Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ドラムサークルのたのしみ
d0017381_623995.gif世田谷美術館でのドラムサークルにいってきた。土曜日の砧公園は家族づれが多い。生まれてはじめてみるドラムサークルに、おじけるこどももいるが、おどりだすこどももいる。こどもは飲み込みがはやい。日ごろから、みようみまねで生きてるので、リズムをとったり、リズムにあわせるのは、お手のものである。自分のまわりの音をよくききわけ、それにすぐ同化する。たたき方やにぎり方がどうのこうのと考えないから、とにかく手がよく動く。まったくのフリースタイルだから、見た目はでたらめに叩いてるようにみえるが、よくきくと、ベースラインにあわせて、誰にもまねできないような、みごとなビートをきざんでいたりする。たとえていうなら、ポップ・グループとかイクエ・モリみたいな感じである。「こどもたちの生は、小さいながらも、それぞれ独自の弧を描いており、そのラインは、どれもみなパーフェクトだ」と、ラリー・クラークがどこかでそう書いてたのを思い出す。かたや、おとなたちも、いつのまにか、子どものような顔つきになって、夢中になってる。その光景はどことなく、映画「はじめて映画をみた日」のようで、ドラムサークルのそういうところが好きなのだ。ドラムサークルのなかには、ルールやプログラムがない。プランも、スケジュールもない。リーダーも指揮者も代表者もいない。それはレッスンではなく、トレーニングでもなく、インストラクションでもなければ、ティーチングでもない。練習もリハーサルもなく、たまたまその場に居合わせた見ず知らずの者たちが、いまそこで鳴ってるリズムを、とにかくみんなでどうにかしようとする直接民主主義的な場であり、そのつど、いろいろなリズムとサウンドが合意形成されてゆくのをみるのはおもしろい。これにさらに、「コブラ」や「スポーク会議」の要素が加われば、もっともっとおもしろくなると思う。ゲリラ・システムやカートゥーン、フィッシュボウル、ブロック、それにポエトリーリーディングがあってもいい。ドラム以外の音の出るものやノイズをもっと増やして、ドラムサークルがノイズサークルになってもいいかもしれない。そうなれば、いよいよそれは、もうひとつの民主主義の格好のモデルになるだろう。なぜなら民主主義というのは本来、やかましくて、うるさく、騒々しいものであり、それは土曜や日曜の昼間にひとが公園に集まってやる、おもしろいことのはずだからである。

ところで、そのドラムサークルが終わった後、イルコモンズのとなりでコンガをたたいてた子どもに、「この本、よんだことある?」と「ドオン!」をみせたのだが、「・・・・・知らない。」という。それはよくない、ぜひ読んだほうがいい。この本をよんだら、ドラムサークルがなんであんなにたのしいのかがよくわかると思う。「ドンドコ ドンドコ ドカシャバ ドカシャバ たいこをたたいていると、とつぜん、みんなの たいこの おとが、」・・・・そのつづきは、本をよんでほしい。これは本をよまないとわからない。その絵をみないとわからない。でも、みればわかる、よめばわかる、民主主義のせかいというのは本当はこういうことなんだな、とわかる。民主主義ということばを知らないこどもでもわかる。その時はわからなくても、後でわかる。「ドオン!」は、「ぐりとぐら」「100万回生きたねこ」「すてきな3にんぐみ」「ぶたぶたくんのおかいもの」とならぶ、いい本だと思うので、ぜひ図書館でよんでおいてほしい。

d0017381_617911.jpg
「ドオン!」 
え・長新太 
ぶん・山下洋輔
福音館書店

[追記] 今月の17日から世田谷美術館ではじまる「パラオ-ふたつの人生:鬼才・中島敦と日本のゴーギャン・土方久功」の土方久功は、「ぶたぶたくんのおかいもの」をかいた文化人類学者・土方久功で、同展会期中、「ぶたぶたくんのおかいもの」の朗読会があるらしい。これは行かなくては。
[PR]
by illcommonz | 2007-11-04 06:28
<< ▼晩秋とおばさんと、ときどきイ... ▼ブリッジ >>