Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2006年 11月 ( 65 )   > この月の画像一覧
▼ビッグヒットの年
d0017381_11293470.jpg
「ロックの神様」とか「小僧の神様」とか、そういう神様たちがやってみせてくれることは
好きだけど、いわゆる大文字の神様のやることは、どうもいまひとつ、信用できないし、
あてにもしてない、そのくせ、イルコモンズには意外と迷信ぶかいところがあって、
厄年をなめてるいるとかならず痛い目にあうと思う。というか、バチがあたるとおもう。
霊長類だとかいって、いくら偉そうにしてたって、人間なんてしょせんサルなのだから、
40年も生きてれば、かならず故障する。ひとつかふたつはバグがでる。それがヒトの
運命であり、生きものの定めである。ということで、いよいよ来年は大本命、絶体絶命の
大厄の年である。来年をのがしたらももう二度とチャンスはめぐってこない一生に一度の
大厄である。泣こうがわめこうが必ず厄年はくる。誰のうえにもひとしく厄が降りそそぐ。
生きとし生けるものはすべて平等に厄年をむかえる。はれるや、厄年、ばんざい、厄年。
ついに、あの元祖天才バカボンのパパと同じとしになるのである。すごい。41年生まれが
41才にになる来年はきっとあたり年だと思う。ビンゴ、厄年。ラッキーナンバーは41である。
------------------------------------------------------------------------------
[追記1] 世の中には厄払いというのがあるらしいが、そういうのはどうも信じられないし、
気休めのような気がする。そもそもそれは、いかなる法則にしたがっているのか?と
いいたい。もしどうしても厄をのがれたいというのであれば、こうしてみてはどうだろう。
大厄の女と大厄の男を縁結びさせるのである。そうすればマイナス×マイナスで一気に
プラスに転じて大逆転が起きるはずである。これはちゃんと算数の法則にのっとってる
ので効き目があると思うのだが、どうだろう。
[追記2] 上の作文をよみかえしてみて、宗教、自然、動物、科学、工学、迷信、、、、と
結局、自分がどれを信じているのか、よくわからないことがよくわかった。
[PR]
by illcommonz | 2006-11-30 12:12
▼おしらせ
d0017381_95828.jpgあはは、そうだった。
愉快がってる場合ぢゃなかった。
んんん、、、、うたでもうたうか。。。。

あーあー このたびは、
きらくな、かえりみち、
のたれ死んだところで、
ほんとうの、ふるさと、
あー そうなのか、
そういうことなのか、
びりー、びりー、
なびげーたーは、
たましいだ。
[PR]
by illcommonz | 2006-11-30 10:49
▼異なるもの好きなる異なるものたち
要するに、現代美術家や、文化人類者である、というのは、こういうことなのかも。

d0017381_655695.jpg
つまり、どちらも「異なるものにこそ価値がある」と考える「異なるモノ好き」なの
である。そしてこの「異なるモノ好き」をこじらせて自ら「異なるもの」になったのが、
どうやらイルコモンズらしい。それを標語にするとこうなる。

「イルコモンズのイは異なるもののイ」

そして、よくみれば、その「異」という文字は、「共」によって支えられている。
つまり、あらゆるものごとはすべて「共に異なるもの」であるのかもしれない。
ふむ。

そういえば、こないだ死んだクリフォード・ギアツが、文化人類学者というのは、
「現場にいるネイティヴのひとたちの肩越しにものを見る者だ」と書いてたけど、
その惰性的な立ち位置の向きを変えて、「異なるものの側から異なるひとたちの
肩越しに話す、自らもまた異なる者としての文化人類学者」というのもあっても
いいなと思った。いまだ書かれざるその実験的民族誌の題名はこうなるはず。

「ストレンジャー・ザン・ネイティヴズ」

あるいは、

「ダウン・バイ・ローセオリー」

か。
[PR]
by illcommonz | 2006-11-30 06:28
▼思いを切らせて惰性を断つ試みの書類
東京のある大学が「これまでの惰性を断ち切る、思い切った試みをしてゆく」、
人文学・社会科学・芸術関連の学院をつくるらしく、そこの非常勤講師(年俸
40まんえん)を募集してたので、応募してみることにした。今日が〆切なので、
いそいで履歴書をアップデートしたら、A4サイズで33ページあった。

d0017381_48499.jpg
「学会における活動」がほんのちょっぴりで、「そのほかの社会における活動」が
ものすごく多い非常にバランスのわるい履歴書になった。というか、履歴書に
みえない。しかも専門である文化人類学の「主たる業績」がほとんどないので、
「そのほか参考となる資料」で埋め合わせようと思い、現代美術、建築、映画、
現代思想、政治哲学、音楽、演劇そのほかもろもろについて書き散らかしてきた
「主たるイルコモンズ文献」をかき集めて、箱に詰めたら、ますます応募書類に
みえなくなった。すくなくとも応募書類の惰性的形態からはかなり逸脱してる。

自分でいうのも変だが、もし自分が人事担当者だったら、こういうややこしそうな
人物を採用するのには抵抗を覚えるだろうなぁと思ったので、「思い切って」、
この時点で採用はあきらめ、人事担当者をただびっくりさせる(呆れさせる)
ためだけに応募してみることにした。文字どおり「思い切って」、「これまでの
応募書類の惰性を断ち切る」ことを「主たる応募の目的」にすることにした。
イルコモンズである(になる)というのは、つまりなんというか、そういうことで
あり、常識やぶりと常識ずらしが現代美術と文化人類学の華であり、最大の
よろこびなので仕方がない。イルコモンズにとって現代美術と文化人類学は
職業選択の自由がある職業ではなく、辞めても捨てても死ぬまでついてくる
宿世の業なのだから仕方がない、とあきらめたら、だんだん愉快になってきた。
愉快なのが一番である。

もとより非常勤講師は「研究職」ではなく「教職」であり、「研究室」ではなく
「教室」で講義をするのが仕事なので、それならば、と、「教材見本」もつける
ことにした。「文化人類学解放講座」の全ブログと配布プリント資料、前期・
後期の試験問題をCDRにパッケージして、ちゃんとジャケットもつけた。
応募書類というより、33ページのブックレットがついたCDブックみたいである。
だんだんおもしろくなってきたので、講義用に編集した教材映画「ブロディの
報告書~文化相対主義の発見」を世界初DVD化して、それもつけることにした。
もちろんジャケットもつくった。下の画像がそれである。

d0017381_4532641.jpg
d0017381_456634.jpg
これを「A4数枚程度にまとめた担当予定科目の授業計画」のかわりにして、
宅急便で送った。書類審査の結果、オーディション(模擬授業)と面接もある
そうなので、採用されなくてもオーディションだけは受けてみたいと思った。

合否はともかくも、こうしてまた「そのほかの参考となる資料」がひとつふえ、
次の履歴書の記載事項がふえた。「そんなことでいいのか?」といわれれば、
いいのかわるいのかよくわからないけど、「そんなことをしてたのしいか?」と
いわれれば、これはたのしい。「それでしあわせか?」といわれれば、それは
ぅうん、、、、、、どうだろう。それはまた来週。
[PR]
by illcommonz | 2006-11-30 05:16
▼学校の文学
d0017381_451267.jpg「わざわざお弁当つくってくれなくていいよ」
ホーマーはちょっと黙ったが、また続けた。
「この仕事、ぼくの一生のなかで最高の
出来事だけど、おかげで学校がばかばか
しくなっちゃうなぁ」

「そうでしょうね。学校は、子供たちが
世間で危ないことに巻き込まれない
ように、集めておくためのものだもの。

でも、子供はみんな、そうしたくてもしたくなくても、いつか世間に出なければ
ならないわ。親が子供を世の中にだすのを怖れるのは無理もないことだけど、
でも、ほんとは怖れることなんか何もないのよ。世の中はおびえた子供で
あふれてる。おびえてるからお互いに脅しあうのよ。どんなときでも分かろう
とする努力を忘れちゃだめよ。どんな人も愛そうとする努力を忘れないこと。
私は毎晩、この居間でおまえを待ってます。でもおまえが話したいと思わない
限り、話してくれなくてもいいのよ。おまえの心の中を一言でも言葉にしたく
ないときが、きっとあるだろうって、私には分かるから」

母親は息子の顔をみた。
「疲れた顔して、さあ、もうお休み」

「うん」 少年は云って、寝室へ向かった。

.......................................................................................
ウィリアム・サローヤン作 「ヒューマン・コメディ」より
[PR]
by illcommonz | 2006-11-29 05:02
▼文化人類学解放講座:オープン・テストの問題と結果
d0017381_4133967.jpg更新するのがすっかり遅れてしまいましたが、
前期のテストのまとめです。

今年ももうじき後期のテストです。
後期もがんばってみてください。

............................................................................................

【説明】
今年(2006年)も大学から「試験中の不正行為未然防止について(お願い)」の
通達がありましたので、「文化人類学解放講座」の今年の夏のテスト(解放模試)の
問題は今年もまたこれです。これからもずっとこれです。

d0016471_432618.jpg
【問題】
前期の講義で見た映画や資料をもとに、自分で回答できる問題を自分でつくり、
その問題に自分で答えを出し、それを自分で評価してください (参照物すべて可、
グループでの話し合い可、PC・携帯・電子辞書などの使用オール可)。

▼「答案用紙」 pdf版

よって今回も「不正行為」はゼロ(無理)です。このテストは、自分がどこまで
インディペンデントに、かつ、フリーになれるかを自分で試す模試(テスト)です。

d0016471_2532544.jpg【試験中】
知は共有物です。知識は
いくら人に与えてもへらず、
分け合えば分け合うほど
豊かになる共有資源です。
提出された答案はすべて
おもてをむけてテスト中の
教室で公開し、自分ひとり
では思いつかなかったような
答えやその表現のしかたを
互いに共有しあい、みんなが
よりよい答案をつくれるように
しました。

【BGM】
Wunder "Look for Yourself"ほか

【結果】(下図:前期の期末試験の答案)

d0016471_303451.jpg
知識の共有と協働からできた答案です。文字だけの答案用紙は、それがたとえ、
どんなによく書けていても、1メートル離れて見ると他の答案と区別できませんが、
これらの答案は、1メートル離れてみても、それぞれに個性を表現しています。
人に何かを伝えようとする時は、内容もさることながら、表現の方法も大事です。
どんなにすばらしい内容でも、それを伝える媒体や表現がともなわなければ、
人の目にはとまりません。遠くまで届きません。伝えたい相手に伝わりません。
情報にあふれた社会では特にそうです。また、なにかを表現するにはそれをみる
他者についての想像力が必要です。文化人類学は他者を理解する学問ですが、
しかしその前にまず、他者の存在を想像できなければ、理解もはじまりません。
「想像力よ一歩前に、理屈はあとからついてこい」。これがこの講義のスローガン
です。後期の講義では「グローバリゼーション」について学びます。そこでは
さらにもっと想像力が必要になります。さまざまなドキュメントフィルムをみて、
テレビやマスメディアが報道しない「グローバリゼーションのうらがわ」を知る
だけでなく、グローバリゼーションが地球に与えているダメージや、人類とその
未来(特にこどもたち)に及ぼしている災いとその苦しみを想像することが大事
です。知識だけでは共感も行動もうまれません。たとえば、スウェットショップと
よばれる工場では、第三世界・第四世界のこどもや女性たちが、ひどい労働
条件と環境のもとで、驚くほど安い賃金(時給50円未満)で働かされていて、
それがグローバリゼーションをささえています。そうした、いま・そこにいる・
見えない他者たちの存在を、ただ知るだけでなく、その苦しみやつらさや
みじめさを想像し、それに同情し、そうした不正に対してたちあがった人たちに
共感を感じるような想像力と情動を身につけ、それを表現する方法を学ぶことが、
後期の講義の目的です。

ただひとつ注意しなければならないのは、大胆でユニークすぎる想像力は、
それを理解できない人たちからの誤解をまねきやすいということです。
たとえば、このヴィデオはそれを教えてくれています。

(教材) ▼公共広告機構 「黒い絵」
http://www.youtube.com/watch?v=SNv4hBbu8K4
d0016471_3552088.jpg
黒い生徒 「は~い、先生、異議がありま~す。心にうかんだことをそのまま
書くのではなく、誰かに伝えるための表現方法と場が必要なんです」
白い先生 「誰からそんなことを教えられたのですか?」
黒い生徒 「いるこもんずで~す」

というわけで、自分の想像しているものを、ただしく表現し、他者にただしく伝達し、
なおかつ、他者と分かち合うための方法や手段を身につける必要があるのです。
この「黒い絵」のこどもの不幸は、自分が想像したものを、誰にも伝えず、自分
ひとりだけでやろうとしたことで、自分ひとりでやること自体はわるいことでは
ありません。本当の不幸は、想像力を表現し伝達し分かち合う方法や手段を
教えてくれる大人がいなかった(あるいは授業がなかった)ことではないでしょうか。
[PR]
by illcommonz | 2006-11-29 04:16
▼美術になにか起こったか?
d0017381_750849.jpgともよめる。

もう本屋にならんでるそうです。

椹木野衣「美術になにが起こったか1992-2006」
国書刊行会 全276ページ ¥3,360

まだ実際に手にとってみてないので、
紙やインクの質感はわかりませんが、
ステンシル・グラフィティっぽいですね。
「が」の文字のヨゴシがうまいなと思いました。
かつてはポップとスーパーフラットのキー
カラーだったイエローが、ここではすっかり
貧しくなり、ささくれだった警告の信号に
かわってるのが世相を反映してると思いました。
[PR]
by illcommonz | 2006-11-28 07:53
▼「美しい国」の"よごれた非国民"の抵抗服
d0017381_7282568.jpg衣替えの季節なので段ボール箱から冬物の服を出した。
この冬の流行は、なんといっても「美しい国」なので、
「美しい国」に住む「よごれた非国民」にふさわしい
冬のワードローブとコーディネートを考えてみた。
←それがこれ。展示会場の壁のペンキ塗り作業で
ペンキだらけになった「きたないウインドブレーカー」と、
さんざん着古して袖がヌけてしまった「こぎたない
パーカー」の小粋に貧しい組み合わせ。二十一世紀の
パンク・ルック。四〇歳になってもまだこんな格好を
しようと思わせてくれた「美しい政治家たち」に感謝する
とともに、「美しい国」のファシズム・モードに反対する
「きたない格好をした非国民ファッション・デモ」とか
あったら、面白いだろうなぁと思った。
[PR]
by illcommonz | 2006-11-28 07:31
▼くまずき
d0017381_7154892.jpgイルコモンズのくま好きの理由は母親がつくった創作童話にあるらしい。
それは、りすのこどもを主人公にしたロード・ストーリーで、土方久巧の
「ぶたぶたくんのおかいもの」にちょっと似てる。だいじなにもつをなくして
泣きべそをかいてた、りすぼうやを、くまがたすけてくれるのだ。
「ぶたぶたくん」のおはなしとのちがいは、「おかいもの」ではなく、
「おつかい」だということ。「きゃらめる」はでてこないけど、「ぷりん」がでてくる。
たのむと「ホットケーキ」にしてくれることもある。ハッピーエンドの物語のおわりに、
今なら著作権法に抵触するような登場人物が引用される、そんなちょっとPOPな
おはなし。絶対に売れないものがひとつあるとしたら、その手書き原稿がそれかな
と思った。それは「非常持ち出し袋」の中にしまってある。
[PR]
by illcommonz | 2006-11-28 07:23
▼イルコモンズの無買日
d0017381_651023.jpgちびこもんずアカデミーの会場にPCを忘れたまま
帰ってしまってたので、日本橋のCET06地帯に
取りに戻ったついでに、田中偉一郎、飴屋法水
そのほかの参加による「人が売りたくないと
言っているものを、ムリヤリ売る展」をみる。
その後、神田まで歩いて「レンタライフ展」もみる。
いずれも BUY NOTHING DAY とは関係なく
企画されたものだけど、売買に抵抗する点で
どこかつながってる。人が「これだけは誰にも
売れない」というものや「簡単に売り渡したくない」
というものをみるのはたのしい。特にそれが他人
にとってはどうでもいいものだったり、商品価値や
市場価値をまったく持たないようなものだったり
すると、なおうれしい。その後、飴屋さん家で、
なべをごちそうになった後、コロスケ、クルミ、
ア ヤ、イラウ、ニッポニカ、イルコモンズ全員で
(↑みんなカタカナの変な名前ばっかりだなぁ)
タカラの「人生ゲーム」をする。この晩やったのは、
1968年(昭和43)年製造、初版第二刷の「初代
人生ゲーム」。これはイルコモンズが、いろんな
場所で、いろんな人たちと一緒に遊んできたもの
なので、人に売りたくないと思うもののひとつ。
このゲームをやると、各人の人生観や生活信条、
思想、道徳、倫理、そして、生きざまがゲームの
なかに投影されてきておもしろい。ちなみにこの日、
一文無しになってゴーストタウン行きになったのは、
おかっぱあたまのコロスケと、ぼっちゃんがりの
イルコモンズ。こどもは破産をおそれないらしい。
以上、今年はそんなBUY NOTHING DAYでした。
[PR]
by illcommonz | 2006-11-28 07:03