Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2005年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
▼イルコモンズ憲法
d0017381_15334127.jpg"国権の発動たる戦争を永・久・に・放・棄・す・る"
ことをうたった「日本国憲法第9条」は、現実には
実現することがむずかしい………か、ら、こ、そ、
それは、政治の常識や世界の現実に囚われずに
「夢の政治」や「オルタな世界」について考えさせ、
想像させてくれる、メガポリティカルな思考の為の
実験詩であり、こういうすぐれて前衛的で、かつ、
コンセプチュアルな反戦詩を、そのまんま憲法に
しているポエティカル・リーデッドな国は、いま、
この地球の上のどこをさがしても、日本以外には、
まだないので*もし、どうしても、これを改憲する、
というんなら……

「もっと、よりラディカルに、よりファンダメンタルに、よりアヴァンギャルドに」

改憲してもらいたいものだ、という提案をしたときに#、その具体的改憲案を、
「今年の夏休みの宿題として考えてみる」と云ってたのを思い出しましたので、
夏休み最後の日の今日、それを書いてみました。

そもそも「現実にあわないから」とか「実現がむずかしいから」なんてことを、
モノを手放す理由にしてはいけないのであって、そんなことを云いだしたら、
文学も詩も映画も演劇も漫画も学問もなにもかしこもみんな手放さなくては
ならなくなりかねない。政治だって同じで、ファンタジックな憲法なんてのが
あってもいいんじゃないかと、イルコモンズは思うわけです。

ということで、以下、第一草案です。 

------

■ザ・新日本憲法第9条ウルトラメガミクス
 (平成17年8月31日イルコモンズ起草案)

第9条:戦争の放棄
日本に暮らすものは、何ぴとたりとも、
国権の発動たる、国家による戦争を、
まったく完全に、かつまた全面的に、
わけても根本的に、とことん、
これを放棄し、たとえ、
誰が何と云おうとも、
何が起きようとも、
一切関知せず、
国家による、
あらゆる種類の、
あらゆる形態の、
あらゆるすべての、
戦争という戦争の、
その一切合切の、
全部すべてを、
端から端まで一ミリも残さず、
上から下までひとつの特例も認めず、
最初から最後までひとつの例外も許さず、
絶対的かつ未来永劫的に、
最後の最後の最後のそのまた、
最後のひとつにいたるまで、
無限に、
廃棄し、棄却し、
抹消し、消去し、
破壊し、分解し、
解体し、廃絶し、
根絶して、
自分でたたかう。

------

これ、実は、小学生のときの夏休みの自由課題で
これとほとんど同じようなものを作文したことがあって、、
その時の記憶と感触を呼びもどしながら、
それよりもよりハードボイルド・タッチに書いてみました。
もともとルールや決まりをまもるのが苦手な人間が、
その自分でもまもれるように考えたものなので、
かなりハードコアなものになってます。

次は、この条文にふさわしい文字組みと
カット画とレイアウト・デザインを考えてみようと
思ってますので、このブログをご覧の方で、
漫画が描ける方がいらしたら、
イルコモンズまでご連絡ください。
経験・実績・資格一切不問。
プロ・アマは問いませんが、
アマチュアを優先します。

______________________________________
*参考までに、世界であともうひとつの「平和憲法」を持つ国、
コスタリカの憲法は、こうなってます。

d0017381_142249100.gif■コスタリカ憲法 第12条
「常備機関としての軍隊は禁止される。公共秩序
の監視と維持のために必要な警察力を置く。米州
の協定によって、あるいは、国家の防衛のために
のみ、軍事力を組織することができる。いずれの
軍事力も常に、文民権力に従属する。軍隊は、
個人的であれ、あるいは集団的な形であれ、声明
あるいは宣言を討議したり、発表したりしてはならない」*


▲映画「軍隊をすてた国」(2001年)

*新藤通弘「最近のコスタリカ評価についての若干の問題」
『アジア・アフリカ研究』 Vol.42(1) No.364 2003年より
[PR]
by illcommonz | 2005-08-31 16:12
▼イルコモンズもたまには、
d0017381_172278.jpg
「アジア・アフリカ・ドキュメンタリー映画会議二〇〇五~暴力をみつめる眼」
(2005年9月23日-24日 東京大学)

 こういうオーソドックスな堅気のデザインで日銭を稼ぎ、
 「定職なき無職こそ神が我らに与えし天職なり」と日々、
 神をのろいたおしながら、健やかなるときも病めるときも、
 夜勤→日勤→非常勤→内職→夜勤→日勤→非常勤→
 内職→夜勤→日勤→非常勤→内職→(以下省略)と、
 専業なきプロレタリア労働に明け暮れる、とりこじかけの
 こまどり兄弟暮らしでしたが、そろそろ、このへんで、
 手に職をつけ、腰をすえて手がけてみたい、とそう思う、
 "第二の天職"が見つかりましたので、そのスジとその
 方面にむけて求職活動を開始しました (つづく)。
[PR]
by illcommonz | 2005-08-29 17:05
▼イルコモンズ公開公式文書
d0017381_17515068.jpg
(つづき)
で、これがイルコモンズの正真正銘の履歴書(*部分)です。
写真もふくめ、記載事項はすべて事実に相違ありません。
このブログは mixi と連動しているので、もし人材としての
イルコモンズに関心のある方がいらしたら、雇用の動機と
その理由を400字以内にまとめ、メールでご連絡ください。
厳正なる審査の上、追ってこちらからA4サイズで22頁の
PDF版をお送りします。なお希望の就業先は大学ならびに
成人(未成年者も含む)を対象とした各種教育機関(学園、
教習所を含む)です。幅広い思想および情操教育の現場
からのご応募をお待ちしております。以上。
[PR]
by illcommonz | 2005-08-29 14:54
▼この本は本当によかったのに……
d0017381_13142813.jpg盆明けからはじめた「バ ング ント展」への介入に
つい夢中になってて、なにか忘れてる、ような
気がしてましたが、やっぱり、忘れてました。。。。
8月20/21日はABC本店のブック・フェスでした。
さっき、ハチドリの巣のようになった郵便箱の中から、
「この本は本当にいい・夏編(全2巻)」を発見し、
"あとのまつり"な気分で、読みかえしてます。

名前に見覚えのある人だけざっとあげると、
イルコモンズの他に、こんな人たちが書いてました。


青木淳、赤瀬川原平、糸井重里、大橋歩、角田光代、川内倫子、
工藤キキ、島尾伸三、辛酸なめ子、祖父江慎、谷川俊太郎、
長島友里枝、森山大道、ヲノサトル(敬称略)

この冊子の配布も、もうとっくに終わってると思うので、
イルコモンズが担当した部分だけ、ここに採録します。
(*採録ついでに、少し書きなおし、リンクもはりました)
-----------------------------

「この本はほんとうにいい 夏編1」
……………………………………………………

d0017381_14483730.jpg 『nu』 01号 岸野雄一+宇川直宏+
 中原昌也+ムードマン+山辺圭司+
 松永耕一+野界典靖+虹釜太郎+
 田口史人+渡辺正+大友良英 
 精興社 2004年


夏と云えば……海や山での遭難事故ですが、この本を読んでたら、
高円寺のマニュエラ・レコーズにあった「世界の大惨事」という
コーナーのことを思い出しました。思わず「この世には神も仏も
ないのか!」と天をあおぎたくなるような、凄まじぃいぃいぃ音楽の
事故の数々。魔がさしたとしか思えないような悲惨な歌声の数々。
この世にはまだまだ僕らの知らない未知なる音の世界がある、
ってことを思い知らせてくれる禁断の真夏の夜の怪談二話収録。
……なんてことを書いてたら、そのマニュエラ・レコーズが今度は、
「その他の音盤」専門のレコードショップSONOTAを宇田川町に
開店した、との情報をキャッチ。あ、ぁ、あ、ぁ、いかなくちゃ、また、
塩化ビニールの蟻地獄に堕ちてゆく夏。
……………………………………………………

d0017381_14501431.jpgECD
『ECDIARY』 
レディメイド・インターナショナル
2004年


夏と云えば……海か?山か?いや、まずは本屋、それが正論♪
(ですね、ABCさん)。行きたいなー、また、こんな曲でも流しながら 
♪みーんなそそのかされちまう、つーいつい流されちまい、ましたね、
スチャダラの「サマージャム'95」から、今年はなんと、もうはや10年。
その10年のあいだに僕らが、どんな風にそそのかされ流されてきて
しまったか、ECDのこの日誌を読むとよーく分かる。それは誰のせい? 
それはあれだ!あの帝国からんだとたんだ!しのびよる帝国の影!
リーグ・オブ・レジェンド・ダーティ・テン・イヤーズ・アフターの夏必読の、
ラッパーズ・デイリー・ライト。
……………………………………………………

d0017381_14543140.jpg青木淳
『原っぱと遊園地
~建築にとって
その場の質とは何か』
王国社
2004年

夏といえば……今年のお彼岸はデリダの初盆です。そのデリダがまだ
亡霊になる前のこと。建築家のピーター・アイゼンマンにむけてデリダは、
こんな挨拶の手紙を書きました。「どうして、アイゼンマンは、こんなに
よい本を書くのか?」。このことばをそっくりそのまま転送したいのが、
この本。「どうして、青木淳は、こんなによい本を書くのか?」。そして、
もしも、あなたが、「今日これからここで何が起きるかわからない」という、
あのアルシックな夏休みをもう一度体験したければ今すぐこの本を買って
エスカレーターをのぼり左に曲がって表参道の交差点を左に進むこと。
そこがスタート地点で、そこから先は何が起きるのか分からないワイルド
サイドを歩け。そう、あのサウンドデモの夜、たしかにそこは原っぱだった。
……………………………………………………

d0017381_14571939.jpg笠原和夫・荒井晴彦・桂秀実
『昭和の劇・映画脚本家 笠原和夫』
大田出版
2002年



夏と云えば……あ、おい、そこの若いの、万引きしてでもいいから、
とにかくこの本だけは読んどけ!つべこべ云うな、話はそれからだ。
そう、僕らは、そういう<昭和>が好きだ。「良かった」とは言わない、
「好きだ」と言ってる。どうして好きかというと、みんな貧しかったから、
というのが一番、腑に落ちる。貧しかったからカフェなんてなかったし、
ケータイもなかった。だから街は、ひとつひとつ違った皺の寄せ方を
見せて、昨日から明日に繋ぐ生活があった。生活とは関係のない
スペクタクルや事件で、人びとが互いに警戒し監視しあうようなことは、
なかった。ウソだと云うなら読んでみるとよい。いま、愛知の万博では、
「自然の叡智」や「共生の未来」だなんていってるけど、そんなものは、
半世紀も前の古クサい未来の話だ。バック・トゥ・ザ・フューチャー・
ポーヴェラ!貧乏の叡智と貧しい未来、そのマニュアルがここにある。
……………………………………………………

d0017381_151795.jpg小田マサノリ 「リミックスのやめどころを知る」
五十嵐太郎+リノベーションスタディーズ編
 『リノベーションスタディーズ・第三の方法』
INAX出版 2003年


夏と云えば……これは僕らが書きました。次は「リミックスの泣きどころ
知る」というのを書こうと、いま、ふたりで相談しているところです。以上。
______________________________________________
以上、お買い求めの際は、青山のABCにて、ぜひ、どうぞ。
d0017381_1474510.jpg

[PR]
by illcommonz | 2005-08-29 13:23
▼セ コ ン は語る
d0017381_0443092.jpgどうやら世間に誤解を残したまま
あの世に逝っちまったようで、
どうにもこうにもこのまんまじゃ、
死んでも死にきれませんので、
夏が終わる前にこうして
化けてでてまいりました。
えゝ、兎角、世間では昔から
「蟲にも五分の魂」などと申します。
それで一匹のイルコモンズに満たぬ、
半分のコモンズゆえにセミコモンズ、
これがセ コ ンの名の由縁でございます。

はい、では、ちょうどお時間となりました。これにてセ コ ン の巻、一巻の終わり。
では、いずれ、また、あの世で、おまえも、いっしょに、あ、べ、あ、べ。
(お筆書き=イルコモンズ)
[PR]
by illcommonz | 2005-08-29 00:46
▼「バ  ング  ント」跡展での
d0017381_1953844.jpg
イルコモンズの"介入"(カットイン)に対するアメヤノリミズの"逆介入"(リバースイン)による
介入合体動物「 魔 間、イ ル ア ヤ ズ 」のズ 
(2005年8月24日 P-HOUSEにて)
[PR]
by illcommonz | 2005-08-28 19:08
▼びびびの
d0017381_13235771.jpgねずみ男をめぐる冒険(文=イルコモンズ)が掲載された
『ユリイカ』9月号(特集=水木しげる)が発売されました。
特にしめしあわせたわけではないのですが、同じ号に
掲載された三田格さんの「妖怪の惑星~トテチテターと
ラッパが鳴っても」と、蜂巣敦さんの「ニートな奴ら」と、
僕らの書いたテキストとが、「サボタージュ」や「ニート」
をキーワードにして、なんだか互いにトラックバック
しあってるような、いい塩梅の構成になってました。

つまり、いずれも水木しげるをノスタルジックに読むのではなく、
同時代の世相と連結させてゆくアクチュアルな読みになってました
(ついでに、もうひとつ云うと、この3本は、文章の作法としては、
あまり行儀のよくないコトバ使いや書き方をしてます。もっとも、
三田さんとは、あの行儀のわるい渋谷の「サウンド・デモ」を
一緒にやってきた「よくない仲間」(昔風にいえば「戦友(ただし
「反戦の」)なので、むべなるかな、という感じですが)。

ほかにも石岡良治さんの「水木しげるの新しい学」のおわりのほうにある
「魂の生態系」というところで、繋・ぎ・あ・わ・せ・る・パ・タ・ー・ン・が
インターテクスチュアルに発現していて、おもしろぃなぁとも、おもいました。

それとあと、とり・みきさんのトリビュート漫画「ないしょの話」に登場する
「ユリイカの萩原女史」は、本人を知ってるだけに、あともうちょっとで、
笑い死にするところでした。念のために云うと、すがたかたちは、
ぜんぜん似てないのですが、いい意味での「編集者だましい」が
妖怪に化けて出てきたという感じで、達観だなぁ、と思いました。
ちなみに今回の水木しげる特集号は、その「萩原女史」の
『ユリイカ』での最初の企画編集モノで、これからの女史の
(編集者と漫画キャラ両方での)活躍がたのしみです。

それはさておき、なんといっても、

今回のこの特集号の目玉は、野坂昭如と水木しげるの幻の合作
「マッチ売りの少女」(昭和46年作品・復刻)じゃないかと思います。
これは、イルコモンズの目にも泪の、暗くせつない劇画作品で、
戦後イタリア・ネオリアリスモ映画のそれにも似た
鉛のように重たい読後感があります。

これを何度も読みかえしていたら、今回のテキストに書いた(#)、
「いま・ここ」にある自分の身のまわりの薄ら明るい世界しか見ようとしない
「平成のネオ・リアリズム」からぬけだして、これから僕らがリアルに想像する
ことをはじめなければならない「いま・そのそと」にあるゲゲゲの他者たちの存在
というのは、まさに、こういう見えない(というよりも見えなくさせられている)
世界のことなのだなと、そんな風に思ったのでした。

#ちょうどその該当するくだりを書きとってネットにアップしてくださってた方が
 いらっしゃいましたので、そちらにパスを送ります→「最近の読書録」(8/27)

d0017381_14133340.jpgもし、この作品を読んで、何かビビビと感じる方がいらしたら、
『ユリイカ』を出してる青土社から翻訳が出てる
J・シーブルックの『世界の貧困』を併せて読まれることを
オススメします。

以上、イルコモンズからの、
この夏の推薦図書のお知らせでした。
[PR]
by illcommonz | 2005-08-27 13:24
▼マイ・バニシング・フレンド品川745号リターンズ
d0017381_1861358.gif
【お知らせとお礼】
去る8月21日の「バ  ング  ント」展の"介入展示"のなかで
アナウンスメントさせていただいてた件の「続報」です。
ちょうど六本木で「バ  ング  ント」展がひらかれていた時期に、
同じ東京の別の場所で、本来とがめをうけるはずのないことで
まちがって身柄を拘束され、気の滅入るような場所に長い時間、
ずうっと閉じ込められたままになってたイルコモンズの友だち
(通称「品川745号」)が、ようやく昨日、元気にもどってきました。
結果として、「無実」で、「不起訴」でしたので、この場を借りて、
それをお知らせすると共に、支援のカンパをいただいた方に
お礼を申しあげます。

「8月15日事件救援会」
http://antifa815.podzone.org/
[PR]
by illcommonz | 2005-08-27 01:27
▼「バ  ング  ント」展の
d0017381_2492366.jpg
最終日の特別展示と、
その「跡」展の展示に、
"介入"展示で参加して、
いま、もどってきました。

最終日のみの特別展示と、
その追加展示というのは、
00年の「日本・現代・美術・沈没」のときと
まったく同じパタンで、これで何かが一巡りし、
元めに居た場所にまた環ってきた気がします。

ここはブログなので、
介入の経緯と結末は省略し、
介入記録のログだけアップしておきます。
詳しくはたぶん次号の「美術手帖」にて。


【画像】
■「介入記録用紙」(*改訂版)を拡大してみる→[表] | [裏]
■「バ  ング  ント・カルテリカル・リーディング~間の魔力」
 (a.k.a. シマダマシニカルボイスミックス) をきく→10分49秒 mp3/12.3M
■「たましいの飼育箱」の認識票
■「セ コ ンに捧ぐ」:その虫となりについて
■「 刻のない時報音( 弦波)」の厳重な注意書き
■「平成17年8月21日午後9時」のお報らせとお断り
[PR]
by illcommonz | 2005-08-26 02:54
し、ば、ら、く、き、え、て、ま、し、た、が、
も、う、す、ぐ、も、ど、り、ま、す。
d0017381_19175062.jpg









h tp: /w w.ph us -w b. om/ a /
[PR]
by illcommonz | 2005-08-25 19:18