Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼オンボロ政府のために
d0017381_23525179.jpg
「だいたいからして、パパにはお金があるの?」
「もちろん、あるさ」
「どのくらい?」
「1万ドルさ」
「まぁ、パパ、たいへんなお金ね」
「ところが、あいにくと、それは残らず政府に
もってゆかれることになってるんだ」
「どうして?」
「税金さ」
「どのくらい、納めなきゃならないの?」
「そうだね、この前の計算では、ざっと5万だった」
「5万ドルってこと?」
「そうだ」
「パパ、そんなことをするのはどういう人なの?」
「税務署のことかい?税務署は税務署さ」
「そんなことするひと殺しちゃえばいいのに」
「そうしようか?」
「うん、だって、あんまり勝手なんだもの。
オンボロ政府のために、パパのお金を根こそぎ
とろうっていうんだから」
「まったくだ」
二人は五番街をずっと歩いていった。
(ウィリアム・サローヤン「人生の午後のある日」より)

というわけで、確定申告して還付されることになったお金は、ながらく滞納していた市民・都民税(延滞金込み)と健康保険料に残らず消えることになった。こんなオンボロ政府の、こんなデタラメのために、である。

d0017381_23572269.jpg「中川前財務相のG7チャーター機 4100万円と判明」
「引責辞任した中川昭一前財務相がG7の開かれたローマ出張に使用した民間チャーター機の料金は4100万円だったと、財務省が2009年2月26日明らかにした。衆院予算委員会で川内博史議員(民主)の質問に答えた。それによると、中川氏を含め、日銀からの派遣11人など総勢20人がチャーター機などを利用した。総費用は6000万円で、20人分の宿泊費 1300万円なども含まれている。これに対し、与謝野財務相は「国会の予算審議に支障がないようぎりぎりまで見極め、国際会合に遅滞なく出席できる日程とする必要があり、やむを得ない措置だった」と答弁した。一方、川内議員は、チャーター機出発の2時間後に、イタリア航空会社のローマ直行便があったと指摘。最も高いビジネスクラスで往復約94万円だったことが明らかになった」(毎日新聞 2009年2月26日)

これはもっとすごい。

d0017381_23531956.jpg「年金運用
損失5.7兆円 過去最大」

「厚生労働省所管の年金積立金管理運用独立行政法人は27日、08年10~12月期の年金資金運用結果を公表した。市場運用分は収益率マイナス6.09%で、四半期ベースで過去最大の赤字幅となる5兆7398億円の運用損となった。08年4~12月期で8兆6738億円の赤字と、通期で過去最大の赤字だった07年度の5兆8400億円を既に上回っている。年金資金は01~07年度で累積黒字が約10兆3400億円あったが、08年4月からの9カ月間で約1兆6700億円に目減り。株価は年明け以降も下落傾向にあり、年度末には黒字をすべてはき出してしまう可能性もある」(毎日新聞 2009年2月27日)

5,739,800,000,000円をパーにしたということである。この勢いで年金を崩壊させ民営化するつもりなのだろう。
[PR]
by illcommonz | 2009-02-28 00:00
<< ▼イルコモンズのおかしなクラリネット ▼パッキャマラド >>