Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼文化人類学解放講座・公開講演会
d0017381_1161312.jpg公開講演会「文化人類学の現在」
[テーマ] 文化人類学の現在
[講師] フランソワ・ラプランティーヌ
(リヨン第二大学人類学教授)
[通訳] 三浦信孝 (中央大学教授)

[日時] 2008年12月10日(水)15:00-16:30
[場所] 中央大学多摩キャンパス3号館3114教室
(「文化人類学解放講座」にて)

「人文科学研究所主催の公開講演会を開催いたします。研究員以外の先生方、大学院生・学生の参加も歓迎いたしますので、お誘いあわせの上、ご参加いただければ幸いです」
[企画] 人文科学研究所研究会チーム「総合的フランス学の構築」

----------------------------------
[講義ノート]
・人類学は「映画」と「精神分析」の発明とともにはじまった。
・西欧文明の「脱構築」の学問であった。
・人類学は観察したものをエクリチュールに変換する学問であった。
・見る側/見られる側という関係を解体する「まなざしの革命」を起こした。
・今日、人類学者には「社会的アクション」への参加が期待されている。

ということで、今週の講義は、19世紀末、「映画」と「精神分析」の発明とともに、「未開社会」の観察からはじまった「文化人類学1.0」の概論でした。来週は、21世紀の現在(いま)、グローバリゼーションとインターネットの時代に、国や民族をこえて共有される文化の観察から、もういちど、はじまりつつある「文化人類学2.0」の今年度最後の講義です。「もうひとつの世界」をテーマに、最後の最後までとっておいた、とっておきの映像をぜんぶ残らず上映します。
[PR]
by illcommonz | 2008-12-12 01:17
<< ▼今週の入稿 ▼しわしわのしわす >>