Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「貝」を「分」けると「貧」となるのは、なぜ?
話の途中ですが、この週末、京都に行く用事があったので、
新幹線を途中下車して、名古屋に行ってきました。といっても、
「哀・地球博」(by 田中偉一郎)を見に行ったのではなく、
「愛知万博記念」として豊田市美術館で開催されている
「アルテ・ポーヴェラ/貧しい芸術」展を見てきました。

d0017381_3482689.jpg

豊田市美術館に行くのは今回が初めてだったせいで、
ついつい目的を見失って、谷口吉生が設計した
ハイエンド・モダンな建築やJ・コスースの常設作品に、
ときおり目を奪われたりもしましたが、とはいえ、
今回の「アルテ・ポーヴェラ」展はなかなか見ごたえのある
かなり充実したコレクションで、しかも、
「ふんわりやわらか仕上げのハミング」のような
ソフトタッチなしかけもあって、なかなかあなどりがたい、
ヴェリッシモな展示でした。

d0017381_3495686.jpg
「アルテ・ポーヴェラ」というのは、ミラノ・トリエンナーレの
会場占拠事件にいたる68年前夜の、揺れる大地イタリアの、
それもどちらかといえば、アンダーグラウンドな「画廊」から
農民一揆的にアクト・アップしてきたゲリラ的芸術運動なので、
そうした「読売アンデパンダン的」な対抗運動の熱気や沸騰を、
谷口デザインの、このすこぶるエレガントな「美術館」の中で
再現するのはさぞかし骨が折れただろうなぁ、なんてことを
思いながら見てましたが、でも、考えてみれば、そのテーマが
「テクノ」から「エコ」にシフトしたとはいえ、依然として
「ハイテク」の「豊かな」暮らしを夢見させる愛知万博の開催に
あわせて、それとは対極的な、「ローテク」で「貧しい」芸術を
対位法的に置いてみせたところに、実は、インビジブルな
対抗の線が、美術館の外にむかって、ふんわりとやわらかに
張りわたされていたのかもしれません。

d0017381_1184723.jpg

それはともかくも、今回の展示作品の中で特に気になったのが、
M・ピストレットの「ランチ・ペインティング」という作品で、

d0017381_17352575.jpg←こんな風に絵の額縁がそのまんま
二人分の食卓と椅子になってるので、
人がこの額縁の中にフレーム・インして
書割の絵画になるというだけでなく、
(それだと観光地の首出し看板と同じ)
さしずめ、ドゥルーズとガタリなら、
「絵画+食事+人間」という複合的
アレンジメント(イート・イン?)による
作動する「絵画機械」だ、とでも云いそうな、
R・ゴールドバーグの漫画風の狂ったマシン
としてみることもできるわけです。


d0017381_18494064.jpgたぶん、そんなことを考えたのは、
名古屋でのこの途中下車の後に
向かうことになっていた、
京大の「石垣★カフェ」と、
いま・そこで剥き出しになって
展開されている生-政治的な
抵抗のアクションとこの作品とが
オーバーラップしてしまったからなのですが、
これについては、また後日。
[PR]
by illcommonz | 2005-05-21 12:21
<< ▼京都(大学)の異文化財と異跡めぐり ▼空飛ぶマルチチュード・アンキ... >>