Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2006年 10月 ( 59 )   > この月の画像一覧
▼絶対に儲からないイルコモンズ式社会投資信託
d0017381_4173326.jpg
[写真] 社会彫刻としての"バクダンおにぎり"(イルコモンズ作)と"イルコモンズ・クーポン"

今回のイルコモンズ・アカデミーのメイン・アクト(アップ)は、「給食」を通してのギフト・
エコノミーの実験でした。「抵抗の給食」←これがコンセプトで、ヨゼフ・ボイスのいう
「社会彫刻」のつもりでやってみました。実験のあらましについては「抵抗食の会(仮)」の
吉田さんがブログに書いてくださってるとおりで( → 「Action Report: 10/14
ILLCOMMONZ@東大」
)、イエローとピンクのクーポンがほぼ同数で、残りの8割は
ブルーのクーポンでした。ブルーのクーポンでいちばん多かったのは「スターバックスや
マクドナルドにはもう行かない」というもので、クーポンといっしょにスターバックスの「ドリンク
無料引き換え券」をくれた(放棄した)人もいました。ほかには「ディズニーに対してちょっと
距離をおこうと思います」とか、いろんなものがありましたが(森美術館の「クリーブランド
美術館展」の無料招待券もありました)、いちばん「いいなぁ」と思ったのは、吉田さんも
書いてた、これです。

「持っている服をぬぐ時は、しっかりたたんで、長持ちさせます」

なんか「点取り占い」みたいで好いなぁ、服がしっかりたたまれてる様子が眼に
浮かぶなぁ、、、こういう暮しの知恵って他にもあったよなぁ、と、いろんなことが
思い浮かんできて、すこぶる気分がよくなりました。どなたか存じませんが、
いいことを教えていただき、ありがとうございました。

ということで、次回もまたこのクーポンを使って別の実験をやってみようと思ってます。
次の「献立」が何になるかはまだわかりませんが、次回は、共同出資者を募りたいと
考えています。ぜったいに儲けにはならないけど、ほんのすこしだけ社会が変わる
かもしれない、保障なき信託事業に投資してみようという方がいらしたら、ぜひ、
ご参加ください。出資者には白のクーポンを給付し、それとひきかえに、ブルーの
クーポンの共同振り出し人としての名義を贈与します。ただそれだけで、ほかには
何にもありません。ピンクとイエローが補完しあって、そのすきまで、ブルーを
ふやすことが、このシステムの目的なので、儲けがでることはまずありません。
それでもよいという方は、ぜひ、どうぞ。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-17 06:15
▼イルコモンズ・アカデミー・セカンドシーズン
d0017381_2421165.jpg約半年ぶりに東京大学で開講したイルコモンズ・
アカデミーは「今回がはじめて」という人が多く、
ちょうど好いので、また、もういっぺん、はじめ
からやりなおすことにしました。今後は、春の
アカデミーで上映した映画やビデオをもう一度、
組み合せや順番をかえて上映してゆきますので、
春に見逃した方は、この機会にぜひどうぞ。

次回は映画「ジャマイカ 楽園の真実」をはじめ、
「WTOの何が悪いのか」「キロメートル・ゼロ」など、
WTO関連のビデオクリップをみてゆくことにします。
あと、今回出席できなかった方のために「通信公開
講座版」をこしらえましたので、予習・復習・自習・
独学に役立ててください。
.................................................................
[通信公開講座版]
「イルコモンズ・アカデミー・セカンド・シーズン」

【一時間目】
THE YEAR OF SWEATSHOP(1995-1996年)
▼マイケル・ムーア
 「ザ・ビッグワン」(98年)
▼チャールズ・カーナハン
 「ミッキーマウス、ハイチへ行く」(96年)

【二時間目】
YouTubeで学ぶ世界のスウェットショップの実態と現状
▼ナイキ社
 「ナイキCM」
▼クレジットなし
 「ナイキAD」
▼クレジットなし
 「搾取工場労働」
▼カリン・マック
 「中国のディズニー」(05年)
▼H&Cフィルム
 「スウェットショップとは?」
▼スウェットショップ・ユニオン
 「THE THING ABOUT IT」(03年)
▼デイヴィッド・ウィリアムズ
 「ユニオンバスターズ」(05年)
▼JTH feat.レベッカ・ワースレイ
 「消費されるもの」(06年)
▼クレジットなし
 「バークレー大学の裸の抗議デモ」

【三時間目】
コーポレーションという名のサイコパス
▼マーク・アクバー&ジェニファー・アボット
 「ザ・コーポレーション」(04年)

【四時間目】
d0017381_363461.jpg大学がサイコパスになった時は...
▼スチュワート・ハグマン
 「いちご白書」(71年)
▼ニューズリール
 「コロンビア暴動」(68年)
▼ジル・フライドバーグ
 「花崗岩の大地」(05年)

(給食)

【五時間目】 映画は予告する
▼イルコモンズ
 「HUM BOMB?」(06年)
▼ブルックリン・ビッグマン
 「スターバックスに告ぐ」
▼リチャード・リンクレーター
 「ファーストフード・ネーション・予告編」(06年)
▼ロバート・グリーンウォルド
 「ウォールマート・予告篇」(05年)
▼フーベルト・ザウパー
 「ダーウィンの悪夢・予告編」(05年)
▼アタリ・ティーンエイジ・ライオット
 「レイジ・アゲインスト・WTO」
▼ジェフ「ケミカルコップス・シアトル1999」
▼ビッグノイズ・フィルム
 「キロメートル・ゼロ・予告篇」(03年)
▼ステファニー・ブラック
 「ジャマイカ 楽園の真実・予告編」

【六時間目】 こどもは警告する
▼セヴァン・カリス=スズキ
 「1992年リオの地球環境サミットでのスピーチ」(92年)
.................................................................
[推薦図書]
▽マイケル・ムーア「アホの壁 in USA」柏書房
▽ナオミ・クライン「ブランドなんかいらない」はまの出版
▽ジョエル・ベイカン
 「ザ・コーポレーション」ハヤカワ書房
▽エリック・シュローサー
 「ファーストフードが世界を食いつくす」草思社

[関連サイト]
NLC
クリーンクロス・キャンペーン
レイバー・ビハインド・ザ・レーベル
[参照資料]
スウェットショップ(Wikipedia)
東京都最低賃金(06年度)
ハイチのディズニー地獄

[キーワード]
グローバリゼーション、スウェットショップ、
搾取の科学、民営化の罠、新たな奴隷制、
自由貿易ゾーン、WTO、第四世界の労働、
ユニオンバスター、最低賃金、
[PR]
by illcommonz | 2006-10-17 03:37
▼窒息日
d0017381_22523192.gif安息日と決めた日に限って、
大至急と緊急の仕事が
押し寄せてくるのは、
なぜだろう、、、
安息日のつもりが、
くるりと一転して、
息もつけぬほどの
窒息日になった秋の日。
気がくるぃぉぅ、、、
[PR]
by illcommonz | 2006-10-16 23:07
▼安息日
d0017381_21494438.jpg気がつけば、5月の連休から
今日までずっとはたらきづめで、
そのしわよせがきたみたいなので、
明日は一日やすみます。

イルコモンズアカデミーについては、
また後日。



[追記] 今日の午後は、カナダ人の知り合いに誘われて、東京在住の外国人
母子家庭のピクニックに同伴して多摩動物公園にいってきました。イルコモンズ
アカデミーの給食の残りがつくったバクダンおにぎりは「peacefull bomb!」
だと好評でした。インド、オーストラリア、シンガポールと、育った国や環境は
ちがっても、同じ世代だと聞いた音楽や読んだ本、見た映画はだいたい一緒で、
昨日のイルコモンズ・アカデミーでみれなかった「いちご白書」とか、J・アーヴ
ィングの「熊をはなつ」とか、ニール・ヤングの話ができて、たのしかったです。
昨日のイルコモンズアカデミーで sweatshop の映像をたくさん見た後だった
ので、もしこのうちの誰かが子供の時、搾取工場にいたら、こんな映画や本の
話もできないんだなぁとか、この子たちみたいに動物園にも連れて行ってもら
えないんだなぁと思いました。帰りは、最近、船橋にできたIKEAの話になり、
「可愛いけど、もう要らない」という点で意見が一致しました。ひとりになって、
また、sweatshopの映像を思い出して、「IKEAの家具はないけど、夏でも
家は涼しく、冬は暖かい。屋根もあるし、電気も通ってる、ネットまである。
それでもう充分。これ以上、しあわせになる必要ってあるかな?」と思いました。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-15 22:00
▼[案内] イルコモンズ・アカデミー東京篇
d0017381_1952899.jpgイルコモンズ・アカデミー東京大学篇
2006年10月14日(土)
13:00より19:00頃まで
東京大学工学部2号館9階
93B-1号室
東京大学「総長あいさつ」をよむ

参加無料・資格不問
ギフトアカデミー方式
*給食あり(各自コップ持参)
工学部二号館の地図をみる

▼ビデオ「素顔の東京大学~多用性・国際性・開かれた「知」の拠点」もみる

---------------------------------------------------------------------------
[追記] 会場がわかりそうにない方は12時50分に東大の「正門」前に集合してください。
そしたら会場まで誘導します。ポスターを目印に集まってください。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-12 19:54
▼抵抗の給食
d0017381_9122271.jpg
【イルコモンズ・アカデミー給食実験プログラム(仮)】
[配給日] 2006年10月14日(土)17:00-
[配給場所] 東京大学工学部2号館93B-1

[献立名]
核爆弾実験とグローバル・フーズに抵抗する爆弾型ごはん(バクダンおむすび)
(RESISTANCE FOOD-BOMB AGAINST ATOMIC-BOMB DEMONSTRATION
AND GLOBAL-FOODS)

[目的]
(1)地下核実験に"抗議"すると共に"その手は食わないぞ"というタフな精神を養う
(2)"グローバル(ファースト)フーズ"を"食べずにすませる"抵抗力を育む
(3)"贈与経済(ギフトエコノミー)"と"暮らしの抵抗"の実験

d0017381_20271398.jpg
[給食当番] 抵抗食の会(仮)、イウラチサ、イルコモンズ

[種別]
(A) ベジタリアン・トライブ(菜食族)向け(かやくごはん)
(B) カニバリズム・トライブ(肉食族)向け (肉・卵類いり)

[配分] 小型(S)・中型(M)・特大(XL)

[配給方法]
(1) ふるまい・・・ギフト(無償の贈与)
(2) こうかん・・・クレジット(ヴォランティアクーポン券と交換)
(3) ごちそう・・・トレード(価格なしの取引と富の分配)

[調理方法] 自由選択方式(サブウェイ式)

[材料]
米(赤米・白米)、のり、キノコ、高菜、うめぼし、紅しょうが
----------
味たまご、めんたいこ、かつおぶし、粉チーズ
----------
ほうじ茶

[配膳]
・手づくり、手渡し、手づかみ
・皿なし、箸なし、各自コップ持参

[機能]
・就学率と出席率が著しく向上します。
・空腹が満たされれば、児童は学習に専念できるようになります。
・子どもたちは少なくとも1日に1回は栄養価の高い食事をとることができます。
・家にいることが当然とされていた女子にも学習の機会が与えられます。
・親も子どもたちを働かせるより通学させることを選ぶようになります。
(「学校給食の役割」 国連世界食料計画(WFP)学校給食プログラムより)
----------------------------------------------------------------------

d0017381_9332583.jpg
[参考サイト]
FOOD NOT BOMB/ COOK FOR PEACE
抵抗食の会(仮)
国連世界食料計画(WFP) 学校給食プログラム
女性の手に委ねる食糧(同上)(pdf書類)
「抵抗するごはん」(「イルコモンズのふた」より)

[参考映像]
給食が育てた世界記録(AC制作 WFP提供)
[PR]
by illcommonz | 2006-10-12 01:43
▼[告知]イルコモンズ・アカデミー・サイコ(キャン)パス篇
d0017381_0392619.jpgイルコモンズ・トラベリング・アカデミー
トーキョー・サイコ(キャン)パス篇
2006年10月14日(土)13:00-19:00
東京大学工学部2号館93B-1 
参加無料・資格不問 *給食あり(献立未定)

中央大学の人気講義「文化人類学解放講座」の
番外編として、06年春に東京大学で連続五回
行われた「イルコモンズ・アカデミー」が、その後、
「イルコモンズ・トラベリング・アカデミー」となって
日本各地を巡回。福岡、大阪、名古屋、京都での
ツアーを経て、東京に帰還。元・現代美術家で、
民族誌家のイルコモンズが独自にセ/コレクトした
ヴィデオ・クリップやドキュメント・ムービーをみて、
グローバリズムの世界に対抗して、いま、僕たちに
できそうなことを、考えてみます。

[過去のアカデミーの記録] 中央大学篇|東京大学篇|福岡篇|大阪、名古屋篇|京都篇|
[イルコモンズアカデミー受講者の声] 大阪教育大学

「ボンベイTV」 1チャンネル提供 「魅惑のイルコモンズアカデミー」★
「ボンベイTV」 2チャンネル提供 「イルコモンズアカデミー校歌」
..............................................................................................

d0017381_1235812.jpg
【今回のアカデミー開催の経緯】
トリプルAの大学でウルトルCのアカデミー開催
イルコモンズ提供「ヒッチコック劇場・サイコ(キャン)パス」

【今回のアカデミーの内容】

d0017381_110176.jpg
[題名]「ザ・コーポレーション」
[原作] ジェエル・ベイカン
[監督] ジェニファー・アボット&マーク・アクバー
[出演] マイケル・ムーア、ナオミ・クライン、
    ヴァンダナ・シヴァ、ノーム・チョムスキー
    チャールズ・カーナガンほか
2005年カナダ・アカデミー最優秀ドキュメンタリー賞

今回のアカデミーでは、まずはじめに「ザ・コーポレーション」を観ます。この作品には
イルコモンズ・アカデミーではおなじみのマイケル・ムーアの「THE BIG ONE」の
有名なラスト・シーンが登場するほか、「ミッキーマウス、ハイチへ行く」のチャールズ・
カーナハンも登場し、世界のスウェット・ショップ(搾取工場)の実態にせまります。

次に、前回の京都のイルコモンズ・トラベリング・アカデミーで、この映画をみると、
「人は非常に疲れるらしい」ということが分かったので、元気をとりもどすために、
MGM制作のポリティカル&ファンタジーな青春学園(紛争)ドラマをみます。

これはアメリカン・ニューシネマの傑作の一つで、イルコモンズと同世代の昭和生まれの
人ならたいてい見たことがあるでしょうし、また映画は見たことがなくても、荒井由美が
歌詞を書いた歌で、そのタイトルは知ってるはずです。しかし、今ごろどうしてそんな
アナクロな映画を、と思う方もいらっしゃるでしょうが、意外にも、イルコモンズより下の
世代にはこの映画があまり知られておらず、DVD化もされてないことがわかったので、
覆面上映することにしました。「小さな恋のメロディ」と同様、CSN&Yの歌が効果的に
フューチャーされているほか、「平和を我らに」の正しい歌い方などを学ぶことができ
ます。またパフィ・セント・メリーが歌う主題歌は大学のキャンパスによく似合います。

d0017381_1145857.jpg[題名] (        )
[原作] ジェームズ・クーネン
[監督] スチュアート・ハグマン
[音楽] CSN&Y「ヘルプレス」「アワ・ハウス」
ニール・ヤング「ダウン・バイ・ザ・リヴァー」「ザ・ローナー」
プラスティック・オノ・バンド「ギブ・ピース・ア・チャンス」
バフィー・セント・メリー「サークル・ゲーム」

この後、この映画のモデルになった1968年のコロンビア大学での出来事について
弾丸映画制作集団「ニューズリール」が制作した実録ドキュメント「コロンビア動乱」
(1968年)をみながら、ゆっくり時間をかけて、みんなで給食をたべます。給食当番は
「抵抗食の会」とイウラチサさんにお願いしました。このイルコモンズ・アカデミーの
給食については、また後日、お知らせします。

d0017381_116942.jpg
[制作] ニューズリール
[題名]「コロンビア動乱 Columbia Revolt」
(邦題1:ストライキ!ストライキ!ストライキ!)
(邦題2:コロンビア大学叛乱)
B&W 50分 パブリックドメインフィルム


映画をみて元気になり、ごはんを食べておなかがふくれたら、最後に、次回の
イルコモンズ・アカデミーの予告篇として、WTO関連の映画の予告篇やビデオ
クリップをいくつかみて、終わりです。

d0017381_120296.jpg「WTOの隠された真実
(The Truth behind the WTO)」

制作協力:Charles Battrick,
Ben Nugent,Chris Franck,
Suicide Speedboats
カラー 4分37秒
[PR]
by illcommonz | 2006-10-05 01:21
▼サイコなのはイルコモンズでした
「ダーウィンの悪夢」をみてきました。2度みても、やはり胸をかきむしられる
ような凄まじいドキュメントでした。1年前に試写会で観たときは、大学教室の
通常のPA装置だったので分かりませんでしたが、本作ではドルビーSRDが
非常に効果的に使われていて、ものすごい臨場感があり、それは単に音が
ナマナマしいというだけでなく、この映画が暴き出してみせてくれた、その
「状況」に僕らも飲み込まれ、包囲されているのだということが体感できるよ
うな使い方がされています。なので、このドキュメント映画はドルビーSRDを
完備した劇場で見ることを強くお勧めします。音響もすばらしいのですが、
カメラ・シューティングも見事です。ドキュメント映画をみていると「よくそんな
場面に出くわしたものだなぁ」と思わさせることがあり、そこがドキュメントの
醍醐味なのですが、この作品はそこからさらに一歩進んで、「よくそんなカット
をちゃんと撮っておいたな」と感心させられる効果的なブローアップのショット
(たとえば冒頭の蜂やパイロットの携帯動画)があり、作家の映画的直感と
組み立ての確かさを感じさせます。それはそうと、ビックリしたのは、昨日の
ブログに書いた「マライカ」ですが、あれはイルコモンズの勘違いでした。
予告篇どころか本篇にも、その歌は使われていませんでした。いったい何を
どう勘違いしたのやら、まったく謎です。映画をみながら頭の中で思い出した
歌を勝手に映画に投影し、サウンド・トラッキングしてしまっていたようです。
そういえば1年前に観た時、映画の後「あの「マライカ」の歌はすごかった」
と知り合いに話したら「え、そんな歌あったっけ」と云われたのを思い出しました。
要するに幻聴だったわけですが(でも、はっきり聞こえたんだけどなぁ、、)
そういう幻聴さえひきおこすくらいの、まさに悪夢のような現実を描いた傑作
ドキュメントなので、ぜひ気を確かにもってご覧下さい。でも、それにしても、
いくらイルコモンズの想像力が人一倍たくましく、思い込み強いとはいえ、
そこにない歌がきこえ、それに訳までつけてしまうのは、もはや想像力
というより妄想でしかなく、サイコなのはイルコモンズの方かもしれない、と
思いました。ということで、イルコモンズが書いたり云ったりすることをあまり
真にうけず、ぁゃしぃと思ったときは、どうか自分の目と耳でたしかめてください。

でも、ほんとに、きこえたんだけどなぁ、、、、それに、もうひとつの世界だって、
やっぱり可能だと思うんだけどなぁ、、、、つかれてるのかなぁ、、、、

d0017381_21511168.jpg
[PR]
by illcommonz | 2006-10-04 21:51
▼思考を停めない脳がサイコの息の根をとめる
d0017381_042832.jpg
ここでちょっと一息ついてYouTubeからサイコものをふたつ。

右はトーキングヘッズの「サイコキラー」のVCで、映画「ストップ・メイキング・センス」の
ライヴです。オリジナルPVもアップしてありますが、冒頭のショットがサスペンス映画風の
こちらをチョイスしました。で、ヘッズのこの曲には、その名もずばり「ザ・フールズ」という、
おばかバンドがカヴァーした「サイコチキン」という名カヴァーがあるのですが、まさか、
それはないだろうと思っていたら、、、、、、、げ、あった。これは初めてみました。んんん、YouTubeって、やっぱりどうかしてる。。。今から同様の画像配信サイトをたちあげても、
追いつけないんぢゃなかろうか。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-04 00:20
▼ダーウィンの悪夢とマライカ・ブルース
映画宣伝会社のムヴィオラさんから、試写会の招待券をいただいたので、
明日、映画美学校で、この映画をみてきます。
d0017381_2302061.jpg
フーベルト・ザウパー監督 「ダーウィンの悪夢 Darwins's Nightmare」(2004年)
2004年ヴェネチア映画祭ECL賞受賞 (12月から渋谷シネマライズで公開予定)

オリジナル版公式サイト / ▼日本公開版公式サイト

この映画は今からちょうど一年前、この映画が山形国際ドキュメント映画祭で
審査員特別賞を受賞した日に、東京外国語大学で開かれた試写会でみて、
そのときの感想は下のブログに書いてあります。

d0017381_2304766.jpg
「タンザニアン・フライト・メア・ムービー」
「イルコモンズのふた」(05年10月15日)より

ひとことでいうなら、グローバリゼーションがアフリカにもたらしている悪夢と
悲劇の数々がぼくらの食生活と決して無縁ではないことを教えてくれる、
ダーティー・リアリズムのアンチ・グロバーリゼーション・ムービーです。

d0017381_2312429.jpg
今回の一般公開のために「予告篇」も
つくられたようなので、まずはこちらを
どうぞ。

「ダーウィンの悪夢」(予告篇)
(mov) / (wmv)




【注意】
この下に書いてある歌は本篇にもでてきません。イルコモンズの勘違いでした。
詳しくは10月4日のブログ「サイコはイルコモンズだった」をご覧下さい。


ところで、この予告篇にはでてきませんが。本篇のなかで2度ほど流れる歌があります。
せつないトーンのスワヒリ語の歌で、1年前にみたヴァージョンではたしか歌詞の訳が
ついてませんでした。今回の一般公開版でこの歌の歌詞の字幕がつくのかどうか、
気になるので、明日は特にそこをみてきます。ちなみにその歌は「マライカ(Malaika)」
という有名な歌で、次のような歌詞の歌です。こうみえてもイルコモンズはスワヒリ語が
第二外国語なので、イルコモンズ訳を一緒につけて紹介します。

"Malaika" (スワヒリ語)

Malaika nakupenda malaika
Malaika nakupenda malaika
Nami nifanyeje ee
Kijana mwenzio oo
Nashindwa na mali sina ee
Ningekuoa malaika

Kidege nakuwaza kidege
kidege nakuwaza kidege
ningekuoa mama
ningekuoa dada
nashindwa mali sina wee
ningekuoa malaika

Pesa zasumbua roho yangu
pesa zasumbua roho yangu
ningekuoa aa dada
ningekuoa aa mama
nashindwa na mali sina wee
ningekuoa malaika

Malaika nakupenda malaika
Malaika nakupenda malaika


「マライカ」 (イルコモンズ訳)

マライカ、君は僕の天使さ、愛してる。
マライカ、君は僕の天使さ、愛してる。
でも、僕にどうしろっていうんだい。
君の恋人の若い僕には、結婚するお金が
ないんだよ。金のせいでみんなぶちこわしさ。
ああ、僕の天使よ、君と結婚できたら、
どんなにいいだろうね...

キデゲ、君はぼくの小鳥さ、恋してる。
キデゲ、君はぼくの小鳥さ、恋してる。
ねぇ母さん、僕は結婚したかったのです。
ねぇ姉さん、僕は結婚したかったのです。
なのに、お金のせいでみんなぶちこわしです
ああ、僕の天使よ、君と結婚できたら、
どんなにいいだろうね...

金、金、金が、僕のこころを苦しめる。
金、金、金が、僕のこころを苦しめる。
ねぇ母さん、僕は結婚したかったのです。
ねぇ姉さん、僕は結婚したかったのです。
なのにお金のせいでみんなぶちこわしです
ああ、僕の天使よ、君と結婚できたら、
どんなにいいだろうね...

マライカ、君は僕の天使さ、愛してる。
マライカ、君は僕の天使さ、愛してる。


この映画の舞台になっているタンザニアの隣の国、観光立国のケニアでは、
ヨーロッパからきた観光客相手のホテルで「ケニアのトラディショナルなラブ
ソング」として紹介され、ディナーの後のショータイムにたのしげに歌われる
歌ですが、この映画のなかできく「マライカ」は壮絶です。これほど悲しく
ブルージーに響く「マライカ」ははじめてききました。特に3番はすさまじい
ですね。「金がすべてのグローバリゼーションが僕の心を苦しめる」と、
まるでタンザニアの土地がそう歌っているように聞こえます。一般公開され
たら、ぜひこの歌詞を思いだしながら観てみてください。

-------------------------------------------------------------------------
[追記] この歌はもともとスワヒリ語のフォークソングだったものを、60年代に
南アフリカのソウルシンガー、ミリアム・マケバが歌ってコンチネンタル・ヒットし、
のちにボニーMもカヴァーしてます。日本ではスワヒリ語の鉄人・和崎洋一が
生前こよなく愛した歌で、ケニア大好きの渡辺真理奈ちゃんもたぶん知ってる
と思うし、小野リサさんもカヴァーしてます。

d0017381_0391770.jpgあと、最近のものでは、こういう
ヴァージョンもあります。
K-G and The band "Malaika"
(2006) Live @ The Social.
Swahili Enteretainment
ほとんど原曲の痕跡をとどめて
いない脱構築的演奏ですが、
これもなかなかいいです。こういう
音楽のグローバリゼーションなら
大歓迎なんですけどね。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-03 23:08