Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼まちがいは、どこへゆくか
d0017381_23414722.jpg「あなたの聞いているのとは別のもうひとつの太鼓をきく」
というイルコモンズが書いた評論文の載った雑誌がでた。
いまごろ本屋に並んでるはずだ。

「鶴見俊輔 いつも新しい思想家」河出書房新社
「戦後思想の中心であり、今日ますます重要性を
増している鶴見俊輔。いま新たに、その軌跡と思想
をたどり、核心と可能性に多面的に迫っていく入門
書にして決定版。対談・執筆=中井久夫、吉本隆明、
黒川創ほか」

ほかに、四方田犬彦、海老坂武、上野俊哉、福住廉、酒井隆史、松本麻里といった人たちが文章を書いている。ちなみに「限界芸術の今日的アクチュアリティー」(文=福住廉)では、高円寺「素人の乱」の陽光くんのことがとりあげられていて、「山下陽光こそ、限界芸術の今日的アクチュアリティーをもっとも如実に体現していると思われる」と評されていた。なるほど同感。さすが福住廉は目配りがゆきとどいている。「ポスト〈帝国〉アート」時代の新たな美術批評の波が起きることを期待せずにはいられない。それはともかく、この本でいちばんよかったのは、「鶴見俊輔自選アンソロジー」のなかでみつけた次の詩句だった。

 まちがいはどこへ行くか
 遠くはるかに
 世界をこえて
 とびちってゆく
 世界はなんと小さく見えることか

 錯誤をだきとることの
 できるものは
 なんとおおきいか

 鶴見俊輔「まちがいはどこへゆくか」

ということで、今年の書きもの仕事はこれでうちどめ。ふりかえってみると、今年は「現代思想」「美術手帖」「VOL」「インパクション」「オルタ」のほか、「素人の乱」に文章を書き、いくつか本の装丁もやったが、結局、自分の本は今年もでなかった。たぶん来年もでないだろう。そもそも「本屋のどの本棚(テーマ・カテゴリー)に並べればよいか分からないようなシロモノは本にならないし、売りものにならない」という、新自由主義的で、売り場(市場)原理主義的な規範はいまなお健在である。これまで何度か本を出す話はあったが、かならず最後はいつも、こういう理由で企画が流れた。もういっそのこと、ここまできたからには、このまま本を出さず、日々、ネットという「世界最大の公共図書館」に際限なく文を寄贈し続けるというのも、わるくない考えかもしれない。いまはまだ過渡期で、本として出版されたものが、もっぱら評価の対象となっているが、「Web2.0」以後の人文・社会科学の世界では、ウェブ上にあるものも本と同等のもの、あるいは、本以上に検索・参照されるべきアーカイヴ・ドキュメントとして扱われるだろう。今のこの過渡期をうまくやりすごして、このまま本を書かずにすますことができれば、勿怪の幸いである。「万国の著書なき書き手たちよ、あともう一歩だ」。目利きの出版社や腕利きの編集者に恵まれない、いま・そこにいる著書なき書き手たちに幸あれ。かくしてイルコモンズの著書なき乱筆活動は、来年(そして、たぶん再来年も)もつづく。

[参考]

▼「コミュニケーションの未来(The Future of communication)」
http://www.youtube.com/watch?v=iu0ztxdsFis


▼「デジタル民族誌・Web2.0の世界(The Machine is Us/ing Us )」
http://www.youtube.com/watch?v=NLlGopyXT_g
[PR]
by illcommonz | 2008-12-27 23:49
<< ▼お正月に、日本(もしくは実家... ▼歳末デザイン奉仕 >>