Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2006年 10月 ( 59 )   > この月の画像一覧
▼代わりはいくらでもいる(代議制民主主義)
d0017381_718466.jpg
ブログのトップに、
下のような佛頂面した
政治家の写真があると、
どうにも気分が悪いので
かわりに、これを。

「言葉にならない」
[PR]
by illcommonz | 2006-10-22 07:31
▼不治の病いとたたかう人の暮しと辛抱をふみにじった政治家
「指導者、糖尿病だから…」中川昭氏、北朝鮮問題で発言」
自民党の中川昭一政調会長は20日夜、静岡県浜松市で講演、北朝鮮が核弾頭を搭載した弾道ミサイルで日本を攻撃する可能性について「普通は思わないですが、あの国の指導者は、ごちそうを食べ過ぎて糖尿病ですから、考えてしまうかもしれない」と述べた。糖尿病患者から反発されるのは必至だ。

d0017381_264054.jpg中川政調会長が北朝鮮批判「糖尿病の指導者だから…」
自民党の中川政調会長は20日、静岡県浜松市で講演し、北朝鮮の核実験問題に関連し、「あの国のあの指導者(金正日(キムジョンイル)総書記)は、ごちそうを食べ過ぎて糖尿病だから、(日本攻撃を)考えるかもしれない。『おいしいものが食べられなくなった。日本からウニや
マグロが入らなくなった。頭に来た。やってしまおう』と思いかねない人だ」と発言した。そのうえで、「そういうことが起こらないようにするために、制裁もいいけども、(核保有の)議論をすべきだと確信している」と改めて主張した。中川氏はその後、記者団に対し、「糖尿病」発言について「国民が貧困にあえぐ一方、指導者のぜいたくざんまいはおかしいという趣旨だ」と釈明した。(読売新聞10月20日)
.................................................................................
北朝鮮の独裁者のことは措いておく。核武装の屁理屈の話もひとまず措いておく。
問題は高血糖症(俗名・糖尿病)に対する無知にもとづく暴言の方である。さすがに、
この大臣の「不見識ぶり」と「偏見」についてはネットでもさんざん指摘されてるので、
それに譲りたいところだが、それでもやっぱり云わない気がすまない。というか、
堪忍袋の底がぬけたので云う。この大臣は、

d0017381_234051.jpg
だと思う。厚顔無恥にもほどがある。釈明がぜんぜん釈明になってない。高血糖症は
ぜ・い・た・く・病・じ・ゃ・な・い・ということを、このアンポンタンな大臣に説明してやれる
議員はいないのか、それともバカにつける薬はないからと諦められてるのか、呆れた。

d0017381_617617.jpgうちの家は高血糖症の家系で、父親も母親も
DM二型のキャリアだ。その親から生まれた
イルコモンズも親ゆずりの体質で血糖値が
高い(血統はひくい)。親から受け継いだ遺伝
体質で、すい臓からのインシュリン分泌が
あまりよくない。だからといって、疎ましいとは
あまり思ってない。これは家の血筋で、高血
糖症はうちの家のイルなファミリーコモンズだ
と思ってる。実家に帰ると、たいていその話に
なり、血糖値を示すヘモグロビンA1Cの数値
のあがりさがりに互いに一喜一憂しあってる。
ほかの家でもそうだと思うが、あの食べ物が
いいとか、この飲み物がいいとか、情報交換
しあってエンパワーメントしあっている。
「あんたの仕事は絵やものを書く仕事だから、
とにかく目をとられないようにしないとね」と
いうのがうちの母親の口癖だ。たしかに、
網膜症を発症すると好きな映画もみれなく
なるので、もう何年もダイエット=食餌制限
をつづけてる。仕事柄、定期的な検査もまま
ならないし、なるべく薬に依存したくないので、
その分ハードなダイエット・コントロールを
している。別に好き好んで、納豆かけ麦飯
ごはんやキノコご飯ばかり食べてるわけで
はないのだ。高血糖者のダイエットは、美容
のためのダイエットとは違って、何かプラスを
手にいれるためのダイエットではなく、とにかく
マイナスを減らしてゼロに近づけ、生きのびて
ゆくためのサバイバルだ。しかもいまのところ、
特効薬はまだないので、完治というゴールは
ない。日々、食欲とのバトルであり、ごちそうの
誘惑に対するレジスタンスである。これだけ
食べ物があふれてる社会でのそれは過酷な
試練の連続でもある。ものすごく、おおげさな
ことをいえば、毎回、命のことを心配しながら
ものを食べているので、不味いものを食べた
ときはものすごくがっかりする。だから、マクド
ナルドのようなものは口にしない。ときどき、
バターとメイプルシロップがたっぷりかかった
ホットケーキが無性に食べたくなるが、もう
何年も口にしてない。食べたいものは無数に
ある。すぐそこにある。そして、それは別に
高価なものではないし、ごちそうでもない。
誰もが食べてるありふれたものばかりだ。
だのにそれが食べれないという不条理と
苦痛。これについては、DMキャリアの
相互支援サイトなどをみてもらえれば、
その切実さがわかってもらえると思う。
いちばん悩ましいのは、人間の生の糧
であり、生に利するものであるはずの
食べ物が、自分の生をちじめたり、
苦しめたりするという矛盾で、これが
いちばんこたえる。だから、自らもDM1型
である哲学者のマーク・C・テイラーが、
「ノッツ nOts」(日本語訳あり)という著作のなかで、免疫不全症とDMを
比較対照させながら、DMとは、薬と毒、是と非の"あいだ"を生きのびてゆく
"終結なきプロセス"だと、その矛盾したメカニズムの持つポストモダン性を
描きだしてくれた時は、それでずいぶん救われた気がした。かたや、食餌制限
だけでなくインシュリン注射が必要なDM1型の生活はDM2型よりもずっと
ずっと大変だ。すい臓細胞の移植実験や無痛針の開発もすすんでるとは聞く
けども、どれもまだ試行錯誤の段階で、決定的なブレイクスルーはまだない。
そして、このDM1型の人たちの生活については、とても代弁できないので、
これもDMのサイトでその生の声に接してもらえればれば思う。それよりもさらに
胸が痛むのは、小児1型DMで、「ぜいたくざんまい」など味わったことがない
幼い子供が親から遺伝として受け継ぐもので、あの大臣は、そういう症例がある
ことなど、これっぽちも知らないのだろう(また、だんだん腹が立ってきた)。
それに加えて問題なのは、今回の発言にあらわれていたような偏見と差別だ。
DMに対する無理解と偏見のせいで、DMを持ち合わせた人間たちが就職や
結婚などでどれだけ不利益をこうむっているかなど一度だって考えたことも
ないはずだ。むしろ反対に「こういう無知で無情な大臣を擁する政権など、
なにをしでかすか分かったものではない。きっとろくなことを考えないにちがい
ない」とそう言い返してやりたい気分だ。しかし、それでもまだ足りないので、
この暴言に対する具体的制裁案というのを考えてみた。どうせ口で云っても
わからないだろうから、自分の体で思い知ってもらいたいと思う。先の釈明の
なかで大臣は「指導者のぜいたくざんまいはおかしいという趣旨だ」と云ってる。

d0017381_7741.jpgだというのなら、大臣が身をもってそれを
示すべきで、これから向こう1年間のあいだ、
大臣は「晩ごはんヌキ」にしてはどうだろうか。
そうすれば、食餌制限の苦労や辛抱が身に
しみてよくわかるはずだ。後援会のパーティー
だろうが、選挙区での冠婚葬祭だろうが、
外遊先での晩餐会だろうが、とにかく、
「晩ごはんヌキ」である。ついでに「禁酒」
加えるとなおよい。もっとも、どんなに立派な
ことを公約しても、それを守れないのが政治家の習性なので、「晩ごはん査察団」を
つける。その査察団の給料はすべて大臣自らが自腹をきって払う。金まわりのよい
大臣にとってそれはたいした出費ではないだろうが、問題は額ではなく、自分を利する
はずのものが自分を苦しめるという矛盾を味わってもらうことである。そうすれば、
DMの苦労が身にしみてわかるだろう、と、この制裁案を考えたら、ようやくそれで
少しだけ腹立ちがおさまったので、これから、朝ごはんにしよう。

d0017381_0504593.jpg
「日本糖尿病学会」今年の学会のテーマ
[PR]
by illcommonz | 2006-10-22 04:57
▼イルコモンズはごきげんななめ
d0017381_0103897.gif
[PR]
by illcommonz | 2006-10-22 00:17
▼はなしがアベコベ総理大臣
d0017381_23505297.jpg「安倍首相「初デートの映画、秘密です」
安倍晋三首相は21日夜、東京都内のホテルで行われた
第19回東京国際映画祭の開会式に出席した。「私は大の
映画ファン」とあいさつした首相は、著書「美しい国へ」で
触れた映画を紹介。祖国でクーデターが起こり帰国でき
なくなった主人公をトム・ハンクスが演じた米国映画
「ターミナル」について「国民と国との関係、国を失うとは
どういうことか、この映画を引用して説明した」と語った。また、自らの映画体験に
関しては「映画の出来、不出来にかかわらず、初めてのデートで見た映画は
いつまでも覚えている。その映画が何であったかは家内の手前、秘密にしてある」
と述べ、会場の笑いを誘っていた。(毎日新聞 10月21日)
-------------------------------------------------------------------------
映画好きなのは結構だけど、同じ映画をみても、これほど見方がちがうのだな、
と思いました。この映画はパキスタンにゆく途中の飛行機のなかでみましたが、
そこで思ったのは、人間の「基本的人権」である「移動の自由」を邪魔している
のは国家機構だということでした。トム・ハンクスが父親との約束を果たすために
ジャズクラブに行こうとするのを邪魔していたのは何だっけ?どうやらそういう
ところはまるで眼中にないらしい。ちなみにイルコモンズがはじめてのデートで
見た映画は、「がんばれベアーズ」と「ダウンタウン物語」の2本立てでした。
あのときのテイタム・オニールとジョディ・フォスターの愛らしさは今でも覚え
てるけど、それを秘密にしたりはしない。可笑しければ笑いたまえ、ふん。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-21 23:53
▼企業の言いなりになってサイコパス化する大学
d0017381_19552312.jpg「大学教員 研修義務化 
講義レベルアップで 08年度にも」


文部科学省は大学・短大教員の講義のレベルアップのため、全大学に教員への研修を義務付ける方針を固めた。来年度に大学設置基準と短期大学設置基準を改正し、早ければ08年4月にも義務化する。研究中心と言われる日本の大学で、学生への教育にも力点を置く必要があると判断したもので、「大学全入時代」を迎え、学生の質の低下を懸念する経済界からの要請も背景にある。具体的な研修内容などは今後、中央教育審議会で検討する。対象となる教員は大学約16万2000人、短大約1万2000人(05年度現在)。しかし、各大学で現在行われているFDの内容は講演会の開催や研修会、授業内容の検討会など座学中心で、実効性や効果を疑問視する声もある。また07年度に大学・短大の志願者数と定員数が同じになる大学全入時代を控え、経済界には「企業で戦力として使える人材となるように教育してほしい」と、大学教育の充実を求める声も強い。 (毎日新聞 10月21日)
-------------------------------------------------------------------
こないだの東大のイルコモンズ・アカデミーで、これからだんだん「大学が企業化
していって、サイコパスになってしまったら...
」という話をしましたが、このニュース
をみると、着実にそうなってきているようです。オタク的な研究にうつつをぬかして、
ぼやっとしてると、突然、解雇とか、グローバル企業のビジネスモデルを批判する
ような講義をしてると、突然、講座削除とか、そういうこともありうるだろうし、かつて
フランスでそうだったみたいに、ビジネスにはなんの役にもたたない、哲学、文学、
芸術といった人文学系の講座がダウンサイズされてゆくのは目にみえてます。
そうなったら、というか、そうなる前になにをするかを、下の映画とヴィデオから
学びなおすべきなのかもしれません。研究がいそがしくて、そんなもの見てる場合
じゃないっていうかもしれませんが、見たほうが身のためだと思います。ゴダールが
「映画史」のなかで、映画のポルノ化について、ポルノ映画もあっていいが、しかし、、、
「もともと映画とはそういうものではなかったはずだ」といっていたように、
「大学とはそういうものではなかったはず」なんだけどなぁ。
------------------------------------------------------------------------------
d0017381_2064495.jpg(再録:イルコモンズアカデミー東京大学篇・四時間目)

大学がサイコパスになった時は...
▼スチュワート・ハグマン「いちご白書」(71年)
▼ニューズリール「コロンビア暴動」(68年)
▼ジル・フライドバーグ「花崗岩の大地」(05年)

特に最後の、メキシコの学校の教員たちが、教え子を「カピタルマン=資本ニンゲン」に
させないために立ちあがり、命まで投げ出して戦いぬいたドキュメント映画は必見です。
(NINJA TUNEレーベルのDJ FOODがサウンドトラックの一部を担当しています。)
「教育基本法」が改造されようとしている、いま、この映画を日本で配給してくれる
インディペンデントなプロダクションはないものでしょうかね。下のサイトに上映方法や
連絡先があるので、自主的に上映してみたい方はぜひコンタクトを。

▼映画「Granito de Arena」公式サイト
http://www.corrugate.org/granito_de_arena/granito_de_arena
-------------------------------------------------------------------
[追記] 世界史の復習
「ゲッティンゲン7教授事件」
[PR]
by illcommonz | 2006-10-21 20:12
▼ローエンド・ロウ・ライフ・ゴーズ・オン
d0017381_17405132.gifあ、きがついたら、今日は年に一度の、
ロウライフのお祭りの日だった。

RAW LIFE 2006
06年10月21日(土)-22日(日)
リトルテンポ・クボタタケシ・
瀧見憲司・スマーフ男組・
ギターウルフ・エイブラハムクロス・
ECD・ストラグル・フォー・プライド
そのほか大勢の出演

元気な若い人たちはみんな行って、とことんハイになってくるといいです。
「美しい国」とやらが何を云いだそうとも、「言うこと聞かない奴ら」がいる、
簡単にかたづけられない「二足歩行する霊長類」のなまなましい生がある、
ってことを、現場でもろに体験してきてください。かたやイルコモンズはというと、
このところ腰痛と肩こりがひどくて(←これもなまなましいヒトの生です)
しかも経済的に今年最高のローなので、おとなしく家で1999年以後の
なまなましい「もうひとつの世界/地球史」の勉強してます。それはそうと、
この「ロウライフ」のサイトのデザインは、たぶん、元・イルドーザーの
阿部(周平)くんの仕事ですね。阿部くんの大好きな=いちばん得意な
「あたまのワルそうなガキたちの感じ...」というのがよくでていて、
うまいなぁと思いました。
-------------------------------------------------------------------------
[追記] ECDいわく「文化の底辺はつねに豊かなのだ」。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-21 17:49
▼続「美しい国」がネットをキレイにするの巻
d0017381_21583878.jpg「ミクシィのアカウント
「いきなり削除」で大混乱」


「三洋電機事件」を受けて、ミクシィには本名登録に注意を促すお知らせが掲載された
ミクシィ(mixi)の自分のページ(アカウント)が警告もなしに、いきなり削除された。こんなカキコミがネット上に氾濫している。削除された側は何が原因かわからず、「魔女狩りを始めたわけですな」などいう見方も出て、大混乱になっている。削除数は相当な数になっていると見られ、当の「mixi」内にも『mixiさん!ユーザの声を聴いて!』と、削除理由を問いかけるコミュもできている。「mixi」はこれまで、規約に反した日記やコミュ、写真を発見した際や、ユーザーからの苦情などを受けた場合、違反ユーザーに警告を出し、それでも修正しなかった場合に「強制削除」「強制脱会」の手段を取ってきた。しかし、現在問題になっているのは「いきなりの削除」なのだ。ユーザーがmixiの運営側に理由を聞いても、返事がなかったり、「運営事務局にて判断を行う際の詳細につきましては機密事項となります」と事務的なメールが来るだけだというのだ。 「いきなり削除」は、06年8月頃から問題になっていた。ネット業界では、「上場を成功させるためと、ナショナルクライアント(広告)が政治的なこと、アダルト、誹謗中傷などを嫌い、積極的に排除を始めた」という見方が広がっていた。「ライブドア経済ニュース」(10月20日)
--------------------------------------------------------------------------------------
[追記] 国家と企業によるネットぐるみの、国の美化運動がはじまったみたいですね。
共謀罪もまた審議にのぼるみたいだし、この「イルコモンズのふた」もそのうち、突然・・・
[PR]
by illcommonz | 2006-10-20 22:06
▼NHKフェティシズム
d0017381_19404026.jpg※この時計の時刻は、
閲覧しているパソコンのものであり、
必ずしも正確な時間とは限りませんし、
そもそも動いてません。

NHKの経営や体質にはいろいろ
ひっかかるところもありますが、
ラジオ放送とドキュメント番組と
この時計は好きです。

NHKの「ラボブログ」でもらえます。「イルコモンズのふた」でつかってる
エキサイト・ブログは、java スクリプトが貼れないので、残念。
スクリプト対応のブログをお使いの方はぜひどうぞ。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-20 19:45
▼「美しい国」がネットをキレイにするの巻
d0017381_16113411.jpg「YouTube、日本の事業者や
団体などの要請により著作権を
侵害している動画の約3万を削除」


アメリカの動画投稿・共有サイト「YouTube」は、著作権者、および著作隣接権者の許諾を
得ずに同サイトに掲載されていた日本の著作物合計2万9,549ファイルを一斉に削除した。
20日、映像ソフト協会が発表した。

今回の一斉削除は、日本国内の放送事業者、映像制作事業者など23の著作権関係権利者の団体と事業者が10月2日から6日までの5日間を「YouTube 対策強化週間」と定め、著作権侵害の疑いがある動画ファイルの削除をするよう足並みを揃えての提出した要請を受けたもの。これまでも関係権利者はアメリカのデジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づいて個々のファイルの削除を要請してきたが、膨大な量の動画が投稿・掲載される事態が続いたため、意見交換会を開くなどした結果今回の措置を講じることにした。今後は、著作権侵害が発生しないよう必要な対策を講じるようYouTubeに要請するとともに国内のインターネットユーザーに対して著作権侵害につながる動画の投稿をしないよう呼びかけるとした。(RBBトゥディニュース)

今回、削除要請を行った著作権関係権利者は以下のとおり。

社団法人日本映画製作者連盟
社団法人日本映像ソフト協会(JVA)
有限責任中間法人日本動画協会
日本放送協会(NHK)
社団法人日本民間放送連盟
日本テレビ放送網株式会社
株式会社東京放送
株式会社フジテレビジョン
株式会社テレビ朝日
株式会社テレビ東京
株式会社テレビ神奈川
朝日放送株式会社
讀賣テレビ放送株式会社
東海テレビ放送株式会社
社団法人衛星放送協会
株式会社スペースシャワーネットワーク
放送大学学園
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)
実演家著作隣接権センター(CPRA)
社団法人日本レコード協会(RIAJ)
ヤフー株式会社
社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)


(以上、イルコモンズが削除しました)
[PR]
by illcommonz | 2006-10-20 16:18
▼2006年度ベスト・イシューズ
d0017381_2215949.jpgイルコモンズが勝手に選ぶ今年の優秀雑誌特集号は、
去年にひきつづき「アイデア」誌のこの特集号に決定。

「アイデア」2006年11月号 319号
特大号=大竹伸朗「カット+ペースト」

雑誌の特集号をこえて、これはもう「アーティスト・ブック」
といってもいいくらいのスバラシイ出来ばえ。こういうのは、
一朝一夕にできるものではなく、過去何年間にもわたる
同誌と作家の様々な紙の実験がなければできないもので、
その集大成といってよいと思う。いったい何種類の用紙と
インクが使われているのだろうか。印刷物好きはそれだけでもうクラクラするはず。
「文句なし、まいった、ごめん」である。そのうえさらに都築さんの連載がまたよくて、
どこからどうみても、この号にあてこんだとしか思えない「切り抜かれた極楽~
94歳の現役スクラッパー」は絶品。みごとなインターテクスチュアリテ(テキストが
相互にからみあうこと)である。「BT」もMOTもあいかわらず招待券をくれないし、
「全景」展についてはそのスジのプロの書き手が書くだろうから、イルコモンズは、
この雑誌をみて原稿を書くことにしました。「BT」に「アイデア」のことを書くのは、
いささか殺生かもしれないけど、まぁ、インター・マガジナリテということで、ひとつ
勘弁を。それにインターなのは、なにも雑誌だけでなく、「全景」開期中に、ベイス
ギャラリーとNADIFFでも別の展示をやってるし、別府と直島でもやってる。
このインターエキジビョナリテもすごい。どうかしてる。この展示のサイクロンに
のみこまれたら、まともにものが書けなくなりそうなので、今回は家で静かに
「アイデア」をめくりながら、何か書くことにします。(あぁぁ、また展示を観ないで
書くのか、、たのむから入場券おくって。。財布おとして、アカデミーで散財して、
月末まで赤貧なんだから、、、、)
-------------------------------------------------------------------
[追記] やっとこさ、「BT」が、チケットを2枚手配してくれることになりました。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-19 22:52