Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2006年 07月 ( 70 )   > この月の画像一覧
▼ヽ(`Д´)ノもう行かねえよ!ウワァァン
「平和に強い考があったと思うのに、親の心子知らずと思っている。
だから私、あれ以来、参拝していない それが私の心だ。」(昭和天皇)

d0017381_23374950.jpg
「YouTubeで「日本人を侮蔑する差別的発言はやめろ」と諭した米国人男性に、
勘違いした日本の一部の2ちゃんねる利用者たちが誹謗中傷の誤爆発言を
くりかえし、仲裁にはいった米国人女性まで陵辱した事件(通称「サンミ事件」)
に関するドキュメント」


平和に強い考があったと思うのに、これだから「男たち」が嫌いなのだ。
だから私、これ以来、参拝しない、それが私の心だ>2ちゃんねる
[PR]
by illcommonz | 2006-07-31 23:44
▼このたびの天皇メモ騒動について
d0017381_2344522.jpg一言だけ云わせてもらうなら、



「あっ、そう。」(昭和天皇)



以上。(*画像はイメージです)

...............................................................................................

d0017381_2381747.jpg[追記] 天皇メモについて「お気持ちわかる」と
云った石原発言について、もう一言云うなら。


「あっ、そう。」(同上)


以上。 (*画像はイッセー尾形です)

------------------------------------------------------------------------
[追記1] 戦時中さんざん政治的に利用されてきただけに、この機械的冷淡さには、
ワケがある。卑しい政治屋の見え透いた魂胆や思惑をはぐらかす、その脱構築的
効果はかなり強力。なにをいわれても、「あっ、そう。」 「これはテロとの戦争だ!!」
とサルがほえても、「あっ、そう。」。「我われはテロには屈しない!!」と犬がほえても、
「あっ、そう。」。「ひるむな、たちあがれ」と都知事がほえても「あっ、そう。」。そして、
「テポドンがくるぞ!!」と(以下省略)で、これはある意味ラジカル・ガンコぢゃないと
できないし、そういう気持ちだったら、イルコモンズにもすこしくらいは分かる。
なにしろ、うるさいサルと犬にはもううんざりだから。

[追記2] あっ、そうそう、この記事に関してだけは、たとえ、なんぴとといえど、
また、いかなるコメントであろうと、それに対するレスは、断固として「あっ、そう。」
なので、悪しからず、よろしく頼む。

[追記3] 文中、ほんもののサルと犬に対して不敬な発言がありましたので、
おわびします。ごめんなさい。一方、サルの大統領と犬の首相に対しては、
「強く遺憾に思うが、謝罪はしない」(イスラエル首相オルメルト)。以上。
[PR]
by illcommonz | 2006-07-31 23:09
▼有無を云わせる知
d0017381_22453856.jpg幸福ということで思い出しましたが、こないだイルコモンズが書いた
「都知事にカルチェ」が掲載された「図書新聞」の通称・表の第一面
(イルコモンズがいつも書くのは「ウラの第一面」)に、大澤真幸
による中沢新一著『芸術人類学』の書評が載ってました。

「対称性の知性とは何か」というのが書評のタイトルで、要約すると、
『芸術人類学』のベースにあるのは、ものごとの中に思わぬ対称性
を見つけだし、そこで対応しあってる何かを敏感に感受し、つねに
「対でものを考える」という「対称性の知性」の探求であり、

このカップリングしてゆくインテリジェンスは、人類に普遍的なもので、さまざまな領域に
それがみられる。「対称人類学」の実践である『芸術人類学は、そうした知性のありかを
探索し、さまざまなジャンルを縦横無尽に横断してゆくフットワークのいい学問だ、という
話で、さらには、この本の論の組みたて方やことばの身ぶりそれ自体が「横断的な知性」
の実在をパフォーマティヴに示しているという読みでした。なお、これは厳密な要約では
ないので、興味のある方は、ぜひ原文にあたってみてください。おもしろかったのは、
この要約の後の最後の論評で、これは要約せず、そのまま引用します。

 「くりかえせば、本書はまさに、対称性の知性の何よりの実例である。これほど
 多様な領域を横断する自由な知性、これこそ、今日の知の世界からはほとんど
 失われているもの、しかし、最も強く求められているものではないか。私は知の
 このような包括性を強く支持したい。もしそれでもここに欠けているものがあると
 すれば、知の歩みを、有無を言わさぬものにする厳密性であろう。要するに、
 中沢新一という知性は、大胆ではあるが、まじめではない」(大澤真幸)

かたや「野生のコモンセンス」と称し、もっと雑種的で通俗的で、かつ政治的なジャンルの
ことどもについて、思いつくまま、連想するまま、口からでまかせに、ふざけたことばかり
書いてるこの「イルコモンズのふた」を大澤氏が見たら、きっと「イルコモンズという知性は、
まじめではない」どころか「イルコモンズはまじめにやれ」と怒鳴られそうだなと思いました。
でも、イルコモンズにも何か云わせてもらえるならば、この最後の論評にひとつ欠けてる
ものがあるとすればそれは、いま「知の世界」の外の世界で最も強く求められているのは、
他者に「有無を言わさぬ」(つまり他者を黙らせる)ような高圧的で権威的な知ではなく、
誰もが「ああでもないしこうでもないと言いあえて、最後は、うむうむとうなづき合える」
ような解放的で共有的な知のステップであり、敵対しあうものをカップルにするような
ダンサブルでノリのいい大胆なアイデアではないかということです。そしてそういうものは、
神話や数学だけでなく、なによりまず生活/暮しの知恵としてあるはずだというのが、
それです。そしてこういうことを云うと、また「まじめにやれ」と怒られるかもしれませんが、
イルコモンズアカデミーのモットーは「構想力よ一歩前に、厳密さは後からついてこい」
です。ということで、イルコモンズ・キャンプ・アカデミーは、相変わらず会場がみつから
ないので、まだ開催予定がたってませんが、今週の金曜に、東京・経堂のappelでいま
開催中のグループ展「戦後?」 で、毎年恒例の「イルコモンズの平和授業」を開講します
(詳しいご案内はまた別に書きます)レバノンで起きてる戦争のこともありますので、
どうか奮ってご出席ください。

「戦後?アンデパンダン -日常の回復-」
8/4(金) 16:00~22:00 パフォーマンスデイ
[出演] ダイナマイト・バッハ/アジアン・ビューティ/moom 瑠/
イルコモンズ+αによる平和授業
入場料 ¥1,000 + 要ドリンクオーダー
[PR]
by illcommonz | 2006-07-31 23:00
▼夏の世界幸福度ランキングジャム06'
d0017381_22195857.jpgついこないだ「日本人の平均寿命が6年ぶりに縮んだ」という
怪奇現象を伝えるニュースがあったばかりですが、今回のこの
調査結果はそれとも連動してるようで、映画「アザーファイナル」
にでてくるGNH(国民総幸福量)とはまた別の判定基準のよう
ですが、いまの日本の幸福度は世界第90位なんだそうです。
おそらくこの先もこのランクダウンがとまらないだろうと思うと、
ぞっとします。そしてさらに、もし「戦争のできる国」になれば、
必ずや「世界の不幸な国ランキング」の上位にランクアップする
のは目にみえてます。

「デンマーク1位、日本は90位=「世界幸福マップ」-英研究者」
BBC放送によると、作成したのはレスター大学の研究者エードリアン・ホワイト氏。
平均寿命や経済状況、教育レベルなどに関する各国の事情を調査し、数値化して
ランク付けした。総合点でデンマークに続いたのはスイスで、オーストリア、アイス
ランド、中米バハマ諸島などが上位に入った。対象は178カ国。アジアでは中国が
82位、インドが125位など。米国は23位と比較的上位で、英国は41位。最下位は
アフリカのブルンジだった。
................................................................................................

人生幸路師匠ならずとも、「責任者でてこい!」とそう云いたくなりますが、ここ数年、
この国の政経をになってきたのは何か、といえば、2002年からの第一次&第二次
小泉純一郎内閣で、汚職、賄賂、癒着、公金横領と、悪徳政治にもいろいろありますが、
国民の命をちじめ、幸福をうばう政治が一番の悪政で、「痛みを伴う改革」のせいで、
「この国もずいぶん痛まされたもんじゃのぉ。なぁ、ばあさんや、この先、長生きして
みたところで、ろくなことなさそうじゃから、もうそろそろこのへんで」と誰が想わざる。。。
テレビでは猟奇的犯罪や尊属殺人の原因を評論家や人気コメンテーターがあれこれ
分析してみせてくれてると思いますが、自殺や家出、そして人心の荒廃の「さまざまな
原因の原因」をつくってるのは、現政権の政治だということはちゃんと云ってくれてるの
でしょうか。そもそも社会で何かがうまくいかないときに、その怒りや不満を遠慮なく
ぶつけ、八つ当たりしてよいのが政府であり政治家のはずなのに、ぶつける相手を
まちがってるとしか思えないような事件(幼児殺害などなど)ばかりが起きるのは、
いったい誰のせいなのだろう...なんて云わずに、はっきり云いますが、それはあれだ、
政治のせい。みんな流されちまう、ついつい流されちまう♪ 結局、テレビでマヒしちまう、
誰のせい、それはあれだ、政治のせい。

d0017381_22401635.jpgともかく、
カーッとなったらその怒りは政治へ、
ブチッときたらその怒りも政治へ、
その怒りを甘んじて受けとめるのが、
本来の政治のしごとのはずなので。
まちがっても、カーッやブチッを
夏休みのこどもたちにぶつけないように、
おねがいします。
[PR]
by illcommonz | 2006-07-31 22:42
▼グローバル世界の終わりとゴーストタウン・ワンダーランド
d0017381_21441112.jpg金曜は、批評家の野々村(文宏)さんに阿佐ヶ谷の
会員制クラブ「FUJIYAMA」に連れてってもらいました。
野々村さんと話すのは5年前の「スタジオヴォイス」の
取材のとき以来で、その後の「イルコモンズ人生」と
現象学的反省なき生活ぶりについて野々村さんから
みっちり3時間、お説教と生活指導をしていただき、
二人とも目がトんだり・膝がヌけたり・お腹が痛くなる
くらいバカ笑いして、午前零時すぎに野々村さんは、
先にお帰りになりました。親身なるご指導&ご鞭撻
ありがとうございました。

"昭和体質"と"過剰な奉仕精神"、"天然のズレ"と"まちがい好き"、そして、なにより
「僕はいいけど、三宅(ディレクター)はどう思うかなぁ?」の言葉をしっかり肝に銘じま
したので、今度また遊んでください>野々村さん。

で、その後、反省なきイルコモンズはというと、お店のお客さんたち6人とマスターとママ
さんとみんなで、イルコモンズが家から持ってきたタカラの「人生ゲーム」(*ここで書いた
「貧乏農場」の初版ではなく「ゴーストタウン」に改訂された第二版)をして、朝まで遊び
ました。「外で遊んできます」と書いたのはコレのことで、イルコモンズは夜の酒場で、
「人生」をまったり語ったりするのがどうも苦手なので、かわりに「人生ゲーム」を持って
いったのでした。で、反省なきイルコモンズはというと、ゲームの中盤「全財産1点賭け
(あたれば10倍)」という暴挙にでて見事賭けに勝ち、800万ドル(*日本円で8億円)
をせしめ、一時的に銀行を破産させることに成功。実人生ではなかなか実現できない
「銀行をつぶす!」という人生の夢のひとつをかなえることができ、充実した人生でした。

d0017381_21561375.jpgおもしろかったのは、その賭けの後からゲームの流れが
すこし変になり、なぜか最後は、一人の億万長者を除き、
あとは全員そろって「ゴーストタウン」に行くという、珍しい
結末になり、笑いがとまりませんでした。もちろんイルコモ
ンズも最後は「一文なし」になってゴーストタウンの住民に
なりました(白い車がイルコモンズ号です)。

朝まで一緒に遊んでくれたFUJIYAMAのみなさん、どうも
ありがとうございました。また遊んで下さい。

[追記1] ゲームが終わった後、ゲームの選択肢やコースをもっとふやしたり、
いろんなローカル・ルールをつくったりして「人生ゲーム」を書き換えたらもっと
面白いだろうね、という話になりました。それは、かねてよりイルコモンズが、
実人生でやってみたいと思っている夢のひとつでもあるので、そのときは、
「ゴーストタウン」から再スタートする「もうひとつの人生」のルールや
コースを考え、そこをワンダーランド化してみたいと思いました。

[追記2] 実はこの晩は「へたにやると実人生で友だちをなくす」といわれ、
怖れられている「モノポリーゲーム」も持っていってたのですが、これは
やりませんでした。「他人を破産に追い込むことがこのゲームの目的です」
というこのゲームを、別のゲームに書き換えることこそがイルコモンズの
実人生最大の目的なので、そのための実験として、朝までゲームをして
遊んでくれる方がいらしたら、ぜひ、ご連絡ください。

(参考) ▼もうひとつの「人生ゲーム」は可能だ
[PR]
by illcommonz | 2006-07-31 22:03
▼解散ノ記
d0017381_20162431.jpg  左記の通り、スープの都合により、
  これから毎週、土曜と日曜は、
  ネットの外で休み/遊びます。
  (*有事の場合は除く)


  たたかう路上の楽団
  反グローバリズム運動のバテリア
  Infernal Noise Brigade 解散ノ日ニ記ス。
  (見送りの曲)”ラスト・サンバ・イン・シアトル”
[PR]
by illcommonz | 2006-07-29 20:23
▼今日は、外に遊びに行ってきます
d0017381_18324326.jpg
[PR]
by illcommonz | 2006-07-28 18:33
▼[試用レポート] MYSPACE・ザ・メイド・イン・USA
d0017381_1795595.jpg【使ってみた感想】
(1) 自己主張の強い
北米人むきだと思った。
(2) ここは「俺さまの
領土・私だけの世界」
という感じがした。
(3) 「何でも自分の好きな
ようにできる」ということが
必ずしも好い結果をもたら
さないという事が分かった。
特に、デザインに関して。
ネオリベラリズムも然り。
(4) 1994年頃、Mosaic と
いうブラウザでみていた頃の
インターネットを思い出した。
(だいたい、どのスペースも
縦に長くてスクロールが
たいへん)

【ひとまずの結論】
あちこち見てまわると、
音と動画と派手な色彩で、
胃酸過多になるので、
デフォルトのシンプルな
レイアウトが吉とみた。

-------------------------------------------------------------------
[追記1] なにはともあれ、日本人と北米人の自我意識と公共感覚の違いを感じました。
なので、mixi の次に日本でこれがブレイクするかはやや疑問です。なんというか、
「おらが家の自慢のTボーン・ステーキ・パーティー」を開くのが好きな北米人と
「スキヤキ奉行」になりたがる人にむいてる気がしました。

「イルコモンズ・スペース」
http://www.myspace.com/illcommonz
 ↑
[追記2] MUSIC の方に登録したので、なにか音源をアップしなくっちゃと思い、
このザ・メイド・イン・USAなスペースの中に、よくも悪くも日本的な音源をアップ
してみました。もうじき日本語版もでると思いますので、登録こそしましたが、当分、
このマイ・スペースは「本日休筆」です。というのも、そもそも「コモンズ」と「マイ」は、
コンセプト的に相反するものなので。。。

d0017381_605643.jpg
[追記3] それと mixi に比べて「広告」が多いですね。あともうひとつ決定的なのが、
ニュースがないことで、これではますますマイ+マイ+マイのミーイズムに埋没するか、
フレンドリーなサークル内にに自閉して、自国の外の社会や他者のことを想像できない
北米人型のネット市民になる危険性もあり。
[PR]
by illcommonz | 2006-07-28 17:49
▼夏休み大人相談室
【萌え】(もえ) 名詞・動詞(ア行下一段活用)
「萌え」は、その対象に対する支持や傾倒、思慕の情、若しくはフェティシズム的嗜好、
あるいは愛着をあらわす隠語・俗語として用いられ、その意味は「好き」や「興奮する」
と類似するが、特定の嗜好を伝え共有しようとする意向を含むという点で、それらとは
異なる。「萌え」は分類上は名詞であるが、形容動詞や動詞の語幹としても用いられる。
「萌え」はその適用範囲が非常に広いため「萌え」を明確に定義することは不可能である。
なお「萌え」の対義語は「萎え(なえ)」であり、「萌え」の感情が湧かず、興醒めであると
いう場合に用いられる。(Wikipedia日本版より *一部改変)
....................................................................................................

【質問】 昭和四〇年代生まれの日本人男性ですが、どうもこの「萌え」の対象が、
同年代の男性たちと少し違ってるような気がするのですが、誰にも相談できずに、
ひとりで悩んでいます。同じ媚態でも、こういう仕種や声質のものにしか「萌え」を
感じられないのですが、このままほうっておいても大丈夫でしょうか。

[妹系] Baahon Mein Chale Aao 萌度★★★★
[モンド系] Yaadon Ki Baarat-Lekar Hum 燃度★★★
[純愛系] Kuch Naa Kaho 萌度★★
[冬ソナ系] Dil De Diya Hai 萌度★★
[マサラ系] Dola Re Dola 萌度★★★
[ハロプロ系] Bollywood 萌度★★
[シスター系] As taal se taal mila 萌度★★★
[カラオケ系] Aa Ab Laut Chalen 萌度★★
[緊縛系] Mohabbat Ki Jhooti Kahani Pe Roye 萌度★★★★
[近親系] Nagri Nagri Dware Dware 涙度★★★★★

....................................................................................................
【回答】 かなり深刻なようですね。これは典型的な・・・(以下コメント欄へ)
[PR]
by illcommonz | 2006-07-27 23:39
▼ブログいぢりば~っかりして
d0017381_20573292.jpg
「仕事なまけてるんぢゃないの・・・」と誤解されると、就業上の問題として困るので、
服務履歴もここにログ・アップしておきます。以下、平成18年7月下半期の仕事です。
ニュースレター・グラビア編集、プロモーション・ヴィデオ編集、展覧会会場図面設計、
プレゼン用パワーポイント代行制作、展覧会プレスキット作成、学術展示企画立案、
ポスターセッション用パネル代行制作、展示ケース図面設計、オリジナル・フォント
フェイス制作などなどなど→詳細(*内職・バイト・非常勤・ボランティアはのぞく)
[PR]
by illcommonz | 2006-07-27 21:31