Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「人間のノーブレス」(岡本太郎)
d0017381_575418.jpg
[写真]「逮捕直後に護送車の中から満面の笑みを浮かべるイルコモンズの図」
(撮影:志葉玲 2008年7月5日午後3時45分ごろ 札幌にて)

「賭けとおし、つらぬいて運命を生きる。そのためにつまらぬ目にあい、不条理に痛めつけられても、それはむしろ、嬉しい条件として笑って貫きとおす人間でありたい。ふりかかってくる災いは、あたかも恋人を抱きいれるように受ける。人間のノーブレスだ。逃げない、はればれと立ち向かう。それが私のモットーである。これからも私は、あらゆるかたちをとって抵抗し続けるだろう。ここに打ち出されているのは、もちろん文字だけであるのだが、私の場合、言葉と行動はいつでも一体であり、生活全体である。今までの歩みをふりかえって慄然とするが、ますます決意は固いのである。」(岡本太郎「原色の呪文」結語より)

太郎が云うような「はればれ」とはいかなかったかもしれないけど、
それなりに「のびのび」とは笑えていたはず。なぜ、逮捕されたとき、
こんなにずっと笑っていたかについては、いずれまた。ということで、
来年はイタリアで、再来年はカナダで、あ・は・は・の・は。

-----------------------------------------------------------
[参考]
「イルコモンズ逮捕直後に笑顔だった!とされる映像を交えて会場でコメント」
(新宿ネイキッドロフト「洞爺湖サミット報告札幌7.5救援イベント」より)

「イルコモンズの逮捕は、完全に警察の不祥事だと思う。本当にやっかいな
人間を捕まえてしまったものだ。手負いの熊の恐ろしさを想像してボクが
ガタガタニヤニヤ震えています」(ハーポ部長)

「イル・コモンズ 【普通名詞】(1) ありふれて変なもの (2) 扱いにこまる
共有物 (3) 分けても減らぬもの (4) 存在とは常に複数で他と共にあり、
狂えば狂うほど調子がよくなる」(「イルコモンズのふた」より)

-------------------------------------------------------------
[注釈]
1968年に書かれた上の文章の中で太郎は「人間のノーブレス」と書いているが、
この「ノーブレス」というのは、「ノブレス・オブリージュ=尊い義務」というときの、
「ノブレス」のことだと思う。もっとも太郎は「階級」や「貴賎」「芸術家の特権」など
というものを決して認めなかったので、この場合の「人間のノブレス」というのは、
あくまで「木にのぼりそこねたサル」としての人間の、他の動物に対する「尊さ」と
いうことだと思う。生涯を通じてあらゆるものに「否」をつきつけ続けた太郎が
ついに最後まで決して「否」といわなかったもの、それは「人間」だった。
[PR]
by illcommonz | 2008-07-30 05:28
<< ▼キャンプからはじめよう ▼ちびこもんずよ、大志を抱け >>