Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼新聞、新聞、新聞だよ。
d0017381_2112557.jpg
▼[鼎談] 小田マサノリ×成田圭祐×山川宗則 
「アクティヴィズムの回顧と展望―アクティヴィズム2.0に向けて」
「図書新聞」No.2905 2009年02月14日 (第一面~第三面)

今日の新聞ですが、一週間売ってます。
駅のホームや売店ではなく、本屋さんで売ってます。
文芸雑誌のコーナーにあります。定価240円です。
第1面から第3面まで全5段ぶちぬきで一挙全文掲載です。
アクティヴィズムの話で紙面占拠してます。3人でやりました。
図書新聞のウェブサイトで、冒頭部分をよむことができます。

「昨年、この国でサミットが開催されたということを忘れてしまいそうなくらい、九月以降の金融危機とネオリベ派の「自壊」はたしかに衝撃的だった。その後もガザ侵攻、フランスでの大規模デモなど、「変化」の兆しは日々見え隠れしている。こうした状況の中、小田マサノリ、成田圭祐、山川宗則各氏に「新たなアクティヴィズム」の展望を語ってもらった。(須藤巧・本紙編集)」

▼「第三のサイクル」と「深い軽蔑の対象」
小田 洞爺湖サミットが終わって半年が経ち、年が変わりました。当時、首相だった福田は、結局、サミットで宣言したことを何ひとつ実行しないまま辞職し、その後、ニューヨークで起きた株の大暴落による金融危機で、世界はかつてないほど激しく揺らいでいます。国内でも派遣労働と貧困の問題が顕在化し、これまでG8が推し進めてきた「新自由主義」の誤算と終焉が語られはじめています。最近では中谷巌のような新自由主義派の経済学者までが「構造改革は誤りだった」と懺悔しています。かたやガザではイスラエル軍がまたしても暴虐きわまりない攻撃をくりかえし、ガザに壊滅的な被害を与えました。これに対して世界中で激しい抗議の声があがり、連日、世界各地で激しい抗議デモが行われました...(つづく)
[PR]
by illcommonz | 2009-02-07 08:12
<< ▼「土足OK - KICK A... ▼書き順がちがう >>