Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ファイナルカット
d0017381_17225770.jpg明日のクランクアップにむけ、
映画「素人の乱」の
最後のしあげの
おてつだい中。

夜が明け、
そして、また
陽が暮れた....

....ということで、途中からドクター・トラメガもかけつけ、ついに今、ファイナル。
映画「素人の乱」の完成に立ち会う。最後のしあげには、28時間かかったが、
映画の編集なんてそんなもの。それが映画だ、そうでなきゃ、映画じゃない。
なにしろ1年半かけて撮影された映画なので、そのくらいかかってあたりまえ。
監督・撮影・編集の中村さん、おつかれさまでした。これはどこに出しても
はずかしくない、というか、とんでもなく、いい映画だと思います。「革命後の
世界を革命の前に先につくってみせてしまった」、まさに文字通りの意味での
「前衛的」社会運動「高円寺一揆」の唯一無二のドキュメントだと思います。
産婆のような気分でこの映画の完成に立会いながら、そこで思ったことは、
この映画の出現によって、「戦争においては、勝っているときだけ映像を持つ
ことができるのである。敗者は映像を持つことができない」という大島渚の
テーゼが完全に覆されてしまった、ということで、これは革命以前の世界での
選挙戦の敗北(落選)者たちの、勝利(当選)をこえた革命的なバカ騒ぎと
創造に満ちた反乱の祭りを克明に記録した稀有の記録映像だと思います。
下北沢と博多での上映試写会のときに話した、「この試写版をみても、
それはこの映画を観たということにはならないし、それどころか観たとすら
言えない」というのが、実は大げさな話ではなく、本当のことだったということが
わかると思いますので、試写版を見た方も、明日とあさっての公式上映を
ぜひみにきてください。明日からが、本当の革命後、、、ん、、、ではなく、
完成後の映画のはじまりです。ということで、「動きが活発な人」という意味での
「アクティヴィスト」であるイルコモンズもさすがに今日はくたびてるようなので
(最後に布団で寝たのは水曜日だっけ)、あとの話は上映会で。明日は
とうきょうぶっくふぇあのわーくしょっぷでみしんをふ、。、l;*#c
[PR]
by illcommonz | 2007-09-15 17:24
<< ▼美は乱調にあり ▼先住民の権利宣言と文化人類学... >>