Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼イルコモンズ、故郷に帰る
d0017381_20164899.jpg週末は、福岡の生家に帰って、
釈放の報告と展示をしてきました。

▼平成20年度 歴史資料館企画展
「仮面の告白-お面にこめられた喜怒哀楽」
平成20年7月18日(金)-8月31日(日)
開館時間 10:00-18:00
サンフレアこが2Fギャラリー
福岡県古賀市中央2丁目13番1号

「大阪千里の国立民族学博物館に展示されている民族面を見たときには、強烈な迫力を感じて釘付けになった。福岡にアフリカのお面や人形を置いた店ができると足繁く通った。パプアニューギニアに旅したときには、お面の奔放な色彩に魔力が醸し出され、原始の鼓動を感じた。こうしていつのまにか、数十面が集まった。企画展では、お面を持っている知人や、アフリカを旅して収集した古賀市在住(*原文ママ 正しくは「古賀市出身」)の小田昌教氏のコレクションも借りてきた。展示は系統的に集めた物ではなく、研究というような堅苦しいものでもない。気軽に見て、お面に込められた喜怒哀楽を感じとってもらえればよい。もしかしたら、「仮面の告白」が聞こえてくるかもしれないし、面白いと感じられるだけでも幸いである。」(古賀市歴史資料館)

昼は歴史資料館で展示替えをし、夜は家族みんなで、札幌のサウンドデモや
高円寺の「のびのびイルコモンズ・デモ」の映像を見てのんびり過ごしました。
妹から聞いた話によると、「イルコモンズ逮捕」の知らせがあったとき、それを
聞いたイルコモンズの母は、「留置所の中にいればテロとか暴動にまきこまれて
大ケガをしたりする心配がないので、かえってよかった。いっそのこと、サミットが
終わるまで留置所であずかってもらったらいいとにねぇ」とそう云ってたそうです。
母は強しである。かたや父は、「サミットのことについてご存知ですか?」という
警察の質問に、「ああ、いつもブログ(*「イルコモンズのふた」のこと)を読んで
ますから、全部分かってます。札幌に行ってるのも知ってましたし、逮捕も折り
こみ済みでした」と胸をはってそう答えた、と云っていた。父もまた強しである。
[PR]
by illcommonz | 2008-07-29 20:17
<< ▼団体賛同ありがとうございました。 ▼[政治哲学詩] 「変化の兆候... >>