Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼神楽月
d0017381_2341787.jpg「J5をリプレイする」
「二〇〇八年七月五日午後三時四十五分。そのDJはわずか二分間のプレイで逮捕され、デモ隊を「扇動」した容疑で十一日間勾留された・・・海外ではこの日のデモは「J5」と呼ばれている。もし逮捕されなければどんな音を出すつもりだったのか?逮捕映像などと共に幻のDJ音源によって「J5」を再現する」

[日時] 2008年11月1日(土)22:00-翌朝
[会場] 札幌・ATTIC
札幌市中央区南3西6長栄ビル4F
[出演] イルコモンズ(メディアアクティヴィスト)
+ DJ キス・ミー・キス・ミー + rui nagata
[参加費]500円(会場代)+ドネーション 
*食べ物、飲み物の販売があります。

「2008年7月5日「チャレンジ・ザ・G8~10,000人のピースウォーク」(通称「J5」)での逮捕(道路交通法違反および北海道公安条例違反*後に不起訴)により、現場で予定されていたDJと、その晩に予定されていたVJをやりそびれてしまった不世出のメディア・アクティヴィスト、イルコモンズが「奪われた出番をとりもどす」ために札幌を再訪。逮捕当日、用意していたDJ音源とVJ映像を残らず解放。本当の「扇動」とはどういうものかを音と映像でデモンストレーション。札幌からDJ・キス・ミー・キス・ミー、rui nagataらも友情出演し、「幻のJ5」を再演する」

d0017381_2304769.jpg「さよならG8
自主管理キャンプと祝祭的デモ~
サミットに対抗する新しい表現空間の可能性」

[日時] 2008年11月3日(月)14:00-17:00
[会場] さっぽろ自由学校「遊」
札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル207
[出演] 当別キャンプのスタッフ
+小田マサノリ(イルコモンズ)
[受講料] 一般1,500円 会員・学生1,000円

「G8サミットに疑問を持ち、抗議の意志を示し、表現する人びとが国内外から大勢やってきました。海外ではじまった、このような「新しい運動」の特徴を解説し、共に過ごした経験をわかちあいます。」

d0017381_2381235.jpg「緊急シンポジウム"タコ巡査長の乱"を考える」
[日時] 2008年11月3日(休)20:00-
[場所] 素人の乱12号店
無料(1drink別でお願いします)
[主催] タコ巡査長による拉致被害者の会
改めタコ巡査長ファンクラブ

★通行人は見た!逮捕瞬間の衝撃映像!
★その時歴史が動いた!
救援会の人からの詳細報告!
★日本全国からの反応(ネットでつないで
各地の支援者のコメント!)
★フリートーク

【タコ巡査長の経歴(予想)】
1940 富山県の寒村に生まれる
1960 交番勤務。犯人を取り逃がすこと5回
1980 職務中に抜け出してパチンコ屋に行ったところ、隣の男が指名手配犯で、偶然逮捕し出世。
2000 取調官の激怒役が足りなかったため警視庁公安部へ
2007 娘の帰りが遅いことに腹を立て、怒りすぎて間違って息子の太郎を殴り負傷させる。
2008 この不祥事が発覚し、運転免許センターへの左遷が決定。
2008年10月25日上野の立ち飲み屋で「先輩!このまま終わっていいんですか!?最後にひと花咲かせましょうよ!」との唯一の子分に対し、「よし!ひとつデカイことやってやろうじゃねえか!俺だってまだやれるんだよ!!」と呼応。  
2008年10月26日計画を決行。3名を不当逮捕。

▼「就職時に役立つ!松本哉のスキルアップ講座」
[日時] 2008年11月4日(火)13:00-16:00
[場所] 法政大学富士見坂校舎4階F402教室
[特別講師] 二木信(ライター) 成田圭祐(商店主)
小田マサノリ(イルコモンズ)
[主催] 法政大学・第一文化連盟

「今この競争社会で求められているのは、スキルアップ。だが!むやみにスキルアップして、企業の奴隷になる技を習得しても意味がない。むしろ余計こき使われるだけだ。どうせなら、勝手に生きていくための作戦を練ってしまおう!!! ちなみに、受講に際しては、この平日昼間にのこのこと現れなければならない。ってことは、すでにロクに働かないで生きているようなスキルを持っている人はいいが、仕事を急に休むというスキルが求められている!健闘を祈る!!!!!!」

d0017381_2402186.jpg「でてこい3人!でてこい麻生!!
麻生邸リアリティツアーの不当逮捕に抗議する集会」

[日時] 2008年11月6日(木)19:00-
[場所] 総評会館203号室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
[主催] 麻生でてこい!! リアリティツアー救援会

d0017381_233167.jpg「イルコモンズの「もうひとつの世界は
いつでもとっくに可能だ」ゼミナール」

[日時] 2008年11月8日/22日/12月6日/13日
16:00-18:00 全4回/受講料10,000円
[場所] アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11東洋ビル
[講師] イルコモンズ(マルチ・アクティヴィスト)

「本講座は『オルタ』2007年2月号から2008年2月号にかけてに連載されたイルコモンズ(小田マサノリ)のコラム「もうひとつの世界はいつでもとっくに可能だ」のゼミナール篇です。元・現代美術家で、民族史家で、アナーキストのイルコモンズが、さまざまな抵抗の現場で目撃し、また自らも参加・実践してきた同時代の多様なメディアとフィールド(映像・デモ・音楽・キャンプ・現代美術・ブログ・インフォショップ)における「抵抗の表現」と「共有」の可能性についてお話しします」
[PR]
by illcommonz | 2008-11-01 02:46
<< ▼さよならG8・ザ・ムービー ▼文化人類学解放講座「世界三大... >>