Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼居直り強盗政権
d0017381_0221128.jpg投票すると決めたら、
投票日まで待ってられないので、
期日前投票にいってきた。
誰かに投票したいからではなく、
現政権をつぶしたいからである。
そして、同じつぶすんだったら、
言い逃れのできないくらい高い
投票率でつぶしたいと思ったから
である。期日前投票の投票率が
この調子でどんどんアップして
ゆけば、その勢いにつられて
投票率もアップするはずだ。
日本はそういう社会だ。
誰に投票したかはどうでもよい、
自民党でなければ誰だっていい。


ところで、昨日のニュースによると、こうである。

▼過半数割れなら「首相辞任すべき」48%…読売ネット調査
読売新聞社が全国のインターネット利用者1000人に行っている参院選ネットモニター調査で、与党が過半数(122議席)を割った場合の安倍首相の対応について尋ねたところ、「辞任すべきだ」が48%で、「辞任すべきでない」の26%を上回った。24日まとめた第6回調査でわかった。ただ、自民支持層では「辞任すべきでない」が71%で、「辞任すべきだ」は15%と少数派だった。民主支持層では66%、無党派層は44%が、それぞれ「辞任すべきだ」としている。野党が過半数を獲得できなかった場合の小沢民主党代表の進退については、「辞任すべきだ」は43%、「辞任すべきでない」が25%だった。民主支持層に限っても、43%が「辞任すべきだ」と答え、「辞任すべきでない」の29%より多かった(読売新聞7月24日)

それに対し、今日のニュースによれば、

▼「安倍続投」発言続々…政府・与党の予防線か
参院選終盤の24日、政府・自民党から「参院選は政権選択の選挙ではない」といった発言が相次いだ。選挙結果にかかわらず、安倍首相は続投すべきだとの擁護論だ。与党の苦戦や低迷が伝えられる中、安倍首相の責任を問う声が党内から出る前に、「予防線」を張ったとの見方が強い。野党は「責任逃れ」と反発を強めている。塩崎官房長官は24日の記者会見で、「参院選は基本的に政権選択の選挙ではないと位置づけられてきた。今回も同じだ。(参院選の結果で退陣した内閣が過去にあったが)それはその時の政権の判断だ」と述べ、仮に与党が参院で過半数割れし、大敗しても、首相の退陣はないとの考えを示した。(読売新聞 7月25日)

「美しい日本」が聞いて呆れる往生際の悪さである。見苦しいことこのうえない。国民が「辞めるべき」だといってるのに、それを黙殺する政治の、いったいどこが民主主義なのだろうか、なにが「国民の真意を問う選挙」なのか。これまで過半数にものをいわせて、さんざん強行採決をくりかえしてきたくせに、過半数割れでも退陣しないというのは、ほとんど居直り強盗である。

-----------------------------------------------------------------------
[追記] 自民党の候補者に投票できない理由のひとつ

▼参院選 自民候補32%、核武装検討を容認 毎日新聞調査
毎日新聞が参院選の全立候補者を対象に実施したアンケートで、自民党候補の32%が日本の核武装の検討を容認していることが分かった。04年の前回参院選の同党候補より7ポイント増えた。久間章生前防衛相が「原爆発言」で辞任に追い込まれ、改めて核兵器のあり方が問われる中、自民党内で核武装論議がタブーでなくなりつつあることがうかがえた。(毎日新聞 7月15日)
[PR]
by illcommonz | 2007-07-26 01:04
<< ▼勝承夫と小村三千三 ▼ヴォネガットのさいごのはなし >>