Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼暴衛省長官発言に抗議する、左派的な想像力とその心象映像


【暴衛省(原文ママ)長官の核投下容認発言に抗議して再掲載】
「イルコモンズアース~GoogleEarthムービーのための習作」
監督=イルコモンズ 主演=ちびこもんず、ままこもんず
(0分38秒 モノクロ 2007年)

自分が「されたくない」と思うことは他人も同じだと思う。たとえ地球の裏側であれ、
60年前の過去のことであれ、人間として「されたくない」と思うことは同じだと思う。
そういう「されたくないこと」のひとつが、自分が生まれ育った場所や自分の家族の
頭の上に爆弾を落とされるということで、どんな理屈をつけられても、これだけは、
「しょうがない」とは絶対に思うことができない。ヒロシマとナガサキに生まれたの
でもなく、また親類縁者がいなくとも、それが「されたくないこと」だったというのは、
こどもだって想像できるし、こどもの方がずっと想像できる。今回の暴衛省長官の
「しょうがない」という発言に何も云わないでいるということは、この「されたくない
ことをされてもしょうがない」と容認し、いつか自分が「されてもしょうがない」と
あきらめることだと思う。それは嫌だ。自分が「されたくないこと」は、どの時代の
どの土地の人間にとっても同じはずなので、それには断固、反対するし、抗議も
する。いかにも幼稚で素朴な考えかもしれないが、これが核兵器と戦争に反対
する(シンプルだけどもシンプルであるがゆえにゆるぎない)根拠である。そして、
この「されたくないこと」には人種も国境も性別も年齢もないと思うので、地球の
表であろうと裏であろうと核兵器に反対する。かつてドゥルーズは、地球の裏側
で起きたことを、まるで自分の足もとで起こったことのように感じることのできる
感性をさして、それを「左翼的なもの」であると書いたが、それではまだ足りない。
たとえ、それが過去であろうと、やがて到来する未来であろうと、それが、もし、
いま、自分の身に起こったら...と想像することのできる想像力、それを「左派的
なもの」とよんでみたい。要するに、ここでいう「左派的なもの」とは、政治的な
思想や活動のことではなく、想像力のはたらかせかたのことである。
[PR]
by illcommonz | 2007-07-01 02:05
<< ▼問題発言を問題視できない問題... ▼長官発言に抗議して「クロスロ... >>