Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼魂の労働月間
「ある日のこと、彼女の若い息子(オーネット・コールマン)がやってきて、彼女にこう云いました。
「金と欲とまみれた音楽はもうこりごりだ。この街で売りものにされる音楽、人の体や性の売り買いのなかでやりとりされるような音楽とはもう手をきりたいんだ。音楽の商品化とおさらばして、もっとちがう音楽をやりたいんだ。あらゆる商売から遠くはなれて」。これに対して母親は、こうこたえました。「いったいどういうつもりなんだね。もしやお前さんはお前の魂のお代を払ってほしいとでもいうのかね、お前の魂のためにお金を払ってもらいたいのかね。それがお前の望みなのかい?」。これが彼の母親が彼に告げた言葉です。人はお金をもらったりしない、そう、自分の魂の代価をお金で支払ってもらったりはしないのです。魂、それこそが来たるべきもの。それこそが人が耳をすませるべきもの、それこそが人がなすべきことであり、そして書かれるべき音楽なのです」
(ジャック・デリダ「名前を/で演奏する」より)

d0017381_1344517.jpg
「うさぎ!」読書会
日時:2007年11月12日(月)19:00~
場所:福岡市博多区須崎町2-15 art space tetra2F *入場無料
今月、映画「おばさんたちが案内する未来世界」の上映会が福岡から始まります。その「集い」に先駆けて、art space tetraでは 元・現代美術家/民族史家の小田マサノリさん(イルコモンズ)を招いて「うさぎ!」(小沢健二・著)の読書会を行います。当日は「うさぎ!」を読みながら、そこに寓話として語られているさまざまな事例や事実について映像を見たり みんなで話しあったりします。「うさぎ!」を読んだことのある方、ない方も、tetraに来たことがないかたも、今回は2階でゆったりとした集まりになりますので、どうぞ気兼ねなくおこしください。
※当日「うさぎ!」作者の来場予定はありません。
d0017381_1361319.jpg
▼ドキュメンタリー映画「素人の乱」札幌上映会
日時:2007年11月17日(土) (1)15:00~ (2)19:00~
会場:ATTIC(札幌市中央区南3西6長栄ビル4F)
料金:800円(*前売500円)
高円寺北中通り商店街を拠点に「PSE法反対デモ」、「家賃をタダにしろ!デモ」、「三人デモ」、「高円寺一揆」など街中でとんでもない大暴れをくり返してきた<素人の乱>。その狂乱と騒動の軌跡を記録した映画「素人の乱」が完成した!!!! 秋の夜長に"革命後の世界"を!!!
d0017381_137258.jpg
▼トークセッション「素人の乱のとんでもなさについて」
日時:2007年11月17日(土) 21:30~
会場:ATTIC(札幌市中央区南3西6長栄ビル4F)
料金:(映画料金に含まれます)
トーク:松本哉+成田圭祐+イルコモンズ+RLL(L)+
たいへんだ!たいへんだ!素人の乱出演者がどんどん札幌にやってくる!

d0017381_1574311.jpg
▼路上デモンストレーション「G8サミット歓迎に非ず」
日時:2007年11月18日(日) 集合: 11:30 出発: 12:00
場所:札幌市中央区大通西4丁目
貧乏人と有象無象がサウンドを発してデモ行進。来年7月に開催予定の
北海道・洞爺湖G8サミットを歓迎していない人なら誰でも参加してください。

d0017381_204249.jpg
▼さっぽろ自由学校「遊」連続講座
「G8がやってくる~入門編~」第4回
「反グローバリズムの運動と文化」
日時:2007年11月18日(日) 14:00~16:00
場所:札幌市中央区南1西5愛生舘ビル2Fさっぽろ自由学校「遊」
講師:成田圭祐(Irregular Rhythm Asylum)
反G8行動は過激な面ばかりが報道されましたが、実際にドイツで見た現実はもっと
多様で豊かなものでした。新自由主義的グローバリズムが拡大する中、それに対抗す
る運動や文化もグローバルに拡大していることを写真や映像を使って紹介します。
受講料:一般1,500円 会員・学生1,000円
http://www.sapporoyu.org/modules/sy_course/index.php?id_course=122

d0017381_1381695.jpg
▼「DIYカルチャーナイト」
日時:2007年11月18日(日)17:00~
場所:札幌市中央区南1西5愛生舘ビル2Fさっぽろ自由学校「遊」
料金:1,000円(たべもの付)
*シルクスクリーンを使ったプリントのワークショップ
*抵抗食をみんなでたべる
*映像とお話
*Tシャツや布など、プリントをしたいもの持参

▼イルコモンズ・リブートキャンプ京都
日時:2007年11月23日(金)19:00~翌朝
場所:京都市左京区吉田本町京都大学吉田キャンパス
文学部新館第二講義室およびその周辺

d0017381_1405349.jpg
「身体表現ワークショップ」
時間:2007年11月30日(木)2:40~5:50
場所:東京経済大学6号館地下「スタジオ」
講師:小田マサノリ(イルコモンズ)

d0017381_144692.jpg
▼イルコモンズの「精密な受信機はふえてゆくばかりなのに、
世界のできごとは一日でわかるのに、"知らないことが多すぎる"と、
あなたにだけは告げてみたい」セントラルイースト東京リトリート・
ミーティング(ドラムサークルつき)
日時:2007年12月2日(日)15時~19時
場所:千代田区東神田1-2-11アガタビル地下
http://www.centraleasttokyo.com/07/
[PR]
by illcommonz | 2007-11-08 01:42
<< ▼BND15周年 ▼文化人類学解放講座 >>