Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼イルコモンズのおかしなクラリネット
d0017381_0444841.jpg高橋管楽器は大久保の住宅地のなかにある。
ガラス戸をあけるとすぐに古い作業台があって、
修理を待ってる古いサックスがたくさんあった。
クラリネットをみてもらうと「キーがもどらないのは、
木製の本体にとりつけてある台座が歪んだからで、
木は生きものだからね」とそう教えてくれた。
修繕をおねがいすると、ものの1時間ちょっとで、
見事になおしてくれた。代金は2,000円。
なおしてもらったのは一番最初に手にいれた
ベルのないクラリネット。ベルがないと正確な音程
がでないので、プロなら(あるいはセミプロでも)
「これはもう使いものにならない」と云うだろうが、
プロになるつもりはないし、これがいちばん手に
なじんでるのでずっと愛用してると、そう話すと、
バカにせず、ちゃんとなおしてくれた。

「一級のプロから始めたばかりのアマチュア様まで、幅広い世代の方にご来店いただいて
おります」というのは本当だった。そもそも、みんながみんなプロのマネをすることはなく、
アマチュアにはアマチュアの楽器のたのしみ方があってよいはずだ。すこしくらいおかしな
ところや欠けたところがあってもいいじゃないか。そういうものを好む人間だっているのだし、
そもそもそれが趣味というものだ。なんだかうれしくなったので、久しぶりにキー磨きをした。
これとは別にあともう一本、こわれたクラリネットを改造してつくった「ちびくらりねっと」を
もってる。これは管が半分しかないので、ドから下の音はでないし音程もおかしいが、
リュックのポケットにさして、気軽にどこでも持ち歩けるので、とても気に入ってる。もし、
おかしくなったときは、高橋管楽器にもっていってみてもらおう。

-----------------------------------------------------------

d0017381_1372172.jpg[追記]
「ちびくらりねっと」があると
これができる。写真は、去年
対談した大熊(ワタル)さんと
ジンタらムータ。2005年の夏、
中野でやった「ユーガーデーン」
で見て以来、自分でもやってみ
たいと思ってるのだが、いまだに
この二本吹きはマネできない。
[PR]
by illcommonz | 2009-02-28 00:57
<< ▼3月はマーチの月だから ▼オンボロ政府のために >>