Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼[NIN] 提言 「若者よ、かっぱらえ!そして、ただでくれてやれ!」
d0017381_17445254.jpg「NINE INCH NAILSの
TRENT REZNORが、ファンに対して
自身のCDを盗むよう提言」


「現在ワールド・ツアー中のナイン・インチ・ネイルズだが、そのフロントマンであるトレント・レズナーが、9月16日にオーストラリア・シドニーで行った公演中に、自身のCDを盗むようファンに要求して物議を醸している。まず背景として、彼らの現時点での最新アルバム『Year Zero』が、オーストラリア国内では他国に比べて高い価格(34.99豪ドル=約3,400円)で販売されていることがあり、トレントは以前からこの状況についてレーベル側の対応に苦言を呈していた。彼はライヴ中に、それらの事態が改善されたかを観客に向けて問いかけ、<No!>の言葉が返ってくると「どうしたら良いか知ってるかい? (CDを)盗めばいい。盗んで、盗んで、盗みまくるんだ。それで、友達みんなにくれてやりな。盗み続けるんだ」と発言。この過激なアジテーションによって、会場は一気にヒートアップしたようだ。トレントはこの件の他にも、シングルのリリース形態などに関して、所属レーベルであるユニバーサルのやり方に以前から反発しており、年内に発表予定の『Year Zero Remixed』リリース後は、インディーでの活動にシフトするのではないかと噂されている」。

うそだと思うなら、この映像をみてみるといい。

▼"Steal it!" - Trent Reznor is honest and logical.
http://youtube.com/watch?v=TJ5iHaV0dP4

アビー・ホフマンをはじめ、これまでいろんな作家やアーティストたちが、こうしたギフト・エコノミー(贈与経済)の提言をおこなってきたが、映像でそれをみたのはこれがはじめてだと思う。"steal it"ということばが、ごく自然に、いささかの躊躇もなく、ポロリと、しかも、すばらしいタイミングで、トレントの口をついてでてきたその瞬間のすばらしさは、映像で見ないとわからない。それに続く「キープ・オン・スティール」の一句には、失われたロックの魂が息をふきかえしているのを感じる。贈与の一撃はいつも思いがけない時間に思わぬところに現われる。返済計画や代償を求めないそれには、スケジュールやプランがない、クレジットもない。創始的な贈与の一撃は暴力的だが、それには無償の愛(=マナ)が宿っている(市場経済にはそれがない)。ついでいうと、「素人の乱」を観て、「金返せ」とか「市場価値は?」と問う元・団塊のネオリベには、永久に理解できないだろう(←イルコモンズはまだ怒ってる)。
[PR]
by illcommonz | 2007-09-20 17:53
<< ▼このマシンがキャピタリストの... ▼美は乱調にあり >>