Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2007年 07月 ( 67 )   > この月の画像一覧
▼歴史はくりかえす
d0017381_2110394.jpg1952(昭和27)年11月27日、
池田勇人通産相が衆議院で
「中小企業の倒産・自殺も
やむを得ない」と発言。
29日に辞任した。

久間防衛相辞任
原爆投下「しょうがない」発言で引責

久間章生防衛相は3日午後、首相官邸を訪れて安倍晋三首相と会談し、米国による広島、長崎への原爆投下を「しょうがない」と発言したことについて、「この問題について皆さん方の理解を得られていないようなので、けじめをつけなければいけないので、私自身が辞任する」と述べ、責任を取って閣僚を辞任する意向を伝え、首相も了承した。久間防衛相は記者団に「長崎の皆さんに『しょうがない』という言葉で迷惑を掛けました。参院選挙への影響を考えて決断した」と語った。参院選を控え、安倍政権への大きな打撃になる。

つまり……決断に際して考えたのは「参院選への影響」らしい(呆)。
歴史はくりかえす、そしてくりかえすたびに、どんどんひどくなる。
自由民主党とは、自由暴言党ではないのか、と誰が思わざる。
この暴言の歴史をみると、この党のどこが「民主」なのか?と
誰が想わざる。
[PR]
by illcommonz | 2007-07-03 21:22
▼D.I.Y.文化事業・見たい映画は自分たちで字幕をつける
d0017381_1692723.jpgCROWD BITES WOLF:
THE PRAGUE FILES.

[Director] Flaco Blag
[Production] Guerilla Vision
[year] 2000
[time] 23min

[review]
Excellent video from the demonstrations against the World Bank
and the IMF in Prague in September 2000. The Bristol posse join
the black block, the pink and silver block and those crazy Italians
in the old Eastern Block.Includes exclusive footage of the 'leaders'
of the demonstration coordinating things from the depths of the
Chiapas jungle.

米国の「カルチャー・ショップ」から通販で購入したこの異色のドキュメント映画に、
日本語字幕をつけるプロジェクトをはじめました。「自分たちが見たい映画には
自分たちで自力で字幕をつける」D.I.Y.文化事業です。補助金も助成金も報酬も
利益も名誉も何にもありませんが、協力・協働・支援するという方がいらしたら、
イルコモンズまでご連絡ください。

内容は、マスメディアの偏向した報道によって、現代に現われた「野蛮人」だと
思われているブラック・ブロックをはじめ、ピンク・ブロックやシルバー・ブロックの
習俗と文化を紹介してくれる(文化人類学者が何と云おうがこれは)「同時代の
民族誌映画」です。チアパスからニセ・マルコス司令官が特別出演してます。
[PR]
by illcommonz | 2007-07-02 16:08
▼世の中がだんだんウス暗くなってくると
d0017381_15453642.jpg風刺と諧謔がにわかに
黒い輝きを増してくる。
だから失望するどころか、
これからが愉しみだ。
高円寺でも下北でも、
いつでもどこでも
これからますます、
人の言いなりになります。

「「警察バンザイ」は、雑誌や
本のなかに再登場しただけ
でなく、私はこれを単独の
ビラとして印刷してデンシン
バシラに貼って歩いた。
またどこかの高校のガリ版
新聞に海賊版があらわれた
とも聞く。みなさんもこれを
ゼロックスにとって、玄関に
はっておくことをおすすめ
したい」。(1972年)
絵と文=赤瀬川原平
[PR]
by illcommonz | 2007-07-02 15:48
▼イルコモンズ・ウィーク(7/7-7/22)
d0017381_252154.jpg下記のとおり、今月は7日から21日まで、
毎週一回(場所によっては2回)、
イルコモンズ活動を行います。

▼「とんでもない映画の覆面上映会」
「下北路上解放戦線 ACT.2 イルコモンズ篇」
日時:2007年7月7日(土)
午後7時から午後10時頃まで
場所:気流舎(東京都○○谷区○沢5-XX-17)

[作品解説] 中村友紀(映像作家)
[質疑応答] イルコモンズ

【注意】 会場が四坪につき収容人数に限りあり
d0017381_2574440.jpg
▼「文化人類学オールナイト解放講座・映像篇」
(イルコモンズの「一橋人類学セミナー」解放講座)
日時:2007年7月13日(金)午後7時から翌朝まで
場所:一橋大学東校舎大教室(東京都国立市中1-1)
[司会] 岡崎彰(アフリカニスト)
[講演] 小田マサノリ(イルコモンズ)
*イルコモンズクーポンによる肉と酒の配給あり、単位なし

週に一度だけの中央大学の非常勤講義では時間が足りず、
結局、一度も使うことができずに死蔵したままになっていた
イルコモンズ編集の未公開教材映像をまとめて公開します。
特に、ドキュメント映画の原点であり、かつ、民族誌映画の
原点でもあるロバート・フラハティの名作「ナヌーク」(1922)と
ザ・レジデンツの「エスキモー」(2002)のマッシュアップ版の
ほか、トロブリアンド諸島の「クラ」のドキュメントを2本立てで
上映します。もちろん「世界残酷物語」もみます。モンド映画の
原点とされる、この映画を文化人類学者がどう評価するかが
みどころです。そのほか、1970年代に撮影されたヌバの
フッテージをリミックス編集した映像など、評価が賛否両論に
分かれるような映像をみて、サウンドトラックの問題などを
中心に、朝までディスカッションします。

d0017381_3019.jpg
▼「イルコモンズ・トラベリング・サミット札幌」
日時:2007年7月21日(土)午後7時から深夜まで
場所:ATTIC (札幌市中央区南3西6長栄ビル4階)
[音楽] EXODUS Hi-Fi meets ROCKY /
    DJサヲリ(Surfins)/ ながたるい
[給食] 滝口一臣(さっぽろ自由学校「遊」)
[映像] イルコモンズ
[講演] 小田マサノリ
*入場料 \1000

▼「イルコモンズ・トラベリング・アカデミー札幌」
日時:2007年7月22日(日)午後1時から4時頃まで
場所:さっぽろ自由学校「遊」
   札幌市中央区南1条西5丁目 愛生舘ビル207
[講演] 小田マサノリ(イルコモンズ)
*会場使用料 \500-

------------------------------------------------------------
[追記] 中央大学の「文化人類学解放講座」は平常どおり開講します。
また、海外のドキュメントやヴィデオに日本語字幕をつけるプロジェクトも
同時進行ですすめていますので、興味のある方はイルコモンズまでご連絡を。
[PR]
by illcommonz | 2007-07-01 03:42
▼問題発言を問題視できない問題のある総理の問題発言
d0017381_2191154.jpg▼久間防衛相発言、問題視せず
=「米国の考え方を紹介」-安倍首相

安倍晋三首相は30日、遊説先の
香川県丸亀市内で記者会見し、
久間章生防衛相が米国の広島、
長崎への原爆投下について
「しょうがない」と発言したことに
ついて、「詳しいことは聞いてい
ないが、久間氏は米国の考え方
について紹介したと承知している。
同時に原爆の惨禍にあった長崎
の被爆地としての考え方にも言及
されたと聞いている」と述べ、現時
点では特に問題視しない考えを
示した。(時事通信社 06月30日)


「問題視しない」のは、いま問題にすると、総選挙に影響を及ぼすから、
「問題視しないことにした」のだろう。あの長官にして、この総理、、、、
ほんとに「自分の足もとのこと」しか考えることができないらしい。
心底、呆れて、あいた口があきっぱなしである。

(顔もみたくないので、会田誠のコスプレ写真を貼ることにした)

-------------------------------------------------------------------
[追記1] これを読む限り「米国の考え方について紹介した」とは思えないのだが。
▼「米の原爆投下「しょうがない」=ソ連参戦防ぐため-久間防衛相」
久間章生防衛相は30日午前、千葉県柏市の麗澤大学で講演し、米国の広島、長崎への原子爆弾投下が日本の無条件降伏につながり、ソ連の北海道侵略・占領を防いだと指摘した上で「(原爆で)本当に無数の人が悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で今しょうがないなと思っている」と述べた。久間氏は長崎県出身。原爆投下を一定評価した発言ともとれるだけに、波紋を広げそうだ。久間氏は当時の戦況について「(米国は)日本が負けると分かっているのに、あえて原子爆弾を広島と長崎に落とした。そこまでやったら日本も降参し、ソ連の参戦を止めることができるということだった」と説明した。(時事通信社6月30日)
 ↓
[追記2] 翌日(7/1)の朝
▼「原爆発言、訂正せず=米投下「是認しない」と釈明-久間防衛相」
 久間章生防衛相は1日午前のフジテレビの報道番組で、米国の広島、長崎への原爆投下を「しょうがない」と発言したことについて、「訂正する必要はない。誤解を与えたところがあれば、そこは丁寧に説明しなければいけない」と述べ、訂正しない考えを明らかにした。久間氏は「一連の戦争が終わったんだという過去のこと(について)、あの時こうすればよかった、ああすればよかったと今言ってみてもしょうがない、という思いで言った」と強調。その上で「米国の原爆(投下)を是認したわけでも、米国に気兼ねして言っているわけでもない。(そう受け取られるのは)残念だ」と釈明した。(時事通信社 7月1日)

[追記3] 翌日(7/1)の昼
▼「原爆発言、事実上撤回=「大変申し訳なかった」と陳謝-久間防衛相」
 久間章生防衛相は1日昼、長崎県島原市内のホテルで記者会見し、米国の広島、長崎への原爆投下を「しょうがない」と発言したことについて「長崎、広島、全国の皆さんに大変申し訳なかった」と陳謝した。その上で「これから先、一切そういうこと(発言)はしない」と述べ、発言を事実上撤回した。久間氏は同日午前のフジテレビの報道番組では、自身の原爆発言に関し「訂正する必要はない。誤解を与えたところがあれば、そこは丁寧に説明しなければいけない」と述べ、訂正はしない考えを示していた。また、久間氏は報道番組で「一連の戦争が終わったんだという過去のこと(について)、あの時こうすればよかった、ああすればよかったと今言ってみてもしょうがない、という思いで言った」と釈明。「米国の原爆(投下)を是認したわけでも、米国に気兼ねして言っているわけでもない。(そう受け取られるのは)残念だ」と語った。(時事通信社 7月1日)
[PR]
by illcommonz | 2007-07-01 02:30
▼暴衛省長官発言に抗議する、左派的な想像力とその心象映像


【暴衛省(原文ママ)長官の核投下容認発言に抗議して再掲載】
「イルコモンズアース~GoogleEarthムービーのための習作」
監督=イルコモンズ 主演=ちびこもんず、ままこもんず
(0分38秒 モノクロ 2007年)

自分が「されたくない」と思うことは他人も同じだと思う。たとえ地球の裏側であれ、
60年前の過去のことであれ、人間として「されたくない」と思うことは同じだと思う。
そういう「されたくないこと」のひとつが、自分が生まれ育った場所や自分の家族の
頭の上に爆弾を落とされるということで、どんな理屈をつけられても、これだけは、
「しょうがない」とは絶対に思うことができない。ヒロシマとナガサキに生まれたの
でもなく、また親類縁者がいなくとも、それが「されたくないこと」だったというのは、
こどもだって想像できるし、こどもの方がずっと想像できる。今回の暴衛省長官の
「しょうがない」という発言に何も云わないでいるということは、この「されたくない
ことをされてもしょうがない」と容認し、いつか自分が「されてもしょうがない」と
あきらめることだと思う。それは嫌だ。自分が「されたくないこと」は、どの時代の
どの土地の人間にとっても同じはずなので、それには断固、反対するし、抗議も
する。いかにも幼稚で素朴な考えかもしれないが、これが核兵器と戦争に反対
する(シンプルだけどもシンプルであるがゆえにゆるぎない)根拠である。そして、
この「されたくないこと」には人種も国境も性別も年齢もないと思うので、地球の
表であろうと裏であろうと核兵器に反対する。かつてドゥルーズは、地球の裏側
で起きたことを、まるで自分の足もとで起こったことのように感じることのできる
感性をさして、それを「左翼的なもの」であると書いたが、それではまだ足りない。
たとえ、それが過去であろうと、やがて到来する未来であろうと、それが、もし、
いま、自分の身に起こったら...と想像することのできる想像力、それを「左派的
なもの」とよんでみたい。要するに、ここでいう「左派的なもの」とは、政治的な
思想や活動のことではなく、想像力のはたらかせかたのことである。
[PR]
by illcommonz | 2007-07-01 02:05
▼長官発言に抗議して「クロスロード」を爆音上映する
d0017381_013153.jpgその昔、美術批評家の
ヨシダヨシエは、丸木位里と
丸木俊の「原爆の図」の
絵を背負って全国を旅し、
各地で講演活動を行った、
という。その故事にならい、
今回の防衛(省)長官の
「大暴言」に抗議するため、
ブルース・コナーの映画
「クロス・ロード」を大爆音と
大画面で自主上映しようと
思う。

アレをみたら、「しょうがない」などという言葉は、金輪際、でなくなると思う。というか、
言葉を失うと思う。たぶん今度の一橋大の「人類学セミナー」でやると思う。ということ
で、明日は、西新宿の「萬年屋」に行って、1.8m×3.4mの「安全用具」を調達しよう。
[PR]
by illcommonz | 2007-07-01 00:23