Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼文化人類学解放講座オープニング・アンセム
d0017381_214294.jpg
「RECLAIM THE ANTHROPOLOGIX/文化人類学解放講座OPアンセム」
著作権保護期間が切れたパブリック・ドメイン・フッテージの解放的活用
(民族誌映画篇) B&W 6分25秒 モノラル

[映像] エドワード・カーティス「闘うカヌーの島」(1914年)
     ゾラ・ニール・ハーストン「フィールドワーク」(1928年)
     マヤ・デーレン「神聖騎士」(1947年)   
[音楽] ザ・スカタライツ「フリーダム・サウンズ」
[編集] イルコモンズ
...............................................................................
明日の一橋大学での「文化人類学解放講座・映像篇」は、この映像からスタートします。
オールナイトでやっても全部みきれないくらいたくさんの映像を用意してゆきますので、
18時59分50秒になったら、このカウントダウンつきのオープニング映像を上映します。
2.6m×3.6mの工事現場用防炎シートをスクリーンにして、大きな音で上映します。
何をするかわかりませんが、つまりは、こういう映像ではじまるようなフリー(キー)で、
ダムなセミナーです。ふざけてるようですが、実はまじめです。明日、出席できない方は、
YouTubeでどうぞ。

▼RECLAIM THE ANTHROPOLOGIX
http://www.youtube.com/watch?v=snsQa_Dtae0

[追記] エドワード・カーティス、ゾラ・ニール・ハーストン、マヤ・デーレン、
この3人はいずれも「文化人類学者になりそこねた作家(写真家、作家、
舞踏家・映像作家」たちですが、こういう「なりそこね」の人たちが撮った
民族誌フィルムのなかには、学術的な資料価値はないかもしれないけど、
すばらしいショットがたくさんあります。学術的価値はないかもしれないけど、
(そして音楽のわからない学者の人たちには分からないかもしれないけど)
そのフィルムには「音楽」が宿っています。この映像は、そうしたフィルムに
宿る「目に見えない音楽」を解放しようとしたシャーマニックなミックスです。
学術的価値はないかもしれないけど、MTVがはじまる半世紀以上も前に、
こういうミュージック・ヴィデオ・クリップ的な映像センスをもった人たちが
文化人類学の周縁にいたわけです。ここで使用している映像はいずれも
著作権保護期間が終了して「パブリック・ドメイン」にはいった「コモンズ」
です。つまりは、著作権から解放された映像なので、さらにそれを音楽で
解放してみました。もしうまくいっているとすれば、それは、スカタライツの
名曲「フリーダム・サウンズ」のまじないがきいてるのだと思います。
今日の「文化人類学解放講座・映像篇」では、「ドキュメンタリー映画の
出発点」であり、「映像人類学の原点」とされる「ナヌーク・極北の怪異」を
はじめ、いろんな映像を使って、特に「音」と「音楽」の実験をやってみたい
と思ってますので、文化人類学には興味はないけど、音と映像には興味が
あるという人たちの参加もお待ちしてます。

今日、配布する資料です。出席できない方のために、全部、公開します。
PDF書類にしましたので、自由にダウンロードして使ってください。

d0017381_3284190.jpgd0017381_3285296.jpg
d0017381_3302756.jpg
▼モンド・ミックス PDF(13MB)
▼イヌイット・ミックス PDF(10MB)
▼ヌバ・ミックス PDF(7MB)

▼グレーバーテキストPDF(0.9MB)
*YouTubeにアップしている
このビデオのスクリプトです。
トランスクリプトと翻訳は、
一橋の院生、ニワ・ミツル、
ヘイリー・マクラレン、カガ・
サエコ、ナカザワ・タカヒロ、
イデタ・ケイジさんたちに
手伝ってもらいました。


d0017381_331923.jpg
最後に、今回のセミナーは「文化人類学解放講座」であって、「文化人類学専門講座」
ではありませんので、学会でやるような「テクニカルな質問」とか「事実確認の質問」
なんかよりも、もっと解放的でオープンマインドな議論を期待しています。そういう点で
「職業的文化人類学者になりたい人」たちには、あまり向いていないかもしれません。
(すみません)。この講座はむしろアカデミーの外でインディペンデントな文化人類学を
やりたいという人たちに、文化人類学を解放してゆくのが目的なので、あしからず、
ご了解ください(はぁと。

d0017381_4534985.jpg[追記] 台風が来てもやります。
カルチュラル・アンソロポロス・
タイフ-ン・ア・GO-GOデス。
[PR]
by illcommonz | 2007-07-13 02:33
<< ▼G8を(G8に反対する側から)きく ▼オーバー・ドクターズ >>