Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼台風と地震のさなかに
d0017381_812485.jpg映画「不都合な真実」をDVDでみた。
九州の方ではずいぶん
台風が吹き荒れたらしいので、
お盆に帰省したときに、
実家でも見ようと思っていたら、
今度は地震が起きた。
やっぱり、どうも変だ。


旧石器時代から近代までの人類は、こうした天変地異がおこると、そこにバランスの
乱れやリズムの狂いを敏感に感じとり、物語的感受性や神話的想像力を働かせて、
そこにある種の警告やメッセージをよみとってきた。たとえばそれは、天の神々や
地の霊たちの怒りであり、人類はそれを静めるための祭りや儀式を発達させてきた。
そうした祭りや儀式は「われわれが本来なすべきことをしなかったからこんなことに
なったのであり、いま、ここで、われわれが、こうしなければ世界は滅びてしまう」
という本来的にエコロジカルなコスモロジーを背景にもっていた。そうした感受性や
物語的想像力は「科学的な知」ではないけども、人類の「生きてゆく知恵」ではなか
ったのかと思う。人類の長い歴史からみれば、そう考えて生きてきた時間のほうが
圧倒的に長いし、科学の物語がそれにとってかわったのは、たかだかここ数百年の
ことでしかなく、それは一時の流行にすぎないのかもしれない。現代の新しいコス
モロジーであるエコロジーが、いまひとつリアリティと力を持ち得ないのは、そこに
人間の営みと世界(=地球)の運命を結びあわせる「物語」が欠けているからでは
ないかと思った。もちろん、いますぐ旧石器時代の感性や物語的想像力をとりもど
すことはできないが、近代のとば口で、あるいは、近代に抵抗して、警告を発した
賢人たちのことばに耳をかたむけることなら、できる。

「地震や津波は人間に対する「自然の復讐」である。人々は火山の火口のまわりで
死のダンスを踊りながら、太陽がまた明日も昇ると信じて、楽しい人生だなどと
言っている。紳士淑女、大学教授、政治家などは、進歩や文明開化の名において、
虚偽に虚偽を重ね、自然を破壊し、自然に背いている。自然は真空を嫌う。愛か
憎悪か!自然は代償を好む。眼には眼を!自然は戦を好む。死か独立か!自然は
復讐を奨励する。復讐は甘美である。「自然に背く害虫」である人間を殺すのは、
自分達の女神である「自然の法」だ。彼等は進歩の名において、彼等よりもよきものを、
彼等の堕落した水準にまで引きおろそうとしている。彼等のこの傲慢や術策の価値を
彼等に知らせねばならぬ」(夏目漱石)

「人々は宗教を軽んじるようになってしまいましたが、この世から利益を得ることも実際
にはできないでいるのです。この文明は私たちの機嫌をとりながら、実はわたしたちに
かじりついているネズミのようなものです。その影響が十分現われてくれば、宗教的
迷信のほうが、近代文明の弊害にくらべればまだ害がなかったということに私たちは
気づくでしょう」(ムハマト・ガンジー)
[PR]
by illcommonz | 2007-07-16 08:07
<< ▼殿下のポトラッチ ▼YBAからBANKSYヘ >>