他の特性か車を取除くためにである方向を与えるかもしれない。

以上に読まれるとおり、理屈の通らない、おかしな公安条例である。
[PR]
by illcommonz | 2007-04-17 04:47
<< ▼「文化人類学解放講座YouT... ▼32年目のノック >>