Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼[再掲載] イルコモンズ童話「クリスマスはナンニモナイ」
d0017381_1023649.jpg
「あははは。」
「おい、イルコモンズ。」
「なんだ、ちびこもんず。」
「クリスマス、おわったよ。」
「終わったね。でも、心配しなくっていいよ、
今年のが終わっても、また来年のがくるから。」
「クリスマスのケーキ、たべそこねたよ、ぼく。」
「食べなかったね、クリスマスのケーキ。」
「クリスマスツリー、かざりそこねたよ、ぼく。」
「飾らかなったね、クリスマスツリー。」
「クリスマスのうた、うたいそこねたよ、ぼく。」
「歌わなかったね、クリスマスのうた。」
「サンタのじいさん、こなかったよ。」
「こなかったっけ?サンタのじいさん。」
「ぼくのくつした、からっぽだったよ。」
「からっぽだったんだ、きみのくつした。
でもね、クリスマスじゃないときだって、
プレゼントをあげたりもらったりできるんだから、
クリスマスの日くらいは、"プレゼントはなし"
ってのも、わるくないもんだよ。」
「なーんにもなかったよ、クリスマス。。。」
「なーんにもないクリスマスだったね。。。」
「・・・・」
「なーんにもなかったのはだね、
きみとぼくがいれば、あとは、
なーんにもいらないからだよ。」
「・・・・」
「・・・・」
「おい、イルコモンズ。」
「なんだ、ちびこもんず。」
「おとなのくせに、絵本のよみすぎだ。」
「あははは、そうだね。」
「おい、イルコモンズ。」
「なんだ、ちびこもんず。」
「ちょっと、だっこしてくれ。」
「よし、きた。」
「ぎゃははははははははっははははは!」
「あははは。」
「やめろぉぉぉ、死ぬぅー、くすぐったぃ、やめろー」
「愛してる、って云うまで、やめないよ。」
「ぎゃははは、あはは、あは、あいしてるぅ。」
「よーし、さあ、クリスマスは終わったから、もう寝なさい。」
「おい、イルコモンズ。」
「なんだ、ちびこもんず。」
「ねるまえに、おはなししてくれ。」
「どのお話がききたい?」
「あのおはなし。」
「おくりものはナンニモナイ?」
「そのおはなし。」
「よし、きた。では、ものがたりの、はじまりはじまり。
"きょうは、いつもと、ちがうひ"...」

(うた)
「聖歌隊のコーラスが流れてる
 鐘も響いてるクリスマスです
 夢にみた、何にもなれず、
 出会いは、君の夢も、うばった。
 だけど、いまも、僕のなかに、
 持ちつづけてる、君とともに…」

(「イルコモンズのふた。」(2007年12月26日より)

--------------------------------------------
[追記1] 高円寺のデモの最後に陽光くんも云ってたけど、
クリスマスがきらいなわけではない。きらいなのは、
商業化されたクリスマスで、やみくもに消費を扇動する
ビジネス・イベントとしてのクリスマスを粉砕し、
それとはちがう、別のものにもどしたいだけのことだ。

[追記2]
「母親に会いに行くため消防車を盗みました」
「サウスソルトレーク警察は、クリスマス休暇でワシントンに帰省するため、消防車を盗んだ男(25)を逮捕した。警察によると、消防隊員たちは、50万ドル(約4500万円)の消防車がクラクションを鳴らしながら署から走り出すのに気がついた。隊員たちは消防車に追いつき、運転席にいた男としばらくの間、もみ合った後、最終的に屈服させ、駆けつけてきた警察官が男を逮捕した。警察の取調べに対し、男は「クリスマスにワシントンに住んでいる母親に会いにいこうと思った」などと供述しているそうだ。(2008年12月25日)

赤い色の消防車をみて、「これだ!」と思ったにちがいない。
[PR]
by illcommonz | 2008-12-26 10:02
<< ▼246表現者会議一周年祝祭鍋 ▼[再掲載]「クリスマスの本」 >>