Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼イルコモンズ・キャンプ・レポート(ドラムサークル篇)
d0017381_0191467.jpg▼イルコモンズ・ブロック・
キャンプ@ATTIC
(mixi 恵さんの日記より)

場所は前回と同じくATTIC。
映像を使ったオールナイトアカデミーが展開されました。
以下箇条書きで簡易レポ。

・機材トラブルを乗り越え、アカデミー開始。マシンに対しての怒りを込め、テクノロジー絡みの映像から開始。PCをガンガン叩くおじ様の気持ちが良く分かる(笑)
・映画を初めて観た人達の様子が記録された映像(大人も子供も目がキラキラして興味津々)(自分の初めて見た映画はキティちゃんのシンデレラだ!と記憶を蘇らせワクワクしてた気持ちを思い出す)
・10ミニッツ・オールダーの元となった映像(人形劇を見てる子供たちの表情を捉えた映像だけど本当に表情豊かで面白い。そしてとても可愛らしい)(因みに10ミニッツ・オールダーとは、世界各国の巨匠監督が手がけた10分間の短編を集めたオムニバス作品集)
(以前短編映画上映会で観た「10分後」がその中の1つ)
・性交中の女性の表情を記録した映像
(上記2つ含め全てモノクロ作品だけど「表情は口ほどに物を言う」を実感)
・ちびコモンズ、洞爺湖に行く(続き、待ってます(笑))
・前回も流れたG8デモ映像に+α
(何度観てもPINK BLOCは不思議。警官が後退りするのは仕方ない)
(自分がその場に居たらBLACK BLOCで行動を起こすと思う。一番直接的な表現の仕方と言うのが惹かれます)(実際にデモ参加したお兄さんの話を聞けました。彼らの状況や行動理由に対する理解が深まって良かった)
(同ブロックで音楽の趣味がグランジ派・ハードコア派で分立して揉めると言う点が素敵。それはなかなか譲れないよね)
(当日大通公園で行われたデモの映像も拝見)
・原爆映像(久間氏の発言を受けての映像。それは仕方ないとそんな言葉で済まされる言葉ではない。二度と繰り返してはいけない)
・お夜食会(差し入れ、タラバガニに舌鼓を打ち至福。ご馳走様でした!)
・ブッシュの加工映像のオンパレード(歌が上手いんですよ、ブッシュさんは(笑))
 http://www.youtube.com/watch?v=G2ygDE4PdXQ
 http://www.youtube.com/watch?v=AL-k7acwTw4
・oasisの兄弟喧嘩映像(困った兄弟ですね(笑))
 http://www.youtube.com/watch?v=WdZZuYLOfYg
・朝からドラムサークルでどんちゃん騒ぎ(各々色んな種類の太鼓を持ち、即席アンサンブル。面白くて眠気サッパリ)
・環境サミットでのセヴァン・ スズキのスピーチ(何度観ても考えさせられる映像)
 http://www.youtube.com/watch?v=C2g473JWAEg
漏れがあるかもしれませんが、簡易レポじゃなくなるので(既にですね。
携帯ユーザさん、ごめんなさい)
イルコモンズの小田さんを始め企画者の皆様、そして参加者の皆様、お疲れ様でした。
晴れ渡った空の下、帰宅する姿はフラフラでしたが充実した内容に満足。
いつかは分かりませんが、次回も楽しみにしております。
.............................................................................................

▼イレギュラー・ドラム・アサイラム(IDA) [別名・ドラムサークル]の図
[セッティング] 改造パンデイロ(9インチ・10インチ・11インチ)、タンボリン、パンダンザ、
ヘピニキ、ヘボロ、カイシャ、ティンパレス、改造フロアタム(12インチ、14インチ)、
改造バケツ(9インチ、11インチ)、ダラブッカ、ガンザ、ギロ、ベル、インド笛、その他

d0017381_226581.jpg
d0017381_2271691.jpg
d0017381_2272938.jpg
d0017381_2274397.jpg
「イルコモンズ・リブート・キャンプ札幌wiki」より

..............................................................................................
【参考映像】 ドラムサークル
d0017381_3311147.jpg
▼Drum Circle
http://www.youtube.com/watch?v=NYGWlKXsmAU
▼the Hippie-Hill Drum Circle lays down a groove.
http://www.youtube.com/watch?v=o5SBMoNhOIk
▼Golden Gate Park Drum Circle
http://www.youtube.com/watch?v=Zte-ICw-vOI
▼Drum Circle - Woodstock, NY - 17 June 2007
http://www.youtube.com/watch?v=o3x6NqIFlrA

【参考資料】 ドラムサークルの解説

<ドラムサークルとは?>
世界各国のドラムやパーカッション楽器を使い、文字どおり輪(サークル)になって即興音楽を楽しむ参加型の即興音楽演奏。 年齢・楽器経験・身体自由度等に関わらず、また特定の文化のドラミングではなく「その時の、その参加者によるユニバーサルなグルーヴ」を作り出すドラムサークルは、今までにない新しい体験の時間です。一般 的には「ファシリテーター」と呼ばれる「案内役」が全体をまとめますが、主役は参加者ひとりひとりです。

<どんなルールがあるの?>
ドラムサークルは、自由なコミュニケーションセッションです。特定の(例えばジェンベやコンガ)ドラミングを「習う」場ではなく、ドラムやリズム楽器を通してより円滑なコミュニケーションを行うことを一番の目的としているのです。また、ドラムやパーカッション楽器の他にも、ことばや叫び声(!?)や踊り、または体を叩く行為(ボディーパーカッション)も立派なリズム。気分が向けばそうしたリズム表現を行ってもかまいません。ドラムサークルにルールがあるとすれば、下のニ点だと考えます。

(1) ひとり一人は違っても一緒に何かをすることは可能だ、そしてそれぞれの人が全体の欠かせない一部だと気付くこと。ドラムサークルでは、ひとり一人が違う楽器を持って(=違う「言語」を持って)自分自身の「おしゃべり」を行います。意見を言うのが好きな人、引っ込み思案の人、ハーモニーを楽しむ人、いろいろと「音の実験」をするのを好む人・・・人の性格はさまざまです。また、同じ人でも、その日の気分によって「言いたいこと」やそれを表現する態度には違いがあるかもしれません。そうした違いを認めながら、同時に全員が「発言」し、調和(=音楽)を生み出し、ひとつのことを皆で作り上げるのが、ドラムサークルです。地球上にはさまざまな人が暮らしていますが、こうして年齢・性別・身体自由度・文化・言語を越えて、一緒に何かをする時間を持つことは可能なのです。

(2) 人の「話」をよく聴くこと。上のことを達成するには、他の参加者の「話」=「リズム」に耳を傾けることが大切です。他者のリズムをよく聴くことによってはじめて、深いコミュニケーションが達成されます。(「今日はコミュニケーションしたくない気分なんだ!」というのも、立派なひとつの意見です。そういう時はそれをリズムで「発言」しましょう!?)

<ファシリテーターって何? >
ファシリテート(facilitate)とは、「楽にする、助ける」という意味。ファシリテーターはリズムや音楽を「教える」のではなく、参加者の自由な表現を助けるための「案内人」です。有名な打楽器奏者でなくとも、訓練を受けた人なら誰でもファシリテートができます。実際にアメリカでは、知的障害者の子供や車椅子の人、耳の聞こえないファシリテーターもいて、すばらしいドラムサークルを行っています。この他には、音楽療法士・楽器教師・自助グループ関係者・打楽器奏者・打楽器以外の奏者・医療/福祉/教育関係者・各種セラピスト・企業研修担当者、コーチ等、また、障害者やこども等、さまざまな人がファシリテーターとして活躍しています。

<誰が参加するの?>
下のリストでは便宜上グループ分けしていますが、ドラムサークルの「よさ」はなんといっても、どんな年齢の人も楽器経験や身体自由度に関係なく、一緒に楽しむことができる点です。実際に、DRUMAGIK/ドラムサークル研究会が主催する自由参加型ドラムサークルでは、長年ドラムを習っている人、妊婦さん、身体的・心理的問題を抱える人、こども連れ、外国人など、さまざまな人が違和感なく一緒にドラム他の打楽器を演奏しています。

・自主的に集まったグループ
・学校他の教育機関等、子供を対象としたもの
・老人介護施設等、高齢者を対象としたもの
・障害者/児を対象としたもの
・身体的・心理的問題を持つ人々を対象としたもの
・身体・知的障害者を対象としたもの
・企業のストレス/健康管理・チームワーク作り・リーダーシップその他の人材育成
・各種フェスティバル・イベント
・国際会議・学会等のアトラクションやデモンストレーション

<目的は?>
・自己表現
複雑化を増す現代社会に暮らす私たちの中には、自分を表現したいという欲求がますます高まっています。数ある表現方法の中でも、練習を積まなくとも叩けばすぐに何らかの音の出せる楽器がドラムは特別な存在だといえるでしょう。でも「私はリズム音痴だから・・・」という人も多いですね。ところが「リズム音痴などいない」というのがドラムサークルの考え方。人間の体内には、母親の鼓動・心拍・脳波・睡眠等、さまざまなリズムがあります。ただ歩く、という行為も立派なリズムです。ドラムサークルでは、あなたがその時に感じた自分のリズムを表現して下さい。

・エンパワーメント(自分の内なる能力に気づく)
私たちひとり一人の中には、個性と内なる能力が内在しています。ドラムサークルで感じられた達成感や自信は、ポジティブな発想やものごとを別 の角度から見るきっかけを提供してくれるかもしれません。ドラムサークルはエンパワーメントを通 じて、いきいきとした生活をお手伝いします。

・ドラムを叩いてみたい
最近ではジェンベその他のドラムを見かけることが多くなってきました。叩いてみたいけど楽器がない、楽器はあるがどうすればいいかわからない、気軽にセッションしてみたい、レッスンに行くにはちょっと勇気がいる、すでに叩いているがもっと自分の表現法を探究したい等、さまざまな方がいらっしゃると思います。ドラムサークルでは、どのレベルの方も気軽に参加し、一緒にセッションすることが可能です。

・ストレス発散・リラグゼーション
あなたの周りに「ストレスのない人」は見当たるでしょうか? 現代社会では多くの人がさまざまなストレスを抱えて暮らしています。ストレスのほとんどは、今、目の前にあることでないことを考えることによって生まれます。ドラムを叩いている時には、そうしたことを考える余裕がなくなります! また、リズムは反復を基礎としていますので、「次に何が起こるか予測がつき」ます。このため参加者は安心してグルーヴに身を任せることができるのです。また、私たちは小さい頃から「叩いたり、壊したり、あばれたり」することを禁じられ、いつの間にかそのルールに「心」も合わせて自分を抑圧してしまっているのかもしれませんが、ドラムならいくら叩いてもかまいません。実際にアメリカでは、Drums Not GunsというNGO団体が、思春期の子供たちのストレス発散にドラムを利用して大きな成果 を上げています。

・コミュニケーション能力の向上
自分の意見を言う、またはうまく言うのは難しいものです。ひとつのことを言うのにも、その言い方はたくさんあり、それぞれの状況や人間関係によっても変わってきます。言葉は便利な一方で、やっかいですね。また、自分の中にある気持ちをどう表現すればいいのかわからない時もあります。言葉を話しはじめた子供がうまく伝わらなくてフラストレーションを感じることがありますが、私たちもそれに似た状態にあるのかも。言葉を使わないコミュニケーションにはいろいろ方法がありますが、そのひとつがドラムサークルです。また、ドラムサークルを含む音楽その他の方法では、「全員が一斉に」発言することができます。大きな声で言う勇気のない時には、小さな音で「発言」すればよいのです。ドラムサークルでは、安心できる形で参加者がコミュニケーションをとることによって、「その時の、参加者による」音楽を作り出します。

・一体感を感じる
みんなで同じグルーヴに身を任せるドラムサークルでは、はじめて出会った人々の間にも他では味あうことのできない一体感が生まれます。ドラムは古代から世界中で人々の絆を深める道具として使われてきました。この一体感その他を根拠として欧米ではすでに、コミュニティー意識の向上や企業内のチームビルディング等を目的としたドラムサークルがさかんに行われています。

http://www2.gol.com/users/teranga/dc-text.htmlより
[PR]
by illcommonz | 2007-09-12 00:26
<< ▼同時代世界の寓話と南半球世界の映像 ▼REMEMBER/FORGE... >>