Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2006年 10月 ( 59 )   > この月の画像一覧
▼イルコモンズ提供「ヒッチコック劇場・サイコ(キャン)パス」
ジョエル・ベイカンとその仲間たちが映画「ザ・コーポレーション」のなかで見事に
診断してみせてくれたように「企業とはサイコパスである」。いっぽう、つい先ごろ、
R&Iがくだした判定が正しく、本当に東大がトリプルAクラスのとびきりの企業だ
としたら、それはかなり危険である。すなわちそれは、東大がトリプルAクラスの
ぶちキれたサイコパスである(になる)可能性があるからだ。そしてサイコといえば、
やはり「サスペンスの神さま」のこの人に語ってもらうのが一番だと思いましたので、
特別に解説をおねがいしました。昭和生まれの方は、熊倉一雄の声を思い浮かべ
ながらご覧下さい。

d0017381_226294.jpg
よろしい、それでは、解説いたしましょう。よいですかな、サイコパスというのは、
まず、極端に自己中心的で、慢性的な嘘つきであり、後悔や罪悪感が無く、冷淡で
共感がない。それに加えて、自分の行動に責任が取れません。さらには、他人への
思いやりがなく、人間関係を維持できず、他人への配慮に無関心で、利益のために
嘘を続け、罪の意識がなく、社会規範や法に従えない、そういうような存在のことで
あります。この私が撮った映画にもよくそういう人物が登場してまいりますので、
ぜひ一度、映画館でごらんください。(アルフレッド・ヒッチコック)

ということで、日本一の大学をそんなサイコパスにしてよいものだろうか。まったく
余計なお世話かも知れないが、東大がやれば、他の大学もきっとそれに続こうと
するだろう。そうなったらどうなるだろう。イルコモンズ・アカデミーでそれを想像して
みよう、そして戦慄してみよう。そうすれば、こわくて、もう大学のトイレにはいけなく
なるはずだ。今回のアカデミー会場がある東大工学部は、すでにスターバックスと
サブウェイに包囲されている。クラスター戦はもうはじまっている。いずれ学食に
ドナルドとカーネル・サンダースもやってくるだろう。生協がウォールマートにかわり、
学校指定の体操服はGAPに、運動靴はNIKEになるだろう。そして大学の門には
セキュリティ・ゲートがもうけられ、SUICAのかわいいペンギンのついたカードや
ドコモのお財布携帯がなければ入講できなくなるだろう。こんなおそろしい話が
あるだろうか。サイコパスなキャンパスの出現である。そう、イルコモンズには
見えるのだ。東大の赤門の上に資本主義の鬼と魔物たちが棲みつき、安田講堂の
大時計の裏側から、怪人が夜な夜なグローバリズムのオペラを奏でているのが。
時は金なり、消費はたのしく、学なりがたし♪ (つづく)
[PR]
by illcommonz | 2006-10-03 22:15
▼トリプルAの大学でウルトルCのアカデミー開催
すこし前のことですが、こんなニュースがありました。

d0017381_0504331.jpg東大「企業」格付け最上級の「AAA」

企業の格付けをしている「格付投資情報センター
(R&I)」は7日、東大を最上級の「AAA」(トリプルA)に
格付けした。東大側が「一般企業と比べるとどのような
評価になるのか」と、R&Iに格付けを要請していた。
今回の評価の理由についてR&Iは「国立大は授業料
収入や国からの交付金もあり、よほどのことがない限り
恒常的赤字になることはない」とし、「特に東大は、
入試の難易度や研究のレベルの高さという面で、
国立大の中でもさらに位置づけが高い」としている。
R&Iはこれまでに21私大の格付けを行い、早稲田大、
慶応大、同志社大を最上級から2番目にあたる
「AAプラス」に格付けしていたが、AAA評価は
東大が初めて。(読売新聞 9月7日)

それに、よほどのことがない限り、上の写真みたいな騒動がふたたび
東大で起きることもまずないでしょうからね。しかし、大学がそんなに
簡単に「ザ・コーポレーション」になってしまっていいのかしらん。これも
一種の「ネオリベラリズム」なのかなぁ、とイルコモンズなんかは思って
しまうのですが、それはさておき、この「格付け」をやってる「格付投資
情報センター」によれば、ランキングの判定基準はこうなってるそうです。
.............................................................................................

 AAA・・・・ 信用力は最も高く、多くの優れた要素がある。
 AA・・・・・・信用力は極めて高く、優れた要素がある。
 A・・・・・・・・信用力は高く、部分的に優れた要素がある。
 BBB・・・・・信用力は十分であるが、将来環境が大きく変化する場合、
        注意すべき要素がある。
 BB・・・・・・信用力は当面問題ないが、将来環境が変化する場合、
        十分注意すべき要素がある。
 B・・・・・・・・信用力に問題があり、絶えず注意すべき要素がある。
 CCC・・・・・債務不履行に陥っているか、またはその懸念が強い。
        債務不履行に陥った債権は回収が十分には見込めない可能性がある。
 CC・・・・・・債務不履行に陥っているか、またはその懸念が極めて強い。
        債務不履行に陥った債権は回収がある程度しか見込めない。
 C・・・・・・・・債務不履行に陥っており、債権の回収もほとんど見込めない。
....................................................................................................

それでは仮に、イルコモンズ・アカデミーを「大学」と考え、さらにそれを「企業」
として評価したら、その格付け評価はどうなるか。これについては自信をもって
断言しますが、ズバリそれは「トリプルC」のそのさらに下をゆく「ウルトラC」です。
なにせギフト・アカデミーなので収益はゼロ、教材集めと交通費そのほかで
債務は火の車、赤字の大車輪。いっぽう社会的信用力はこれも限りなくゼロで、
イルコモンズ・アカデミーに融資する銀行や投資家など、どこにもないでしょう。
助成金や補助金を出す省庁や機関もないでしょう。それにそもそもアカデミーの
主な内容は、グローバリズムとグローバル企業のビジネスモデルを批判するもの
が多いので絶対に企業ウケしないはず。ということで、そんな格付けランキング
最下位のイルコモンズ・アカデミーを、格付けランキング最高位の東京大学で、
ゲリラ開催します。外から石を投げつけるより内部に潜入して内側からくすぐる、
内側に何かを持ち込んで(←爆弾じゃないですよ、音と映像とごはんです)、
こっそり何かを置いてくる(←ゴミはちゃんと片付けます)、それがバンクシーを
師と仰ぐイルコモンズ・ハックキングのABCのA、イロハのイですから。

 イルコモンズトラベリングアカデミー in 東大
 2006年10月14日(土)13:00-19:00
 東京大学工学部2号館93B-1 
 参加無料・資格不問 *給食あり

d0017381_1565790.jpg今回のアカデミーは、東大がトリプルA認定の
コーポレションとして認定されたことを記念し、
「コーポレーションとはすなわちサイコパスである」
と診断してみせた傑作ドキュメント映画「ザ・コーポ
レーション」をみて、はたしてこのまま東大をとびきりの
サイコパスにしてしまってよいのか?どこよりも高度に
企業化した大学でアカデミーのインディペンデント性は
キープできるのだろうか?といったことを勝手に案じ、
トリプルA認定で、有頂天になってる(かもしれない)東大に冷や水をあびせてあげたい
と思っています。その他の詳しいことが決まり次第、また追ってお知らせします。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-03 02:02
▼イッセー尾形 feat. ソクーロフの世にも「可笑しい」映画
d0017381_2256307.jpg映画「日本心中」を撮った大浦さんは、世に云う
「大浦・天皇コラージュ事件」で知られる美術家で、
その大浦さんと映画が終わった後、ロビーで
思わず話がもりあがったのがソクーロフの映画
「太陽」。イルコモンズは大絶賛。大浦さんも、
「いろいろ複雑な思いはあるけど」と前置きし
つつも「映画としてはよくできてる」とおおむね
肯定的。確かに大浦さんとしては「複雑な思い」
があると思うので、大浦さんの感想を書くのは
控えますが、イルコモンズは「いい映画だ」と
断言します。もしよくないところがあるとしたら、
それは、このDVDのパッケージで、これは
明らかにミスリーディングなデザインだと思い
ます。たしかに映画の前半はソクーロフらしい
独特のフィルターのかかった耽美な映像ですが、
イッセー尾形が「あっ、そう」という科白を口に
しはじめたあたりから、だんだんこの映画は、

ソクーロフの映画ではなく「イッセイ尾形 feat.ソクーロフの天皇コント」になってゆき、
この映画の最大のみどころである「可笑しさ」が次第にこみあげてきて、ある瞬間に、
それが「パパン!」とはじけます。それがどこかは云いませんが、もし観たのが映画館
じゃなかったら、確実に大笑いしてました。もう一度いいますが、この映画の最大の
みどころは「可笑しさ」つまり「笑うことが可能で」、実際に大いに「笑える」という点で、
天皇を主人公にしたセミドキュメントの映画で「笑える」というのは凄いことだと思います。
これまでずっとタブーとされてきたものをはじめて主題にした映画でまさかこれほどの
達成があるとは思ってもみませんでした。しかもその笑いは、天皇を虚仮にするもので
はなく、かといって美化するのでもなく、そのどちらでもないスレスレの笑い。ほんの
少しでもその加減を間違うと、たちまちバランスをこわし、この映画を批判し攻撃しよう
と待ち構えている者たちに、つけいるスキを与えてしまいかねないような、そういう
あやうさを巧みにすりぬけながら繰り出されてくる絶妙の間合いをもった笑いです。
結果としてその笑いが、この映画を右側からも左側からも批判しにくく、また史実や
実像とは違うなどと指摘すること自体、野暮だと思わせてしまうようなメタ政治的で
メタドキュメンタルな作品にしているように感じました。ともかくイッセー尾形の演じる
コント(=小劇)がうまい、うますぎる。そのうますぎる上等のコントに、ソクーロフの
耽美な映像と繊細な音楽がついてくるのだから、こんな贅沢なコントは他にないと
思いました。後はこの映画をみる側が、イッセー尾形演じるペーソスあふれる天皇と
実在の天皇とを同一視するというマチガイさえしなければ、完璧な映画だと思います。
映画中盤のファンタジックなシークエンスの挿入やラストの弛緩したコントもそれぞれ
よく計算されたもので、リアリティとテンションのつくり方とこわし方は共に見事でした。
また、これまで「日本の一番長い日」なんかでドラマチックに描かれてきた終戦の日の
出来事がポンとぬけていたりとか、そのへんの脱神話化もうまいなと思いました。
トリン・ミンハがステレオタイプを脱構築する実験映画についての評論のなかで
「大胆な省略と精密な描写」ということを書いてますが、そうした点でもこの作品は、
天皇を主題にしたアヴァンギャルドな実験映画になってると思いました。いずれ、
字幕つきのDVDがリリースされたら、今度は家で大笑いしながら、もう一度みたいと
思うほど、よくできた、いい映画でした。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-03 00:17
▼魂の両替
d0017381_2232420.jpg【魂の両替】 (たましいのりょうがえ)
(1) 知識や才能をお金に替えること
(2) 思いつきやひらめきを商品化すること
(3) 精神のはたらきを売り物にすること
「イルコモンズ小辞典」より

イルコモンズがついつい働きすぎて
しまうのは、この「魂の両替」が身に
ついてないせいらしい。たしかに、
そうかも、、、デザインでもなんでも、
汗水たらして働かないと、ちっとも
働いた気がしない。知識や才能に対価を求めるのは詐欺のような気がするので、
知的労働のはずがいつの間にか肉体労働になってる。「もっと給料をよこせ」と
思うのはパン工場でケーキづくりのバイトをするときぐらいのもの。なんという、
古臭い労働観だろう。これではまるで中世の田舎の農夫である。なにより、
こういう前近代的な労働観を持った人間は学者と芸術家にはむかない。
なるほど、これで謎がとけた。それにしてもいったい誰がイルコモンズを
こんな人間にしたのか?

【こたえ】 ばあちゃん (←ぢゃ、しかたないな)
[PR]
by illcommonz | 2006-10-02 22:04
▼頭のうえでハルカリのふたりが
d0017381_7405797.jpgストロベリーちっぷす田中チガイみっくすダンスを
踊ってるみたいに、頭がズンドコ・ズンドコと
痛くなってきたので、一回やすみ。

あ、その前に、こないだ書き忘れましたが、
このビデオをステレオ3D画像をみるときの
立体視の目(交差法)でみると、ハルカリが
3人になったり、飛び出したりしてきて、
アタマが田中チガイになりますので、
ぜひ、お試しを。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-02 07:41
▼僕らはみんな殺戮の傍観者
d0017381_325117.jpgあちゃー、ワールズエンドのライヴ、
今日だったんだ。見逃した。。。

「いいにおいのするメルヘン」
10月1日(日) 18:00 渋谷O-NEST
world's end girlfriend / キセル /
降神/ Vampillia / HOSOME

ライヴを観てきた知り合いの
証言では、ラストに演奏された
「WE ARE THE MASSACRE」は、
「もはや崇高としか形容のしようが
ないもの」だったそうです。

たしかに、ロゴペニスがつくったプロモ・ヴィデオと一緒にきくと
うつくしいのかおぞましいのか分からなくなるからなぁ。。。。
[PR]
by illcommonz | 2006-10-02 03:30
▼1597年のラテン・グラフィティ
クロアチアのドブロヴニクにある教会の壁には、こういうグラフィティがあるそうです。

d0017381_32277.jpg
書かれたのは1597年で、ラテン語でこう書いてあるそうです。

 君たちはいずれ死ぬ、君たちはほんの束の間のあいだ、
 ここで生に興じるだけだ、そのことを忘れないように。
 どうか君たちが平和とともにあらんことを。
 (Pax Vobis Memento Mori Qui Ludentis Pilla)

16世紀のグラフィティ・ライターはなかなかクールだなぁ、、、、
[PR]
by illcommonz | 2006-10-02 03:03
▼いつか、偏見の、彼方に
d0017381_0215489.jpgいる誰かに届くと信じてましたが、
ようやく届いたようで、ほっとしました。
すでにご存知の方もいらっしゃると
思いますが、レバノン戦争の時に、
イルコモンズがYouTubeにアップした
キース・ジャレットの「虹の彼方に」と
ベイルート市街の空爆映像のマッシュ
アップムービー「SOMEDAY OVER
THE WINDOW」
について、今から
一月ほど前に、このムービーに対する
最初のコメントとして、こういうコメントが
つきました。

「ジャレットの音楽を、テロリストであるアラブの大儀のために誤用するなんて、
よくもまぁ、そんなことができたもんだ。お前はきっと告発されるだろう」
(How dare you misappropriate jarrett's music to support your
terrorist/arab cause. You should be sued.)

いうまでもなく、エドワード・サイードが「オリエンタリズム」という概念で徹底的に
批判したのが、この「テロリスト」と「アラブ(人)」を同一視してしまう偏見に満ちた
まなざしとその暴力であり、むしろ、こうした偏見の方こそ告発されるべきものじゃ
ないのかしらんと思ったのですが、それに真正面から反論するより、こういう偏見
が現実に存在するというナマナマしい事実(そしてこの偏見がブッシュやブレア
たちがいう「テロとの戦争」を後押ししている)を、YouTubeのようなパブリックな
場でしっかり共有することの方がいいように思ったので、あえて反論せず、削除も
せず、このコメントをくれた人物にはわるいけど、応答せず、ずっと放置してました。
そうしたのは、YouTubeは、オープンな発言の場なので、いつか、この偏見の
向こう側にいる誰かが、イルコモンズの代わりに、何か云ってくれるはずだという
期待があったからで、告発されるなら告発されてもいいという気持ちで待機して
ましたが、ついに昨日、イルコモンズの代わりに、応答してくれる人物が相次いで
現われ、救われた気分になりました

「君みたいに、せまい心と偏った考えを持った人が、よくもまぁ、ジャレットの音楽を
きけるものだね」
How Dare someone narrow minded and brainwashed asyou
even listen to Jarretts music.

「すばらしい、なんという愛と悲劇... よくできてる。私はキース・ジャレットの音楽の
ファンで、70年代からずっと演奏してる。テロリストだとかアラブだとか、せまい心
だとか偏った考えだとか、そんなことじゃないんだよ、これは。」
Great! Lovely and tragic . . well done. I've been a fan of KJ's
music and playing since the 70's. terrorist/arab/narrowminded
/brainwashed it is not.

そう、そういうことじゃないんです、これは。これが何なのかはイルコモンズにだって、
わかりません。うつくしいのかおぞましいのか、リアリズムなのかファンタジーなのか、
人道的なのか残酷なのか、レクイエムなのかプロパガンダなのか、よくわかりません。
わからないけど、ほとんど偶然にできてしまったこの映像と音楽には、人の心を
揺さぶる「何か」があるのを感じ、それは、文化や言語や世代や国家を越えて
共有可能なものだと思ったし、そうあってほしいと思ったからこそ、批判や反論や
違和感はあるとしても、いつか必ずそれを飛び越えて、その彼方にいる誰かに届く
はずだと思って YouTube にアップしました。ものごとの見方が偏ってるという点
ではイルコモンズも相当に偏ってます(だからこそ「イル」コモンズなわけです)。
またイルコモンズはポストモダンの教育をうけた世代なので、つくった人間が
そのつくったものについて一番ただしく理解しているとも思ってません。つくった
当人だからこそ分からない盲点があると思ってます(というより、これは偶然
みつけた二つの映像と音を組み合わせたら勝手にできてきたもので、自分
たちがつくったとすら思ってません)。だからこそ、いろんなコメントや応答の中で、
これが何なのかを誰かがいずれ教えてくれるだろうと思ってアップしました。
そしてそのコレスポンダンスは、カビの生えたような古臭いオリエンタリズムの
議論などからはじめたくなかったし、さらに云えば、キース・ジャレットの音楽の
話にもしたくなかった。なにより、いちばん届けたい相手は、レバノン人であり、
イスラエル人でした。ただ、これができてきた時、なぜか直感的に、これは
「エコーグラフィー」だと思ったので、エコーのように後からすこし遅れて残響が
かえってくると思ってました。そのエコーのひとつが、ようやく遅れて返ってきて、
素直にうれしいと思いました。よかった、、、、

-----------------------------------------------------------------------------
[追記1] 同じく「HUM BOMB」の方にもちらほらコメントがついてきました。

[追記2] 「レバノン南部から完全撤退 衝突再燃も」
イスラエル軍は1日、レバノン南部に駐留していた地上部隊数十人が撤退し、レバノン
紛争の制圧地域からの完全撤退を終えたと発表した。ただ、イスラム教シーア派民兵
組織ヒズボラが拉致したイスラエル兵2人の解放やヒズボラの武装解除など、停戦
条件としてイスラエルが掲げた要求は依然実現しておらず、衝突再燃の火種を残した
ままの撤退となった。今回の紛争はヒズボラによるイスラエル兵拉致(7月12日)に
端を発し、レバノン側に約1200人、イスラエル側に約160人の犠牲者を出して82年
のイスラエルによるレバノン侵攻以降、最悪の衝突に発展した。国連安保理決議に
基づき8月14日に停戦が発効。イスラエルは(1)ヒズボラが拉致した兵士の解放
(2)ヒズボラの武装解除(3)レバノン、シリア国境への国連軍の配置などを求めて
きたが、いずれも実現の見通しは立っていない。(毎日新聞 10月1日)
[PR]
by illcommonz | 2006-10-02 01:40
▼死体置き場で眠り、軍鶏の肉を食らう
d0017381_1746289.jpg昔から「学者と絵描きには嫁をやるな」
といわれ、学者と芸術家は、今も昔も
だいたい貧乏ですが、イルコモンズは
その両方の"なりそこね"なので、
ほとんどダブルスコアに近い圧倒的
大差で、貧乏です。ちなみに今どきの
「格差社会」では、月収が年齢を下回ると
「下流」なのだそうですが、イルコモンズ
なんて、全員の月収をかき集めても、
年齢の半分にも満たないので、
あっはっはーのはーの大貧民です。
ということで、お金に縁のない、そして、
お金にならない仕事の多い(今回も赤字)
イルコモンズがいつも旅先で泊まるのは、

日本にやって来た口の悪いガイジンさんたちがよく、ジャパニーズ・ビジネスマンの
「コフィン・ルーム=棺桶部屋」とか「モルグ=死体置き場」と呼ぶカプセルホテルです。

大阪の梅田にはイルコモンズが常宿にしているカプセルホテルがあり、今回もそこ
泊まりました。一泊2,700円で、600円を払うとサウナ&バスがついてきます。そこは、
日本で最初のカプセルホテルで、セル状に連結されたカプセル・ルームのコンセプトと
基本デザインは、建築家の黒川(記章)さんによるものです。建てられたのは、大阪
万博の後で、築30年を超える物件です。アスベスト問題などで、つい先ごろ、取り壊し
が決まった中銀カプセルタワーや、心斎橋のソニータワー、国立民族学博物館などと
ほぼ同じ頃に建てられたメタボリズム建築ですが、同じ公共建築物でも、こちらは、
ゴリゴリの商業的宿泊施設で、しかもそれは、生き馬の目をぬく梅田の歓楽街の
どまんなかにあり、その界隈はカプセル&サウナの激戦区でもあるので、それだけに
リノベーションとメンテナンスがきちんと行き届いてて、今なお現役で、誰でも
(ただし男性のみ)、安価で気軽に利用できる公共の宿泊施設として機能してます。
イルコモンズも、かれこれ15年近く愛用してますが、いつ行っても清潔で、機能的で、
サービスも豊富。特にサウナ&バスは、メタボリズム的な増殖をくりかえしています
(名物はライヴカメラつきのプールとペントハウスの露天風呂)。そして写真のように、
カプセルルームには、他のカプセルホテルにはみられない、レトロフューチャーで、
ゴージャスな黒川デザインのテイストが刻印されています。カプセル内にビルドイン
されたテレビやエアシューター、コントロールパネルは、中銀カプセルタワーのそれを
彷彿させるつくりになってますので、中銀カプセルを体験しそこねた万博世代の方は、
ぜひ梅田で2,700円払って、死産した21世紀のあかるい未来の夢をどうぞ。

d0017381_19395752.jpgそれと、もうひとつ、この梅田のカプセルに泊まる
たのしみは、そこから歩いて3分くらいの
ところにある鶏料理の店「軍鶏本店」で、
同じ「軍鶏」でも、本店のこの店にしかない
「地鶏もも串ガーリック焼き(300円)」は
絶品です。このおいしさは説明不可能。
「とにかく、食べてみよ、そして、驚け。
これが、鶏だ!」というより他ない旨さです。

「宮崎直送の鶏肉」というので、たぶん日向鶏だと思いますが、本場の宮崎でも
こんなものは食べたことないです。インドやアラブにも旨い鶏料理は山ほどあり
ますが、インド人もアラブ人も納得の旨さだと思います。カーネル・サンダース
秘伝の27種類のスパイスなど「こどもだましにすぎない」と鼻で吹きとばすような
豪快な旨さです。昔、道場六三郎が「料理とは素材を迷わず成仏させることだ」
と云ってましたが、これなら食べられる鶏たちだって、死んでも本望、迷わずに
成仏できる旨さです。口にほおばると、人間の肉食の業(ごう)と同時に、よろこび
を感じ、つぶされた鶏たちの冥福を祈りたくなる旨さです。(それにひきかえ、
ケッタッキーフライドチキンにされる鶏たちは気の毒だなぁ)。

というわけで、大阪に行くたびに思うのは、梅田のこの「カプセル」に泊まって、
「軍鶏」の肉をたべる程度にお金があれば、それで十分だなぁということですが、
しかしイルコモンズも人の子、それなりに齢をとって、だんだん体がいうことを
きかなくなってきたので、できればあともうすこし日銭をかせげるようになって、
お風呂の後に「健康マッサージ」したいなぁ、と思ったのが今回の出張でした。

d0017381_20153198.jpg仕事柄もともと肩コリがひどく、何年か前に
指圧してもらったときは、「アンタ、こんな体で
よく平気でいられるね、つらくないの?これは、
もうアタシの手に負えないね」と呆れられたほど
重度の肩コリ症で、最近はそのコリが側頭部
に転移してきて、これはたしかにツライ。。。

なのでお風呂のあと、ホテルのラウンジにあった
「スカルプケア・マッサージ(120分) 21,800円」
(宿泊料の割に高い)という看板をみつけ、「あ~、12分で2,000円だったら、
なんとかなるんだけどなぁ」と、ついつい、遠い目(涙目)になってしまいました。

そういえば、子どもの頃、親戚に偏頭痛もちの叔父さんがいて、よく頭の上に
のってくれと頼まれ、サーカスの玉乗りみたいに頭の上に乗ってあげたもの
でしたが、考えてみれば、その叔父さんよりも幾つか齢が上になったんだなぁ、
誰か頭ふんずけてくれないかなぁ、と思いながら、「衣食住」のギブ&テイクも
大事だけど、晴れ晴れと生きてゆくには、無償の医の交換も必要だなぁ、と
気がついたイルコモンズ。

d0017381_2183424.jpg



あたま、いたいなぁ、、、、
[PR]
by illcommonz | 2006-10-01 20:32