Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼大阪市立近代美術館「イルコモンズ回顧展」
d0017381_1554974.jpg「大阪市は19世紀以降の近代美術・現代美術のコレクションを形成している。日本画の北野恒富・島成園、写真の安井仲治、現代美術の吉原治良など大阪を舞台に活躍した作家、佐伯祐三ら大阪にゆかりのある作家、モディリアーニやコンスタンティン・ブランクーシ、ゲルハルト・リヒターなど海外の重要な作家の作品を所有している。佐伯祐三の作品を一括して寄贈されたことがこの計画の始まりであり、市制100年を記念して大阪市立近代美術館建設計画が発表され、以後コレクションの形成が進んできた。特に16億円で購入したモディリアーニの作品は話題となり議論を呼んだ。

d0017381_1562889.jpg大阪市立近代美術館は、中之島にある国立国際美術館北隣の大阪大学医学部跡地に建設される予定だった。が、予定地から蔵屋敷跡が発掘された事に加え、市が財政難に陥り建設費(約280億円)が捻出出来ず、2004年からは長堀通沿いの東急ハンズ心斎橋店傍にある出光美術館跡のスペースを、「大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室」と言う名前で所蔵品の展示を行ってきた。現在建設予定地だった所は時間貸し駐車場となっているが、2007年新年度予算案に約500万円を調査費として計上し当初の事業計画を見直した上で、約5年ぶりに建設に向けて事業が再開される事となった。」

d0017381_157099.jpg今度、この美術館で、イルコモンズ生誕42年(大厄)を記念して「イルコモンズ回顧展」(仮称)を開催することになった。会期は2008年1月10日(木)から1月20日(日)まで。入場は断固として無料である。もちろんウソではなく本当の話である、が、おかしな話である。というのも、イルコモンズは「大阪にゆかりの作家」でもないし、海外はおろか、誰にとっても「重要な作家」ではない。というか、作家ですらない。美術家を廃業した「元・現代美術家」であり、アナーキストである。それなのに、いったいどうしてこんなことになってしまったのか。それを話すと長くなるので、以下省略。くわしいことは、いずれまた後日。それよりも、年末は他にもやることがいっぱいあるので、とりあえず、お知らせまで。まずは炊事と掃除と洗たく。それがすんだら、ビデオ編集と原稿書き、そのほかいろいろ。それに、初日まであと20日だから、今からあわててみたところで、どうせ間にあいっこないのだから、気が楽である。会期中に誕生日(1月17日)を迎えるので、その日はなにかすると思うが、何をするか分からない。何をやるか分かったものではない。しかし、いい機会なので、こちらも「当初の計画を見直した上で」、「約5年ぶり」に「再開」してみるか、と思ったりもするが、分からない。
[PR]
by illcommonz | 2007-12-21 02:01
<< ▼バイ・ナッシング・クリスマス・イヴ ▼あらゆる場所にプエブロが >>