Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼空飛ぶマルチチュード(第三話)
d0017381_0355786.jpg
さて、ネグリの回答ですが、まず、
この質問を聞いた時のネグリの表情は
というと、雲の切れ間からさしこんだ光が
さぁぁっと顔一面に広がってゆくような
そういう笑みでした。それから、この後に
もうひとつ別の質問があって、そのあと、
「それぞれ洞察に富んだ質問をいただき
感謝します」という口上を述べたネグリは、
長い時間をかけて、まず二つの質問への
回答からはじめました。

ひとつは、そのものずばりマルチチュードの
定義に関するもので、マルチチュードは
「大衆でもなく人民でもない」という、
テキストに書いてある通りの講釈を述べた後、
「マルチチュードというのは"新しいプロレタリア"
ではないのか」とよくそう云われることがあり、
はじめはそれを否定していたが、今はたまに
「そうだ」ということもあるという回答でした。


d0017381_0582228.jpgその後、もうひとつの別の質問への回答に移り、
その後に、いよいよ順番がまわってきたのですが、
ここでなんとも運の悪いことに、
同時通訳のレシーバーの調子が急に悪くなり、
通訳の音声が途切れてしまいました。
他のレシーバーもそうだったようで、
みんな一斉にレシーバーの向きを変えて
何とか音声をキャッチしようと悪戦苦闘してましたが、
なかなか音声はもどらず、そんな中で
かろうじて聞き取れたのは...

……………デ・シーカの『ミラノの奇蹟』は、私の大好きな映画で……
…………………『帝国』に引用したのは「知的引用」…………アレは
何て言いましたっけ、ぅうん、忘れてしまった、ねぇ、ほら、こう…………
こんな風に…………………それで最後にね、みんなでほうきにのって
空に飛んでゆくんですよ…………アレは社会主義的手法だと言われ
ましたがね………………以上

という感じで、あの満面の笑顔の割に、回答そのものは比較的
あっさりしたものでした。正直、これは「肩すかしをくらったかな」
という感じもしましたが、もともと、この質問の魂胆は、せっかく
リアルタイムのストリーミングビデオで映像を流しているのだから、
このイレギュラーな質問にネグリがどんな表情と仕草で応答するか
を見てみたい、というところにあったので、この回答はそれなりに
十分に満足にいくものでした。このフックのある質問に対しネグリは
十分に用心深く、それでもなお、陽気な表情と快活な仕草で回答を
こちらに投げかえしてくれました。

d0017381_1135584.jpg 音声こそ消えましたが、アリスの童話にでてくる
チェシャ猫のそれのように、笑いだけが残った。
見たかったのは、まさにそれで、ネグリと
ハートが慎重にそう書いてるように、そもそも
マルチチュードとは特定の人物や集団によって
代理表象されるものではないので、特定のなにかに
ひきつけて語ってしまうのは得策ではないわけです。
無論、それはよく理解できるのですが、とはいえ、
そんなマルチチュードにも「面影」や「シルエット」は
あるはずで、それをネグリの表情や仕草をメディアとして、
この目で見て確かめたかったわけです。


その時のネグリの表情と仕草を、いまここでお見せできないのは
残念ですが、そのとき映像を通して確信したのは、マルチチュード
というのは、決して気難しいものではなく「あかるいもの」だ
ということです。アカデミックな政治哲学の研究者にとっては
どうでもいいことかもしれませんが、在野の読み手にとっては、
このマルチチュードの心象を得られたことが、このビデオ会議での
最大の収穫であり、歓びでした。

ところで、実は、この話はまだ終わりではありません。
このお話にはさらに続きがあるのですが、それはまた
次回に(つづく)

【結話へ】 
[PR]
by illcommonz | 2005-05-20 00:04
<< ▼空飛ぶマルチチュード・アンキ... ▼また「おはなし」の途中ですが... >>