Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「渋谷246ギャラリー」と「ルート181ギャラリー」
d0017381_222559.jpg「渋谷246ギャラリー」問題をめぐる
第一回「表現者会議」に出席した。
この日は別の連絡会議もあったので、
途中でぬけたが参加者は14人で、
14人の中には美術雑の編集者や
ライターはひとりもいなかったようだ。
(みんな「GEISAI MUSEUM2」の
取材にでも行ってたのだろうか)。
あいにくあまり時間がなかったので、
「ギャラリー246」の壁画「春の小川」
を現場で見てみて、「アート作品」や
「デザイン」としてどう思ったかという
ことを主に話した。たしかに、絵そのものは、いかにもファンシーで、いかにもカワイク、そして、いかにもイノセントで、ソフトタッチな図柄なのだが、その図柄とは裏腹に、そこには或る強烈なメッセージを感じざるを得なかった、と発言した。すなわちそれは、「立ち止まるな、考えるな、忘れろ、そして、とっととこの場所を通りすぎて、ショッピングにでも行ってろ」というものだ。ちょっと大げさ過ぎるかもしれないが、そう思った。とはいえ、街の「ジェントリフィケーション」を進めたがってるクライアントが求めていたのは、まさしくそういうものだったはずなので、そういう意味では、クライアントの要望にまるまる100パーセントこたえた(こたえすぎてしまった?)「コミッションワーク=嘱託作品」なのだが、それによってアートやデザインの「何か」が失われてしまってるような気がしてならなかった。会議の詳しい内容については後日、主催者たちからレポートがあると思うが、とりあえず現時点ではまだ「日本デザイナー学院」との「対話」の見通しは立ってないという。なんとも気が滅入るので、気分なおしに、別の「ギャラリー」の話をひとつ。

d0017381_711526.jpgこの写真は、世界の反対をおしきって、イスラエル軍事政府が「国連決議181の分割線」の上に建てた「隔離壁」、つまり、パレスチナ人に対する「アパルトヘイトの壁」なのだが、いま、その壁は、バンクシーをはじめとする世界の有名・無名・変名・匿名のアーティストやデザイナーたちによる「反アパルトヘイト」のグラフィティやポスターなどで、どんどん埋めつくされつつあるらしい。数年前、ミシェル・クレイフィとエイアル・シヴァンが、「国連決議181の分割線」に沿って車で旅をしながら撮った、ポリティカル・ロードムービー「ルート181」にちなんで云えば、さしづめ「ルート181ギャラリー」とでも呼べそうな光景である。

この写真は、いま、ベツレヘムを旅している元・T.C.D.C.のメンバーの友だちが現地で撮影したもので、メールにはこう書いてあった。


「このあたりは、パレスチナのこどもたちもたくさん住んでいます。それに世界各地からの観光客がグラフティを見にきています。壁にかかれたグラフティの観光化はパレスチナ人に対するイスラエル政府の隔離政策も世に伝える一歩だと思います。それに、薄暗い壁を楽しく書き換えるのはすごくおもしろいと思います」

d0017381_5213265.jpg薄暗い壁を楽しく書き換えるグラフィティ。それをこの壁でまず最初にやってみせたのがバンクシーだった。このビデオに見られるようにバンクシーは、他者への恐れと不信、そして憎悪と排除の念がつくりあげてしまったこの巨大なアパルトヘイトの壁を、「風船を手にした子どもが飛びこえてゆこうとするグラフィティ」を描いてみせた。「この高い壁をのりこえて向こう側に行くための梯子のグラフィティ」を描いてみせた。「この部厚い壁に巨大な穴をあけるための切り取り線のグラフィティ」を描いてみせた。こうしたものこそ本当のファンタジーであり、ヒューモアだと思う。それは、いま・そこにあるシリアスな現実や同時代の社会問題と、その現場で正面から向かい合うときにはじめて生まれてくるもので、解決困難と思える問題を浮かびあがらせつつ、しかし、それにからめとられることなく、それをふりほどいてゆく思考と想像力の産物である。そうした思考や想像力に、かたちを与え、目に見えるものにするのが、アートの役目であり、デザインの仕事ではなかっただろうか。

この「ルート181ギャラリー」のグラフィティやポスターは、「立ち止まるな、考えるな、忘れろ、そして、とっととこの場所を通りすぎて、ショッピングにでも行ってろ」という、「渋谷2446ギャラリー」の壁画とは反対に、ショッピングに行く人をその前に立ち止まらせ、考えこませ、そして依然としてそこにある問題を、もう一度思い出させる力を持っている。そういえば、「渋谷246ギャラリー」の壁画にも、ひとつだけ問いがあった。それは渋谷の小川に住む魚たちが「わたしたちは何匹いるでしょう?」と問いかけるというもので、いかにも無邪気な問いのようだが、それは、他の問いをたてさせないためのニセの問いとしか思えなかった。この数の問いには答えはひとつしかなく、一度その答えが分かればそれきり、という使い捨ての問いである。というより、なんだかひどくバカにされてるような気がした。

d0017381_6432662.jpgそれはさておき、たとえば、バンクシーのそれのように、いかによくできたグラフィティであっても、グラフィティによって、いま・そこにある現実そのものを変えることはできないし、アートやデザインによって社会や政治の問題そのものを解決することはできない。でも、それはあたりまえの話で、それはもともとグラフィティやアートの役目ではないのだ。だが、しかし、よくみてみよう。この「アパルトヘイトの壁」に描かれたグラフィティやポスターには、ある共通の「何か」が感じられないだろか。何かつながりのようなものが感じられないだろうか。それは、バンクシーが描いてみせたファンタジーに解放感を感じ、そのヒューモアに鼓舞され、そして、その表現と姿勢に共感を覚えたアーティストやデザイナーたちの連帯である。アパルトヘイトの壁を埋めつくしはじめたグラフィティやポスターがつくりだした光景は、そうした共感や連帯から生まれたもので、そうした共感の連鎖や連帯の風景をつくることが、「アートやデザインにできること」だと思う。たしかにアートやデザインは現実そのものを変えることはできないが、共感の連鎖を生み出すことができる。アートやデザインに社会の問題そのものを解決することはできないが、社会の風景やものの見方を変えることができる。この書き換えられた「アパルトヘイトの壁」がその動かぬ証拠だ。この壁はこれからさらに書き換えられ、共感の連鎖と連帯の風景をつくりだしてゆくにちがいない、いや、というより、そうなるように自分もまたその連鎖と風景に加わりたいと思った。そして、不信と恐れそして憎悪と排除でできた壁が、それとは正反対の共感と連帯の表現で完全に埋めつくされたとき、壁はその意味を変えることになるだろう。

最後にもう一度「渋谷246ギャラリー」に話をもどすと、絵の良し悪しや出来はともかくも、あの壁画に対しては、残念ながら、こうした共感や連帯をまったく感じることができなかった。絵を描いた「日本デザイナー学院」の学生たちは、おそらく、そういうふうには考えてなかったと思うが、やはりあの壁は「路上生活者に対するアパルトヘイトの壁」に見えてしまうのだ。「排除は排除の連鎖を生む」。あの壁画が一度グラフィティで上から塗りつぶされる、ということがあったのは、あの絵に「排除」や「隔離」を敏感に感じとった人間がいたからではないだろうか?排除は排除の風景を生むのだ。

d0017381_711298.jpgきっとあまり気が進まないかもしれないが、「日本デザイナー学院」には、ぜひともこの現実に向かいあい、あの壁に「排除」や「隔離」を感じた人たちと「対話」の場を持つことを期待したい。彼/女たちが望んでいるのは「論争」ではなく、「アートって何だったっけ?デザインって何だったっけ?」という、問いなのだから。そして、もし可能なら、あの壁が排除したものを、アートのファンタジーやデザインのヒューモアでもって、もう一度、呼びもどすようなものに書き換えることを望みたい。「246表現者会議」の主催者や参加者のなかには絵描きが何人もいるので、協力は惜しまないはずだ。本当の「コラボレーション」というのは、そういうものだと思うし、「ルート171ギャラリー」はその格好の手本になるかもしれない。

-------------------------------------------------------------------
[追記] 上で紹介したメールに「パレスチナの壁には、世界各地から落書きしに、
パレスチナまできてるんですね。すばらしい行動だと思います。和物は一切
ありませんでした。わたしはできたら、連帯もこめて、日本のアナキストシーンも
マーキングしたいなー思っています。そこでですね、できたら、やはり日本の
アナーキーシーンになにか作ってもらって、それを隔離壁に貼りたいな思って
います」とあったので、さっそく、ひとつつくってみた。

d0017381_7565567.jpg
元・T.C.D.C.の仲間からの呼びかけだったので、T.C.D.C.のロゴマークを使った
ポスターにした。切り抜けばそのままステンシルにもなるようにデザインしてみた。
コピーは「僕らのドラムのビートは、このアパルトヘイトの壁をつきぬけてゆく」。
[PR]
by illcommonz | 2007-12-28 07:27
<< ▼「芸術新潮」かと思った ▼殺すな >>