Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼いるといらの「現在のアクティヴィズムとアートの親和性」


▼「ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1」上映会+
 トーク「現在のアクティヴィズムとアートの親和性」
[日時] 2009年4月24日(金) 開演19:30 終演22:30
[場所] 東京・新宿ネイキッドロフト
[料金] 1,000円(+ワンドリンク)
[ゲスト] 早川由美子+成田圭祐+イルコモンズ

「急遽決まった、ドキュメンタリー「ブライアンと仲間たちパーラメント・スクエアSW1」の上映に加えて、監督でもある早川氏とIRAの成田氏、言わずと知れたイルコモンズ氏の三者のトークが決定!!トークでは「デモクラシー・イン・アメリカ」の話題から、国内外の最先端のアクティヴィズムとアートの親和性などについてトークし、その実践と可能性を探る!」

早川由美子
「ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1」監督。東京都出身。成蹊大学法学部、London School ofJournalism卒業。会社員を経て2007年に渡英。ロンドンでジャーナリズムを学ぶ傍ら、反戦活動家BrianHaw氏らと出会い、彼らを記録することを決意。ロンドン各地のあらゆるデモ活動に参加、撮影した経験を持つ。本作品は、初監督作品である。

成田圭祐
1976年生まれ。現在進行形のカウンターカルチャー・社会運動に関する情報、物、そして人が、国内はもちろん海外からも集まるインフォショップ「イレギュラー・リズム・アサイラム」を運営。

小田マサノリ/イルコモンズ
現代美術家、アナーキスト人類学、メディア・アクティヴィスト、音楽活動家、東京外国語大学AA研特任研究員、中央大学文学部兼任講師。

d0017381_17283025.jpg▼「ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1」
(Brian & Co. Parliament Square SW1 )
[監督・撮影] 早川由美子
[編集] 早川由美子+Paul Wright
[音楽] YANEKA/Paul Wright
2008年 97分 カラー 日本語字幕つき
[公式サイト] http://www.brianandco.co.uk/
▼「ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1」の内容
「ブライアン・ホウは、2001年6月2日にパーラメント・スクエアで抗議活動を始めた。彼は、このロンドンのど真ん中で、「イラクの子供たちを殺すな!」「嘘つきブレア!」などと書かれた大きなプラカードや横断幕を堂々と掲げ、年中無休のデモを展開している。ブライアンがこの場所で抗議活動を始めて以降、世界中から彼を支持する人々が訪れ、平和を願うメッセージやプラカードを彼に託していった。それらは日々増殖し、やがてパーラメント・スクエアの横幅40mまで広がる、大きなディスプレイとなった。さらに、彼と共にテントを張って寝泊りをしながら抗議活動をするサポーターたちも現れ、現在、国会の目の前には常に10前後のテントが張られている状態だ。これまでに、イギリス議会は何度もブライアンをパーラメント・スクエアから追い出そうと試みてきた。議会は2005年にSOCPA法(重大組織犯罪及び警察法)を制定。この法律は「パーラメント・スクエアの半径1km圏内で抗議活動を行う場合には、事前に警察の許可が必要」という内容のもので、ブライアンの排除を目的として制定された法律といわれている。その法律の下、彼の40mのディスプレイは警察によって奪われ、抗議活動には様々な条件が課せられることとなった。サポーターの人数の上限、スピーカーマイクの使用時間の制限など、一方的な条件を加えられ、その条件違反を理由に何十回も逮捕されながらも、彼らは独特のユーモアとアイデアで対抗しながら、今日まで抗議活動を続けている。彼らの存在は社会的にも注目を集め、ブライアンは、2007年に、イギリスのテレビ局・チャンネル4の視聴者投票によって、「政治的に最もインスパイアされる人物」に選ばれた。さらに、奪われてしまった40mディスプレイが、アーティストのマーク・ウォリンジャーによって再現され、イギリス現代美術界最高の賞・ターナー賞を受賞するなど、彼らの活動は今や社会現象にまでなっている。」

[配布資料] ▼イルコモンズ編「国家ブリテンについて」
d0017381_1736535.jpg
▼「2007年ターナー賞受賞者はマーク・ウォリンジャーに決定」
「ある時は反戦キャンプの復元者、またある時はクマのぬいぐるみを着たパフォーマー、昨年12月3日に発表された「ターナー賞07」の結果は、表現方法を変幻自在に変えながら、美術表現に社会の諸問題を巧みに取り込んできた頭脳派プレイヤー、マーク・ウォリンジャーに軍配があがった(...)。受賞者のウォリンジャーのノミネート理由となった作品は、反戦プラカードやポスターなど600点で構成された長さ40メートルの大作インスタレーション《国家ブリテン》。反戦活動家のブライアン・ホーが使っていたキャンプのレプリカという政治的意味合いの濃い作品だ。ホーは2001年から5年間、政府によるイラクへの経済制裁に異議を唱え、国会議事堂前の広場にキャンピング装備を持ち込み、泊りがけの抗議を敢行。今も活動を続けているが、05年に議事堂から半径1キロメートル以内でのデモ活動を禁じる法案が通過して、キャンプは強制撤去された。ウォリンジャーは、撤去前に撮影した何百枚もの写真をもとにそのレプリカを制作し、昨春、議事堂からちょうど半径1キロ地点にあるテイト・ブリテン内に展示した。今回は、作品のもつサイトスペシフィックな意味が失われてしまうために《国家ブリテン》自体は展示できず、代わりにベルリンの美術館のなかを夜通しクマの格好をしてうろつくパフォーマンス映像を上映した、展覧会は開催当初、一部で不評を買った。しかし、最終的には、ウォリンジャーの《国家ブリテン》と彼の受賞に救われたようだ。現実社会との接点を奪回した時勢にふさわしい作品と、さまざまな方面から拍手喝采されたからだ。」(伊東豊子「海外のアートシーンから・リバプール+ロンドン」『美術手帖』2008年2月号より)

[関連]
▼「帝国」に抗する「もうひとつの現代美術」(「イルコモンズのふた」2008年2月15日)
http://illcomm.exblog.jp/7261606/

d0017381_1734380.jpg
▼ブライアン・ホウの活動を支援するバンクシーのグラフィティ


▼チャンネル4「「政治的に最もインスパイアされる人物2007」受賞式


▼マーク・ウォリンガー「国家ブリテン」

------------------------------------
[参考1]
d0017381_1736378.jpg
▼「殺すなアンデパンダント」展(2003年 原宿・康ギャラリー)

[参考2]
d0017381_1748034.jpg
▼イルコモンズ撮影「にっぽんの国会 〇六年十二月十五日」(ドキュメント映画・未公開)
[PR]
by illcommonz | 2009-04-23 17:49
<< ▼役立たずたちの祭典「高円寺一... ▼イルコモンズ活動予報 >>