Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2006年 04月 ( 58 )   > この月の画像一覧
▼イルコモン・ペインティング
d0017381_845053.jpg横尾勲 「都会の一隅」

こないだ、新宿の高島屋で、くまのプーの展覧会を観たあと、
新宿西口・安田生命ビル地下のプロムナード・ギャラリーの前を
ぷらぷら歩いていたら、この絵が展示してあって、つい、ぢっと
見入ってしまいました。といっても同じ苗字の別の作家の絵に
似てるから、というような話ではなく、(それを云うなら、ユトリロ
だって大昔にこういう絵を描いてます)、「Y字路」というのは、
国や時代をこえて、人を、おかしな気分にさせるイルコモンな
気配や空気を発する場所だなぁ、ということです。
[PR]
by illcommonz | 2006-04-30 23:59
▼PLF・プー解放戦線
d0017381_939038.jpg新宿の高島屋デパートで、くまのプーの展覧会を観てきました。
展示の前半はプーのモデルになったハロッズのぬいぐるみを
はじめ、「三方金」(*本の天・地・小口に金箔を貼る装丁)の
初版本や、ウィリアム・モリスのテキスタイルをあしらった記念
本などがありました。後半は、ディズニー版のプーの展示で、
その展示のいちばんおしまいに、総額840万円(消費税込み)
という、金とダイヤとルビーをあしらったプーのジュエリーが
陳列してあって、これをみながら、はるか忘却の彼方にあった、
あるフレーズがふと頭をよぎりました。古いフレーズだけど、
きいてくれ、1よ。もうね、アホか、と、バカか、と、840万円だよ、
840万。これをつくった人間を問いつめたい、小一時間..(以下略、詳しくはここを参照)

で、この840万円のブツと初版本のどちらかをくれるといわれたら、どうするだろう、と
考えてみましたが、考えるまでもなく、答えはすぐ出ました。答えはどちらもいらない。
初版本はたしかに愛らしいけど、もらっても、ちゃんと保管しておく場所がないので、
もらってもこまる。それが結論。

d0017381_9343173.jpg[追記] というわけで、くまのプーに関しては、
ディズニー社がプーのキャラクター使用権を
手に入れた1966年より、ずっと前に、原作者
A・A・ミルンの監修のもとでリリースされた、
この朗読レコードが一番の宝物で、もし火事や
地震がおきたときは、ともかくもこれを持って、
(ちょうどこのジャケットの絵みたいにすたこら、
逃げようと思ってます。

Jack Gilford "Winnie the Pooh:
17 songs from the pooh song book"

これは1950年代のはじめにオペラ歌手のジャック・ギルフォードが吹き込んだレコードで、
「とてもあたまのわるいくまが書いた詩」とか「くまはいつも"ほぉ!"と歌って生きる」などの
詩とうたが収録されてます。ジャケットのプーの絵が不細工なところも、いかにもおおらかで、
好いです。もちろん、これは廃盤で、いまはもうどこのレコード会社からも販売されてないし、
ディズニーといえど、このレコードに関しては口出しできないはずなので、いずれデジタル化
した音源をアップします。
[PR]
by illcommonz | 2006-04-30 22:58
▼諸行無常のゴングがゴーン
d0017381_16112433.jpgネットは百代の過客にして、行きかふ
動画もまた旅人なり、ということで、
金曜のお昼にYouTubeにアクセスしたら、
←こんなお知らせが出てたので、
「あ、なにかやってるんだろうなぁ」
と思っていたら、案の定、グリース・
モンキーや get_video.php?video_id=
が使えなくなったようです。まさに、
ストリーミングの流れは絶えずして、
しかも、もとのシステムにあらず。

よどみに浮ぶイメージは、かつ消え、かつ結びて、ひさしく、とゞまることなしですが、
蛇の道はへび、JAHの道はレゲェで、KeepVid はサヴァイヴしたようです。
[PR]
by illcommonz | 2006-04-30 16:35
▼世界で最も美しい本にさわる
d0017381_2017462.jpg印刷博物館の「世界で最も美しい本
1991-2005」展をみてきました。
どれが「最も美しいか」はさておき、
この4冊の本がいいなと思いました。

Heinz Ludwig Arnold
"Arbeiterlyrik 1842-1932"

Rastor-Noton
"oacis: optics acoustics
calculated in second"


Wolfram Frommlet
"Mond und Morgenstern"

Nick J. Swart
"Nobody Forever"


Heinz Ludwig Arnold の本は、この平面写真でみると、なんてことないようですが、
左端にちょっとだけ見えてる黒い表紙の上に、もう一枚、分厚いボール紙の表紙が
とりつけてあって、それが本体よりもひとまわり大きく、ややとびだしているため、
見た目に立体感があり、実際、手にもつとオブジェのような感じがします。この
造本は工芸的というより、建築的な感じがしました。ほかにも同じような意匠の
ものがありましたが、これがいちばん完成度が高いと思いました。

そのとなりは、カールステン・ニコライや池田亮二、スキャナーといった音響系の
音楽作品をリリースしている Rastor Noton レーベルのコンセプト・ブックで、
ここのサイトをみて、音をきけば、どういう感じのものか、察しがつくと思います。

下の段の左の本は「月と明けの明星」というタイトルのこどもむけの絵本で、
表紙だけみると、それほどたいしたことないようですが、うっかりページをめくると、
谷岡ヤスジの漫画みたいに鼻血がブーーーーーーーーと出そうになります。
アシッドな色の配色は60年代のサイケがすべてやりつくしたと思ってましたが、
他にもまだこんな組み合わせがまだ残っていたのかと、思わせてくれる本です。

最後の本は、シルクを使って印刷したインディペンデント・パブリッシング色の
強いジャーマン・グラフィティの本で、いわば、大竹伸朗をポリティカルにして、
デストロイ・オール・モンスターズをポエティカルにしたような感じの本です。

見に行ったのが展示の最終日で、「さわってよい本」のコーナーに置いてある本は、
どの本もさんざん人の手にふれ、いい感じに角がとれ、背表紙や綴じもかなり
くたびれかけてたので、なんら気兼することなく、本をひらいたりとじたりすることが
できてよかったです。気がついたらほぼ4時間近く見てました。

で、こういうきれいなデザインのものをたくさん見たあとの帰り道というのは、ふだん、
あまり気にしないもののデザインまで妙に気になるもので、どこの政党のものとは
いいませんが(ロシア構成主義とすこし関係のある政党です)、ほぼ10mおきに、
壁やら塀やらに無造作に貼られた議員ポスターのデザインと、その配色の酷さが
ことさら目についた日曜の夜でした。
[PR]
by illcommonz | 2006-04-30 16:08
▼「異文化誤解の映画史・予告篇」
d0017381_314599.gifd0017381_314223.gifd0017381_3143310.gif

イルコモンズ監修 (2006年年度「文化人類学解放講座」教材)
[PR]
by illcommonz | 2006-04-27 02:13
▼テレビ消灯週間
d0017381_2145231.jpg
毎年恒例、アドバスターズの「テレビ消灯週間」(4/24-4/30)がはじまりました。
さっき銭湯にいった時、お風呂のテレビで「セレブが10万円のランチを食べる」という
番組をちょうどやっていて、それをみていたら、ちょっと気分が(機嫌も)悪くなりました。
ということで、テレビを消して、テレビでは絶対に流れない(というか放映を拒否された)
このアドバスターズのテレビ・スポットを、どうぞご覧下さい(今年は5本あります)

d0017381_2262735.jpg
ADBUSTERS
「RECLAIM YOUR MENTAL
ENVIRONMENT」
(2006年)
「あなたは生産されたモノだ」
「強迫観念TV」ほか5篇
*ダウンロード・フリー (.mov)
------------------------------------------------------------
[追記] 「メディア・レイピスト」といえば、宇川(直宏)くんがそうですが、
「メディア・アクティヴィスト」といえば、このアドバスターズがそうです。
そして、いつも思うのですが、せっかくフリー・ダウンロードできるのに、
どうしてだれも、これの「日本語翻訳版」をつくったりしないのでしょうね。
これだけ駅前や海外に留学して英語が自由に使えるひとたちが大勢いて、
しかもデジタル・ハリウッドとかIMIとかIAMASとかメディア系の学校を出て、
こういうムービーを簡単に加工できるスキルとリテラシーをもった人たちが
大勢いるはずなのに、どうしてなのでしょうか。。。もし、イルコモンズに、
そのリテラシーとスキルがあれば(あとアプリケーションソフトがあれば)、
速攻でこれに日本語の字幕をつけて「YouTV」とかにアップしたいところです。
そして、そういう反射神経と運動能力を持った人たちこそ本当の「メディア・
アクティヴィスト」だと思うのですが、いないのでしょうかね。。。たとえは、
「ザ・コーポレーション」とかを見て、「何か自分にできることはないのかしら」
と思った人たちには、ぜひこういう「メディア・アクト」からはじめてもらいたい
と思うのですが、いないのでしょうかね。。。それにせっかく、mixi みたいな
ソーシャル・ネットワーキング・サイトがあるのだから、そういうものを活用して、
共同作業でやることもできるはずなのに、いないのでしょうかね。。。

いないのでしょうかね。。。
[PR]
by illcommonz | 2006-04-26 22:07
▼「イルコモンズ・アカデミー補講:リクレイム・ザ・経済」
d0017381_2132340.jpg最近は「エコ」といえば、
「エコロジー」のことで、
「経済」という意味の
「エコノミー」のことでは
ありません。

また「エコノミックアニマル」とか
「エコノミークラス」のように
「エコノミー」というコトバは、
どちらかといえば、あまり人を
痛快でウキウキ・ワクワクな
気分にさせるようなコトバでは
ないようです。

いっぽう、日本語の「経済」というコトバも、別名「ゴーゴー・エコノミー」と呼ばれる
「グローバル経済」や「資本主義経済」、また別名「ネオリベラリズム」と呼ばれる
「市場経済原理主義」といった熟語やコンテクストの中で目にすることが多いせいか、
はっきり云って人気がありません。偏見を承知で云うと「エコノミー」というコトバには、
「がめつさや、しみったれや、ケチ」の臭いがし、「経済」には、おじさんと新聞と株の
臭いがします (ちなみに「エコロジー」にはイルコモンズの好きな「おんなこども」の
臭いがします)。

さて、こないだのイルコモンズ・アカデミーでは「ギフトエコノミー=贈与経済」を
テーマに、トロブリアンド諸島の「クラ」についてのドキュメント・フィルムを見ました。
あのムワリとバギの交換を「エコロジカルなモノの循環」とか「ローカルな交換の
ネットワーク」あるいは「贈与による想像の共同体」といったロマンチックなイメージで
語ることもできるでしょうが、ここではあえて無骨に、クラは「エコノミー」であり、
あれも「経済」であると、そう考えてみたいと思います。そうした方が「もうひとつの
経済は可能だ」というふうに想像することができるからです。そして、イルコモンズが
考える「もうひとつの経済」とは、日本語の「経済」というコトバのもともとの原点に
あったアレのことです。

そもそも「経済」というコトバは、「経世在民」という4文字ことばの略称で、荻生徂徠の
アカデミーにいた荻生狙裸がつくった造語だということは、学校や大学で習う通りです。
「経」というのは「世界の道理や筋道」のことで、つまり人の世のスジをきっちりとおし、
それによって民を「在」らしめ、その救「済」をはかるというのが、「経済」というコトバに
プログラムされた、そのオリジナルのコンセプトです。つまりそれは、なかなかよく
デザインされ、設計されたフレーズで、それだけでひとつの、スローガンになり、
メッセージになり、ポリシーになり、キャッチコピーになりうるようなもので、その当時の
言葉でいうと、それは、いわゆる「世直し」のためのメソッドであり、メディアであり、
セオリーであり、プログラムなわけです。こういうよくできた古いものを放っておくのは、
もったいない話なので、「経済」というふうに、略さず・英訳せず、もういっぺん、
ふりだしにもどって「経世在民」とつづりなおす、そういうコトバのリサイクルから
はじめてみるのはどうかと、イルコモンズは思うわけです。

と、いきなりこんなことを書いたのは、こないだのアカデミーの後に「でも、自分たちに
何ができるのか?何をしたらいいのか?」という質問をうけたからで、それに対する
レスとして、これを書きました。1970年代のNYに「アート&ランゲージ」というコトバを
使ったソーシャルアートの実験がありましたが、例えば、これなんかを手本にしながら、
特にデザインやことばにかかわって生活している人は、その人に「できること」として、
「経済」というコトバの中に眠りこけている「経世在民」の魂を甦らせるようなデザインを
やってみてはどうかと思うわけです。

そう思ったので、さっそく自分でまず実験してみました。

d0017381_2112126.jpg
【実験1】 ニュースの書き換え (*上の画像はイメージです)

[ニュース]団塊世代退職で15兆円の経世在民効果 電通試算 (毎日新聞 4月1日)
電通は、団塊世代(1947~51年生まれ)の07年以降の退職によって、
約15兆3233億円の経世在民効果が生まれるとの試算をまとめた。
07年から5年間は、国内総生産(GDP)を年0.6%押し上げる効果が
期待できるという。(…) 贈与の押し上げ効果では、不動産関連が
約4兆924億円と全体の53%を占めて最も多く、団塊世代が経世在民を
引っ張るとの見方を示した。この他、国内や海外への「退職基金」は、
約1兆1160億円、株式や投資信託などの金融商品の寄贈は約6755億円、
車やバイクなどの高額商品の寄付は約4,040億円。直接的な贈与は
約7兆7,762億円にのぼり、それに伴う幸福の拡大などで、全体の
経世在民効果は15兆円を超えると予想している。

もし、このデンツーの試算が正しくて、15兆円の「経世在民効果」なんてものが
起きたら、さすがにその時は、少しくらいは世界も変わるかもしれませんが、
でも、もしまた、性懲りもなくバブルの時みたいに、アホな消費や、さらに
もっと昔のマイホーム主義に回帰するのなら、その時は、ますますこの団塊の
世代のことをますます呪わしく思わざるを得ませんね。むろん「期待は失望の母」
なので、期待なんてしてませんけどね。

余計なお世話ですが、団塊チルドレンの方は、ぜひ「おとうさん、おかあさん、
もし15兆円あったらどれだけの経世在民ができるか想像してみたことある?」と、
ためしにきいてみて下さい。もちろん期待はしてませんけどね。
[PR]
by illcommonz | 2006-04-26 21:17
▼めがねがない
d0017381_20403999.jpgといっても、ちゃんと鼻のうえに
のってます。この日に壊れてから
今日まで、セメダインで修繕しながら、
なんとか使ってきましたが、さすがに
もうダメみたいで、また壊れました。
いま、手元にセメダインがないので、
とりあえず、輪ゴムでぐるぐる巻きに
して、鼻の上にのせてます。明日は
講義なので、それまでにまたセメダインで修繕しなければなりません。いいかげん、
さっさとメガネを買いかえればよいのでしょうが、ところが、ちゃんとしたメガネがない
のです。というのも、こないだ新宿にでたとき、メガネ・スーパーとか、メガネ・ドラッグ
とか、メガネなんとかとかいう、"メガネのようなもの"を売ってるお店を何軒かのぞいて
みたのですが、レンズとフレームで、6,800円とかいう、かなりいいかげんなつくりの
ファッションメガネばかりで、ちゃんとしたメガネがないのに驚きました。メガネは顔の
まんなかにいつもあるもので、あまり、いいかげんなものをしてると、ただでも信用が
ないところに加えて、さらに信用されないので、あれではこまります。

d0017381_2049257.jpgということで、いっぱい
仕事をして、お金の工面も
できたので、いま使ってる
ものと同じものを買いなおす
ことにしました。といっても、
そんなに高いものではなく、
イルコモンズでも買える
くらいの値段です。

これはCRADLEという名古屋の眼鏡会社がつくってるもので、しらべてみたら、
東京では、青山に支店があって、そこで買えるそうなので、今週の週末あたり、
買いにゆくつもりです。同潤会アパートがどんなふうにリノベーションされたのか、
まだみてないので、ついでに見てきます。
---------------------------------------------------
[追記] 週末の休みに青山のお店にいったら、イルコモンズ愛用のものは、
すでに生産完了だそうです。ホームページに写真があったので、てっきり、
定番製品かと思ってましたが、そうではなかった。まぁ、むかしから、廃盤・
品切のたぐいには慣れてるので、それでもあきらめず、どこかに在庫が
残ってないか調べてもらうことにしました。40分で眼鏡ができるこの時勢に、
酔狂な話ですが、調べがつく連休明けまで待つことにしました。というわけで、
いまもまだセメダインでくっつけたものをかけてます。連休に実家に帰って、
姪たちとあばれるときに壊れないよう、バキバキに補強しておこう。
[PR]
by illcommonz | 2006-04-26 20:57
▼第9を解析する
d0017381_1630593.jpg
「第96条」の定めるところに従い、
「国民投票」になった時に備えて、
「第9」を解析してみました。
「第9」は一体何でできているのか?

「こどものための第9」(アダージョ)を
ききながら解析結果をよむ。


【解析Ⅰ】 日本国憲法第九条の成分解析結果 :

日本国憲法第九条の65%は知識で出来ています。
日本国憲法第九条の9%は野望で出来ています。
日本国憲法第九条の8%は歌で出来ています。
日本国憲法第九条の8%は運で出来ています。
日本国憲法第九条の5%は度胸で出来ています。
日本国憲法第九条の3%は乙女心で出来ています。
日本国憲法第九条の2%は宇宙の意思で出来ています。

................................................

d0017381_1635656.jpg【解析Ⅱ】 全文解析
日本国民は、正義と秩序を基調とする
国際平和を誠実に希求し、国権の発動
たる戦争と、武力による威嚇又は武力の
行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。前項の目的を
達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを
認めない。の成分解析結果 :

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを
保持しない。国の交戦権は、これを認めない。の
半分は信念で出来ています。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。の
18%は祝福で出来ています。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。の
10%は苦労で出来ています。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。の
8%はビタミンで出来ています。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。の
7%は魔法で出来ています。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。の
6%はカルシウムで出来ています。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。の
1%は魂の炎で出来ています。

d0017381_16593452.jpg以上、自動解析ソフト
「バファリン」による成分解析
------------------------------------------------------
[追記] この解析で、第9条をこのまま維持するには、
成分として何が不足しているかが、大体わかりました。
そして何をすればよいかも、おおよそわかりました。
欠乏している成分の補給です。そして改憲派の政治家に
足りないもの、それは「歌」と「乙女心」だと心得ました。
[PR]
by illcommonz | 2006-04-26 17:07
▼ウゴウゴ・コモンズくん
d0017381_1451335.gif はじめてつかったフリーソフトで、
つかいかたが分からないので、
でまかせに手をうごかしていたら、
こんなのができました。

あんまりかわいくないけど、
できてしまったものは、
しかたがないので、
ここに置いてやることにしました。

手にもってるのが、
何なのか気になる。。。
[PR]
by illcommonz | 2006-04-26 15:01