Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼本当に悪趣味なのは誰か?
▼今度はダイヤで覆った人の頭蓋骨=売値は120億円-英芸術家
【ロンドン1日時事】動物の死骸(しがい)を利用するなど「悪趣味」な作品を制作することで有名な英現代美術家ダミアン・ハースト氏が、今度は人間の本物の頭蓋(ずがい)骨にダイヤをちりばめた作品を公開し、話題になっている。BBCなどによると、作品名は「神の愛のために」。頭蓋骨は18世紀に実在した人物のもので、「倫理的」に購入されたという。表面は8601個のダイヤで覆われ、売値は5000万ポンド(約120億円)に設定された。(時事通信社 6月2日)

d0017381_2451819.jpgd0017381_2455682.jpg
みたところ、話題になってるのは、人間の骸骨を使ったからではなく、(人間の骸骨だったら、ガブリエル・オロツコがずっと前に使ってたし、たしかシュヴァンクマイエルもやってたはず)、そこで使われてるダイヤとその売値価格のような気がする。「神の愛のために」という悪意たっぷりのタイトルからもわかるように、どうみたってこれは、ここ数年続いてるアート・バブルで、現代美術の作品がますます「投資の対象」になってきていることに対する、露骨なあてこすりだと思う。こんな悪趣味なものを競って欲しがる本当の悪趣味な連中は誰なのか?と誰が思わざる末期資本主義世界の最新版の「メメント・モリ」作品。神も呆れる金融商品アート。

*上の写真は下のBBSのニュースから、、、あれ、、、、なんか、別の写真があるなぁ、、、さっき書いたG8のニュースの写真がまじってしまったらしい、、、、ま、いいか、そんなにまちがってないはずだから。「そんなに金になるものがほしいんだったら、こいつを売ってやるゼ、これなら大もうけできるゼ」って感じでダミアンがみてます。

▼Hirst unveils £50m diamond skull
[PR]
by illcommonz | 2007-06-03 02:58
<< ▼おしらせ ▼世界は変わりたがっている >>