Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2007年 11月 ( 59 )   > この月の画像一覧
▼BNDパーティー in イルコモンズ・リブートキャンプ京都
d0017381_22554746.jpg▼イルコモンズ・リブートキャンプ京都
日時:2007年11月23日(金)19:00~翌朝
場所:京都市左京区吉田本町京都大学吉田キャンパス
文学部新館第二講義室およびその周辺

この日はちょうどバイ・ナッシング・デイなので、
午前0時からバイ・ナッシング・デイを祝う
セレモニーを行います。参加者の方は、
財布やバッグの中にたまってるレシートを
お持ちください。イルコモンズ特製BDD
ステッカーと交換します。集まったレシートは
バイ・ナッシング・デイのセレモニーで使います。
なお、この日のキャンプでは「いちご」と「うさぎ」、
それに「ドラムサークル」などを予定しています。
参加無料ですので、ぜひどうぞ。
[PR]
by illcommonz | 2007-11-20 22:57
▼BDD - BUY NOTHING DIY EVERYTHING DAY
d0017381_2226553.jpgバイ・ナッシング・デイは、
買い物をしないかわりに、
一日何をして過ごせば
いいのかしら?」という
人に提案。
バイ・ナッシング・デーは、
「なんにも買わずに、
なんでも自分でやる日」 
BDD- BUY NOTHING,
DIY EVERYTHIING DAY
にしてみてはどうでしょう。

ということで、そのポスターと
ステッカーをこしらえました。
バイ・ナッシング・デーの当日、
このステッカーを上着や
バッグに貼って出かければ、
仲間が見つかるかもしれません。
もし仲間が見つかったら、
最寄りのショッピングモールや
デパートで、ウィールマートや
ゾンビーウォークを、ぜひ。

d0017381_22301556.jpg
「BDD/バイ・ナッシング&DIY・エヴリシング・デイ」 A3ポスター(PDF 1.29MB)
「BDD/バイ・ナッシング&DIY・エヴリシング・デイ」 ステッカー (PDF 7.68MB)

d0017381_22352295.jpg▼Whirl–mart
This activity has the advantage of being most likely to piss off security personnel. You and nine of your closest friends silently drive your shopping carts around in a long, inexplicable conga line without ever actually buying anything.

▼Zombie Walk
The cheerful dead wander around malls, marveling at the blank, comatose expressions on the faces of shoppers. The zombies are happy to be among their own kind, but slightly contemptuous of those who have not yet begun to rot.
[PR]
by illcommonz | 2007-11-20 22:35
▼バイ・ナッシング・デイ用ギフトセット
d0017381_21432519.jpg「バイ・ナッシング・デイ」
何もしないのは、カレ・ラスンと
世界中のカルチャージャマーズ
たちに、もうしわけがないので、
急いでこういうものをつくった。

アドバスターズのサイトから
ダウンロードできるポスターの
PDFファイルをもとに、日本の
コピー用紙の規格にリサイズした
やや縦長の日本語版ポスターで
ある。許可なんて要らないので、
勝手にダウンロードしてどんどん
使ってもらえると嬉しい。街でも
目立つようにサイズはA3にした。
たくさんプリントアウトしてヨコに
並べて貼ると効果的だと思う。
あるいは、サンプル画像をブログ
に貼って使ってもらってもいい。
通称「レッド版」が2種類と、
「iBND」版を用意したので、
どれでも好きなものをどうぞ。

d0017381_21524645.jpg「レッド JAPAN版」 (pdf 1.32MB)
「レッド ニッポン版」 (pdf 1.32MB)
「iBND 無買日版」 (pdf 498KB)
d0017381_21531654.jpg
[PR]
by illcommonz | 2007-11-20 22:13
▼驚くほど深く軽蔑される国
d0017381_21161819.jpg左は札幌で配られたチラシ。
文章は、いとうせいこうの
ブログから引用されたもの。
以下、全文無断転載。

「さて、どうやって? と考えているうちに、 来年の日本でのG8サミットのことが気になって仕方なくなった。世界にアピールするなら、開催地・洞爺湖での討議の中にミャンマーのことを入れるように主張しなければならないのだが、そもそも日本でこのサミットをターゲットにしたデモなど行われるのだろうか?俺はそのことが心配になったのである。これまでのどんなG8サミットとも違って、洞爺湖サミットではむしろ完全な無言をもって、世界に日本の異常さがあらわにされるのではないか。なんの抗議行動もない“静かで安全なサミット”が、日本の終わりを明確にするのではないか。政治意識も社会性もない国の、世界史の中での終局の姿がそこに現出するのではないかと思うと、俺はぞっとする。福田政権がサミットまで持つかなどというレベルで、今度のG8を語っていてはいけない。洞爺湖サミットにおいて、「日本に市民がいない」「日本に市民的良心がない」という事実に、世界があぜんとする可能性は大きいのであり、そのときこそ我々は驚くほど深い軽蔑の対象になるだろう。そのことが世界の中での日本の発言力を決定的に低下させることにもなる」。
いとうせいこう「readymade」 2007/10/12) 「2008洞爺湖G8サミットニュース第12号」より

ミャンマーの軍事政権によるデモ弾圧のときにも書いたが、いとうせいこうの想像力はシャープでリアルである。たしかに、今のこの時代に「なんの抗議行動もない"静かで安全なサミット"」などというのが、もし開かれでもしようものなら、それはもう「史上空前の恥さらし」である。それは世界中にむかって「わたしたちは世界のことになど何の興味もなければ関心もない、能天気な消費大国のおめでたい国民であり、永遠に成熟することのないエレクトリック・アニマル・ランドのこどもたちなんです」と宣言するようなものである。「日本に市民がいない」「日本に市民的良心がない」どころの話ではない。そのとき、日本は「驚くほど深い軽蔑の対象になるだろう」というのも、ま・っ・た・く・そ・の・と・お・り・だと思う。笑いごとではない。これからはもう、アニメの話以外、誰も日本人の話などきいてくれないだろう。特にGWや正月に海外旅行に行く人たちは気をつけた方がいい。これからはどこへ行っても冷たくされるにちがいない。どこに行ってもろくなサービスは受けられないだろう。とはいえ、まちがっても文句なんか云わないほうがいい。「G8に抗議すらしなかったような奴らに文句をいう資格はない。石を投げられないだけでも、ありがたく思え!」と怒鳴られるのがオチである。それから海外に留学する大学生たちも覚悟しておいた方がいい。シアトルとバークレーでは、まず友だちはできないと思った方がいい。サンフランシスコもだ。恋愛も友情も愛情も決して芽生えないだろう。それから当分のあいだは、ドイツに行くのも控えた方がいいだろう。「ベルリンを歩けばアナーキストにあたる」というくらいのアナーキストの国である。もし、あたったら最後、ドイツのアナーキストたちの非暴力的罵倒を、なめてはいけない。「この、くそ、ぼけ、かす、あほ、まぬけ、とんま、ばか、ろくでなし、ひとでなし、おに、あくま、ひとくい、いぬ、さる、ろば、(ぴー)、(ぴー)、(ぴー)、(ぴー)、(ぴー)、(ぴー)」とめくるめく罵倒の嵐が待っているだろう。それから知識人や学者も覚悟しておいた方がいい。学会や会議で発言するたびに野次られることになるだろう。しかし、なにを云っても、もう無駄である。なにしろ市民的良心がないことが世界中にばれたのだから、そんな国の知識人に発言力があるはずがない。

d0017381_2103373.jpgしかし、そんなことよりも、
こういう素敵なアナーキストの
若者たちから軽蔑されるのが
やっぱりいちばんこたえる。
もうこれからは一緒に遊んで
くれなくなるだろう。それだけは
断じて避けたい。「あのとき、
あなたは何をしてたの?」と
きかれても、こまらないように、
ちゃんと、やれることをやって
おこう、と思って、このチラシを
つくったのは、イルコモンズである。
[PR]
by illcommonz | 2007-11-20 21:20
▼イルコモンズの失くしもの
d0017381_2015645.jpg忘と苦のひと・イルコモンズ」は、
インフォツアーなどで外に出かけると、
とにかく、モノをよく忘れ、よく失くす。
そして失くしたものは、たいてい出る
ことがなく、いつも、とりかえしのつか
ないことばかりである。こんなにモノを
失くすのは、荷物がやたらと多すぎる
(今回もカバンが5つ)のと、移動中に
ものを考えすぎるのが原因だと思う
(だから普段でもよく駅をのりすごす)。
イベントに必要な映像機材や楽器に
ばかり気をとられて、身のまわりの
ものを順番にどんどん失くしてゆく。

今回の札幌でも、3年越しで手にいれたお気に入りの雨がっぱを電車に置き忘れ、
めがねをどこかに置き忘れ、空港では水筒を失くし、3日間で切符を2枚失くした。
ちびこもんずも、お気に入りの黒いニット帽を失くして、しくしく泣いている。。。。。
昔からよく「身に着けるモノを失くしたときは、失くしたモノが、本当は身にふりかか
るはずだった災難の身代わりになってくれたのだ」と、そう云うので、迷信ぶかい
イルコモンズも、そう思うことにした。しかし、これだけたくさんのモノをいっぺんに
失くしたところをみると、よほど大きな災難が待っていたらしい。クワバラクワバラ
である。モノこそたくさん失くしたが、得たものはそれよりもずっと大きく、さらに、
これから少しづつ大きくなってゆくはずのものなので、悔いはない。バランスは
とれてる。札幌を発つ前の晩、札幌のともだちが首と肩と腰と脚に鍼と灸を据えて
くれたので、血のめぐりがすこしよくなった。でも、まだ、充ちすぎた部分と虚ろな
部分があるらしい。なるほどそんな気がする。充ちれば充ちるほどどんどん失われ、
やがて虚ろになってゆくものというものがある。たしかに、ある。それはともかくも、
今度はモノ忘れをしないように、頭にも鍼を打ってもらうことを忘れないようにしよう。
[PR]
by illcommonz | 2007-11-20 20:26
▼イルコモンズ・インフォツアー札幌・第一日目
d0017381_1959828.jpg
「そこでしか吸えない空気」を
たくさん、すった。

以上
[PR]
by illcommonz | 2007-11-20 19:59
▼イルコモンズ・インフォツアー札幌・第二日目
d0017381_19571777.jpg
「そこでしか見れない景色」を
たくさん、みた。

以上
[PR]
by illcommonz | 2007-11-20 19:58
▼イルコモンズ・インフォツアー札幌・まとめ
d0017381_2005654.jpg
「すって、すって、はいて、はいて、陽はのぼり、おち、おりかえし地点。
やめるな、みんな、つづけろ、みんな、とにかく、パーティーをつづけよう。
これからもずっとずっと、その先も、このメンツ、このやりかた、この曲で、
ブロックしつづけるのさ」 (スチャダラパー版「今夜はブギーバック」より)

DIYワークショップの最後に、みんなで集まってワイワイ騒ぎながら、
ニュースをみた、あの何分間が、今回のクライマックスだった気がする。
おそらく、どんな映像をもってしても、あの「(あ)そこでしか吸えない空気」と
「(あ)そこでしか見れない景色」(そして、ちいさな奇跡)をインフォームする
ことはできないだろう。そういう二度と、とりかえしのつかない愉しさと歓びを
求めてツアーはつづく...
[PR]
by illcommonz | 2007-11-20 19:56
▼牛も逃げだす恐怖のマクドナルド
d0017381_2471475.jpgマクドナルドを見て、牛が脱走!
[米ユタ州ウエストヘヴン13日AP] 12日、トレーラートラックが当地のマクドナルドの駐車場に停車したところ、後部ドアが開き、牛8頭が逃げ出した。牛は2時間後に捕まったが、場所が場所だけにジョークの種になっている。ウェーバー郡の保安官は「たぶん、牛たちは自分から冷凍庫に飛び込み、パテになるまでの手間を省こうとしたんじゃないかな」とコメント。別の保安官は、異説を唱える。「牛たちは自分の将来に絶望したんだよ」。近くの住民たちも参加した牛の追い込み作業は、「ハンバーガー支援作戦」と名づけられた。この様子を目撃した住民の一人は「目を疑いました。どこからやってきたのか見当もつかなかった。360キロくらいある牛で、走り回っていたよ」と語った。(2007年11月15日)

映画「ジャマイカ・楽園の真実」でみたのだが、マクドナルド社をはじめとする食肉加工業者の牛のあつかい方ときたら、それは酷いものである。牛や鳥をまるでモノのように扱う。肉骨粉のこと、ひとつとってみても分かるとおり、人間性を疑いたくなるような鬼畜ぶりであり、メガマックをみると気持ちがわるくなる。牛を大事にするヌアー族やマサイ族がみたら、ブチきれると思う。ヌアー族やマサイ族でなくても、「ドナドナ」のうたを知っていれば、ブチきれる。チキン・ジョージ(楳図かずお「14歳」)が怒るのも当然だ。

「追記」 牛たちが逃亡を企てた日の、ちょうど一ヶ月前の10月13日は「世界アンチ・マクドナルド・デイ」である。
[PR]
by illcommonz | 2007-11-17 02:47
▼ビリー神父のクリスマスムービー
d0017381_22414793.jpg「今年、アドバスターズは、
「バイ・ナッシング・デイ」の
プロモーション・ヴィデオを
つくらないのかなぁ?」

と思ってたら、クリスマスに
あわせて、この映画が
封切られるというニュースを
発見。


ビリー神父の「What Would Jesus Buy?」(予告篇)

スターバックスやディズニーストアの悪魔祓いでおなじみの、ビリー神父と
ストップ・ショッピング・ゴスペル合唱団の消費者運動をドキュメントした映画。
監督は「スーパーサイズ・ミー」のモーガン・スパーロック。これはおもしろそうだ。
日本でも公開されるといいな。アップリンクさん、どうですか?
[PR]
by illcommonz | 2007-11-16 22:45