Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼誰怕公園? 誰憎恨公園?
d0017381_5501798.jpg台北のサイト「個人新聞台 寂寞有罪」で、
イルコモンズが何年か前に「現代思想」
に書いた作文が紹介されてるよ、と
メールで教えてもらいました。

でも残念ながら、台湾語はわからない
ので、台湾語が分かる方、どういう内容
なのか、教えてください。
.............................................................................

誰怕公園? 誰憎恨公園?

今天讀小田昌教的論文,他提到西荻窪的某個公園-西荻窪位於杉並區(鄰接武藏野市),那個社區的氣氛跟吉祥寺一帶還蠻像-,我看他對那裡的公園的描寫很有感覺,我上次回東京時對社區公園有怪怪的感覺,沒有想到還有其他人也有類似的感覺!

東京郊外「品質良好」的中産階級住宅區居民、資本家和政府都害怕、痛恨像公園那樣免費可使用的公共空間。他們用各種各樣的禁止看板,要把人?走!

不好意思,我先放原文,等我弄好中譯之後再貼。

小田昌教「さよなら落書きなき世界:街をノックする者を怖れているのは誰か?」
 (『現代思想』特集=グラフティ)

●「・・・この地域にお住まいのみなさまどもは、自分のウチの庭でもいじりながら、ドアにしっかりカギかけて、一日中ウチにいろ。天下の往来で昼間から【休憩】するな、暇なら、はたらけ。タバコを吸うやつ、落書きするやつは外に出るな、ウチでネットでも見てろ。戦争に反対なら大統領にスパムメールでも送ってろ、ということだ。これじゃまるでもう戦時下の暮らしだな、と思ったよ。」
■「あの公園にいて思ったんだけど、いま、怖れられ憎まれているのは、もしかすると公園という場そのものじゃないかという気がするんだ。あの禁止の多さがなによりの証拠で、公園という場所自体が恐怖の対象になっていうんじゃないかと思った。怖れているからこそあんなに禁止が多いんだと思った。云うまでもないことだけど、公園は人が勝手にただで休憩し、余暇を楽しみ、自由に何かをする場所だ。だから、いってみれば公園は、資本主義のテリトリーとそのコードからはみだしたフリーゾーンで、資本や通貨の流れから外れた残余の場所だ。帝国の中に最後に残った野生の地だ。帝国の生活に塗れきってしまった僕らは、その最後の希望の地かもしれない公園という場の力を読み違えてしまって、それを怖れてしまっているんじゃないだろうか。これは微妙な感覚なんだけど、例えば僕らは、ただで何かモノを手にいれることや、ただでモノをもらうことに妙な居心地の悪さを感じるし、休憩や娯楽ですら資本に管理された価格のあるものの方を求めるようになっている。カラスがセミを食うことに何かイヤな感じを覚えたり、タダのものに不信感や警戒心を覚えるという始末だ。あらゆるものにお金を払うことに慣れすぎてしまって、消費者根性とでも呼びたくなるような卑しさが身についてしまっている。無償のモノのなかで生きる感覚や想像力をなくしてしまっている。落書きのような無為な行為に手を染めることをつい臆してしまう。そんな僕らは、ライセンスのないとりひきやパッケージのないたべもの、レシートのない品物やビジネスのないつきあい、コピーライトのない歌やイズムのない思想。マーケットのない努力やプライスのないただのサービス、そういう資本主義生活のやりくり(エコノミー)から外れたモノや事件に囲まれた野生の暮しというものを想像することすらできなくなってしまっているために、公園を怖れてしまってるんじゃないだろうか」
[PR]
by illcommonz | 2007-09-25 06:00
<< ▼廃業作家と廃物たちの栄光の日の記録 ▼とっぺんぱらりの、ぷ。 >>