Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼無抵抗と無行動に抗する原理・殺すな
d0017381_5553485.jpg「作家の小田実さんが死去 国際的な反戦運動に尽力」

反戦、反核など国際的な市民運動に取り組んだ作家で、「ベトナムに平和を!市民連合(ベ平連)」元代表の小田実(おだ・まこと)さんが30日午前2時5分、胃がんのため東京都内の病院で死去した。75歳だった。自宅は公表していない。32年大阪市生まれ。45年の敗戦前日の8月14日に大阪大空襲を体験、そこで目の当たりにして後に「難死」と呼んだ「無意味な死」への怒りが言論活動や市民運動の源泉となった。65年、ベトナム戦争に反対して哲学者の鶴見俊輔さん、作家の開高健さんらとベ平連を結成。米ワシントン・ポスト紙に日本語で「殺すな」と大書きした反戦広告を掲載するなど、運動の支柱となった。(「アサヒコム」2007年7月30日)

2003年の春、米英軍のイラク攻撃に抗議して「殺すな」(後に「殺す・な」と改名)を立ちあげたとき、その精神的支柱になったのは、べ平連からの依頼で岡本太郎が書き、1967年に「ワシントンポスト」紙に掲載された「殺すな」の文字だった。これについては椹木野衣との共著「殺すなからはじめよ」(「別冊文藝」2003年)と「見よ、僕ら四人称複数イルコモンズのふた、改メ、殺すなの旗」(「現代思想」2003年)などに詳しく書いたので、省略するが、その「殺すな」を立ちあげるときに読んだのが、小田実の「「殺すな」から」だった。なかでも特に、これから引用する文は、2003年の「殺すな」からはじまって、現在にいたるまでの、イルコモンズとしての様々な抵抗の表現や反グローバリズムの講義/抗議活動などに大きな影響を与えていると思う(例えば「T.C.D.C.」や「前衛詩としての第9条」「SOMEDAY OVER THE WINDOW」そして「文化人類学解放講座」や「イルコモンズ。アカデミー」にも)。矛盾をおそれぬこと、常に行為の現場とせめぎあいの表現を選びとろうとすることなどがそれだ。だから、ここでも、冥福など祈らないし、もちろん「しょうがない」とあきらめたりもしない。それは精神的な無抵抗だと思うからだ。それよりも「作家は死んだが、それがどうした、書いたものはいまでも読めるし、読めなければ、ここに書きとるまでのことだ。作家は死んでも、「殺すな」は死なない」と考え、そうすることにした。姓こそ同じだが、故人とは何の縁もないし、会ったことすらない。でも、せめて、そのくらいのことをしないとバチがあたるくらいには恩義を感じている。だから、祈るな、書け、書けなきゃ、書きうつせ、である。ということで、引用開始。

...............................................................................................
「もうひとつ大事なことを云っておきたい。それは「殺すな」が「殺せ」を前提として存在する原理である以上、そして「殺せ」が積極的な行為である以上、「殺すな」もまた「殺せ」にまっこうから対立し、それを押しつぶそうとする積極的な行為であるということだ。逆に積極的な行為を前提としない「殺すな」は原理として成り立ち得ないし、それほどの力をもって「殺せ」とせめぎあわない「殺すな」は「死ぬな」であり得ても「殺すな」ではない。「殺すな」が「死ぬな」とはちがった次元に立つ原理であることは云うまでもないだろう。

「殺すな」が「殺せ」と積極的にせめぎあう行為の原理であるのに対して、「死ぬな」は「死ぬ」という人間の不可避的な運命に積極的にせめぎあうことのない祈りであり、より適切にはあきらめなのにちがいない。「殺すな」が「殺せ」と行為の現場でせめぎあわないかぎり、それは「殺すな」ではすでにないことだ。あり得るのは、ただの「非暴力的無抵抗」であり、「非暴力的無行動」だろう。戦後の三〇年間における私たちの「殺すな」の歴史のなかであきらかに認められるのはこうしたことのありようだが、このありようは「平和」と「反戦」がただの祈りの対象となりはててしまったことと無関係ではないし、祈りはあきらめをひきずって歩く。

もう一度、云っておきたい。「殺すな」が「殺せ」に対する「非暴力無抵抗」「非暴力無行動」になり下がったとき「殺せ」は「無制限暴力行動」に自分を強め、ひろげる。これもまた自明のことだ。

もうひとつ大事なことがある。それは「殺すな」がつながる「平等」と「自決」は、自分の国のなかだけにかぎられたことではないということだ。「平等」と「自決」は国のうちそとにひろがる。」

小田実「「殺すな」から」(1976年)

---------------------------------------------------------------------
[追記] 作家はこうも書いている。

「私は「世直し」ということがらを「殺すな」の原理がまっすぐつながって行くものと考えることができる。「世直しの倫理と論理」という本を書いたとき、私はまだ十分にそこのところまで踏み込んで考えていなかったと思う。「世直し」の目的ははっきりしていた。それは「平等」と「自決」を求める人びとの動きだが、そのことと「殺すな」との原理的なかかわりあいをはっきりとつかみとっていなかったにちがいない」

それから三〇年後、高円寺の「素人の乱」が「世直し一揆」として起こした「高円寺一揆」は、
「格差の破壊」と「自治の獲得」をめざしたもので、それは、「平等」と「自決」を求める人びと
の動きだったが、そのせめぎあいの場で、ECDのラップにのせて、「殺すな」のコール&
レスポンスが鳴り響いていたことを、作家は知っていたのだろうか。
[PR]
by illcommonz | 2007-07-30 06:04
<< ▼泣き虫、そうりだいじん、いえーぃ、 ▼一回夏休み >>