Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼空飛ぶマルチチュード・アンキャニー・リターンズ
d0017381_11284072.jpg(つづき)
この質疑応答の後、
自称・高円寺ネグリ派で、
『無産大衆神髄』の著者である
矢部(史郎)くんが質問にたって
「ブラックブロック」なんかの例を引きながら
「マルチチュードは、世間からなんとなく
"ぁゃしぃ"ものだと思われてる節があるが、
それについては、どう思うか?」という、
これまた意表をついた質問をしました。


『現代思想』や『図書新聞』なんかで、これまで再三「マルチチュード禁止(笑)」
を唱えてきた矢部くんなので、ぜひ、それも云ってほしかったのですが、
通訳を通して、この(笑)のニュアンスを伝えるのは難しそうなので、さすがに
それはしなかったようです。それはさておき、この質問に対してネグリはというと、
「非常に知的な質問に感謝します」と口上を述べたうえで、最近の反戦運動と
過去の平和運動との違いなどを指摘しながら、ひとまずの回答を試みた後、
ちょっと間をおいてから、こんな風に回答を結びました。

d0017381_1153739.jpg「マルチチュードというものを、
拡散してゆくもの、空へ飛翔してゆくもの、
そして、だんだん倍加してゆくものという、
そういうイメージでとらえてみても
よいかもしれませんね。」

これを聞いて「あぁ、たぶんこれは、
さっきの質問に対する返礼の
非物質的リップ・サービスだな」と
思ったのですが、一方でまた、これは、
さっきの回答の中で抑圧していたものが
再び「回帰」してきて化けて現れたのかしら、
とも思いました。


とはいえ、ネグリはさすがに抜け目がなく、全部の質問への回答が一通りすんだ後、
この日の応答のしめくくりとして、こんな風に付け加えるのを忘れてませんでした。

d0017381_11594594.jpg「私たちのなかには妖怪がいるのです。
その妖怪が労働のなかで姿を現わすという、
その暗い可能性はやはり否定できないのです。
私たちの存在のうちには、胡乱でぁゃしぃものが、
妖怪が、いるのです」

これを聞いて「あぁ、さすがに、ネグリは
百戦錬磨の思想家だなと思いましたが、
ただ、この日のネグリは、これにさらに
こう付け加えることを忘れてようです。すなわち、
「私たちの存在のうちには、貧しき者という
コモンネームを持った、汚れた神々が
いるときもある」ということを。
(おわり)

d0017381_1271746.jpg[おまけ]

生きていくには
眠る小屋があればよい
生きて死ぬには
少しの土地があればよい
ほしいのは靴と
くつしたと少しのパン
僕らは明日を信じて
生きていく♪

「ミラノの奇蹟」より
[PR]
by illcommonz | 2005-05-21 00:01
<< ▼「貝」を「分」けると「貧」と... ▼空飛ぶマルチチュード(第三話) >>