Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2008年 04月 ( 66 )   > この月の画像一覧
▼リクエストにこたえて
d0017381_5364472.jpgいっかい休み
[PR]
by illcommonz | 2008-04-30 05:36
▼ワタシハ13歳
d0017381_6361944.jpg

ワ タ シ タ チ ハ

1995年 ニ 生 マ レ タ。

経 団 連 ノ

プ レ カ リ ア ー ト ナ

コ ド モ タ チ ダ。

d0017381_4432382.gif
[PR]
by illcommonz | 2008-04-29 04:49
▼たまの休筆
d0017381_3363479.jpg「VOL」第3号に掲載予定の談話原稿
「〈帝国〉のアートと新たな反資本主義の
表現者たち」を、やっとこさ、書き終えた。
「美術手帖」「現代思想」「VOL」と、この
ところ原稿書きがずっと続いていたので、
原稿を書くのは、しばらく休みにして、
講義の教材とジンをつくりたい。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-29 03:39
▼「メーデーの乱」(2008年)はじまる。
d0017381_19342436.jpg
第XX回とか、連合とか、春闘とか、そういう言葉が消えて、
おかしな名前のメーデーがこの年から一斉に全国で勃興した。
「反撃はこのときからはじまったのだ。」と後の歴史にはそう記さ
れるであろう。「あの時、あなたはどこにいたの?」と聞かれて
返答に窮さなくてすむように、どこかにいよう。

▼4月27日 ----------------------------------------------------------
[名古屋] LOVE&ビンボー春祭り・アースデイあいち 2008
 日時:2008年4月27日(日) 10:00~日没ぐらい(雨天決行)
 場所:若宮大通り公園
▼4月29日 ----------------------------------------------------------
[札幌] 自由と生存の連帯メーデー
 日時:4月29日(火/祝) 10:00-16:00
 場所:大通公園6丁目(14:00デモstart)
d0017381_1631241.jpg
あ! パンクスのうしろに
クラウン・アーミーが!!!
(「北海道新聞」より)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/90061.html

[熊本] KY(くまもと よわいもの)メーデー
 日時:4月29日(火/祝) 13:30-
 場所:辛島公園集合
[京都] 恩恵としての祝日よりも、権利としての有休を!
 日時:4月29日(火/祝) 13:30-
 場所:三条大橋下、鴨川河川敷
 メーデーやります(雨天決行、応相談)
▼5月1日 -----------------------------------------------------------
[福岡] フリーター/貧民メーデー 五月病祭り2008 ?危うい鼓動?
 日時:5月1日(木) 17:00-
 場所:警固公園出発(福岡市中央区天神2-2)
[松本] 立ち上がれない者たちのメーデー2008~来年こそ立ち上がるために!~
 日時:西暦2008年5月1日(木)18:00~
 場所:松本駅前公園(松本駅東口出てすぐ)待ち合わせ
[高円寺] マヌケな奴らの高円寺メーデー 労働に興味がない奴らの祭典!
 日時:2008年5月1日18:00- (19:00start)
場所:高円寺中央公園(南口・氷川神社近く)集合
    ダンスパフォーマンス:Baby-Q DJ:イルコモンズ
▼5月2日 -----------------------------------------------------------
[広島] 生存のためのメーデー2008 in 広島
 日時:5月2日 18:00
 場所:原爆ドーム前
[岐阜] 自由で気ままなメーデー
 日時:5月2日 20時くらい
 場所:赤星ふれ愛ハウス(岐阜県大垣市)
▼5月3日 -----------------------------------------------------------
[東京] 自由と生存のメーデー2008 プレカリアートは増殖/連結する
 日時:5月3日(日)
 1. 宣言集会 16:00-17:30 大久保地域センター
 2. デモ   18:00-20:00 大久保→新宿
 3. パーティ 21:00-29:00 CLUB ACID
▼5月4日 -----------------------------------------------------------
[仙台] 仙台メーデー 生きる、働く、オルタナティブな生き方の可能性
 日時:5月4日 13時開場 13時半開演
 場所:地下鉄 広瀬通駅降りてすぐ市民活動サポートセンター
▼5月17-18日 -------------------------------------------------------
[大阪] 第5回長居公園大輪まつり 「ちゃぶ台とか、どうよ?!」
 日時:5月17日(土) 12:00-18:00
   18日(日)10:00-16:00
 場所:長居公園自由広場(テント村のあった向かいの広場)
▼5月18日 ----------------------------------------------------------
[つくば] つくばみらい 戦時下のいまこそ、私たちにメーデーを!
 時間:5月18日 14時~17時
 会場:きらくやまふれあいの丘・世代ふれあいの館会議室1

d0017381_19303730.jpg【参考資料】「自由と生存のメーデー2008」の賛同者と団体(2008年4月22日現在)
○個人:青木和美(なのはなユニオン書記長)|赤石千衣子(ふぇみん婦人民主クラブ)|東直矢(労働ジャーナリスト)|麻生光子(東京ユニオン組合員)|穴田光宏(抵抗する生産者と愉快な仲間達)|安部誠(全国ユニオン事務局長)|天野恵一(反天皇制運動連絡会)|雨宮処凛(作家)|池田幸代(新宿野宿者女性の会「心を開く輪」メンバー & 福島みずほ秘書)|石井宏和(東京ユニオン組合員)|石原喫苦(黄金の旅団)|イダヒロユキ(ユニオンぼちぼち)|いちじゅ(郵政非正規労働者)|壱花花(風刺漫画家)|市野善也(元ひきこもり-現ワーキングプア)|伊藤みどり(働く女性の全国センター)|井上森(立川自衛隊監視テント村)|猪股正(首都圏生活保護支援法律家ネットワーク)|入江公康(大学非常勤講師)|植松青児|植本展弘|牛嶋美鈴(熊本弱い者メーデー実行委員スタッフ兼フリーター兼時々ひきこもり)|臼木崇人(会社員)|内山智絵(東京精神医療人権センター)|宇都宮健児(弁護士)|うめたん(派遣社員)|Esaman(Ainu puyarA)|江田忠雄(9条改憲阻止の会)|大澤信亮(有限責任事業組合フリーターズフリー)|太田胤信(出版ネッツ)|太田武二(新運転東京)|大野英士(早稲田大学非常勤講師)|大橋由香子(出版請負業)|大平正巳(フリーター全般労働組合執行委員長)|大山千恵子(ブログ「千恵子@行政書士」)|岡田恭子(東京ユニオン組合員)|岡田健一郎(学生)|岡本哲文(下町ユニオン副運営委員長)|奥山たえこ(杉並区議会議員)|小倉利丸|小笹吉彦(丹澤農村青年社)|尾沢邦子|尾沢孝司|小田マサノリ(イルコモンズ)|海妻径子(岩手大学教員)|梶川彩(編集フリーター)|梶屋大輔(フリーター全般労働組合)|柏木信泰(社会主義研究会(池袋派))|堅田香織里|加藤宣子(日刊ペリタ記者)|要友紀子(SWASH)|神山進|河添誠(首都圏青年ユニオン書記長/レイバーネット日本事務局長)|菊地謙|北島由紀子(「持たざる者」の国際連帯行動実行委員会)|木谷公士郎(司法書士)|木下茅(学生)|木村朋子(東京都地域精神医療業務研究会)|京極紀子|久保隆(『アナキズム』誌編集委員)|栗原康(学生)|KTN(不謹慎ズ)|五井健太郎|高麗俊介(キリスト者)|越田清和(底抜け貧乏オヤジ)|コノウラミツタカ(観光左翼)|小林拓矢(フリーライター)|小松玲子(ライター)|菰田真介(貧乏学生)|小山晃(図書新聞)|近藤和子|近藤千浪|紺野茂樹(社会哲学・社会理論研究者)|酒井雅己|桜井大子(女天研)|佐々木直哉(知識人)|さとうしゅういち(広島瀬戸内新聞主幹)|佐藤文明(フリーランスライター)|澤田兪之介|塩見孝也(著述業)|しばこ(介助者兼事務職員)|志葉玲(フリーランスジャーナリスト)|渋谷望(千葉大学教員)|島崎由喜男(東京ユニオン書記長)|嶋田頼一(潜勢力研究)|清水直子(フリーライター)|下川雅嗣(アジア居住権連合(ACHR))|下山保(コラボレート研究所代表、元パルシステム生活協同組合理事長)|翔|白石道太|白石嘉治(上智大学非常勤講師)|白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)|白仁成昭|新孝一(社会評論社)|菅野存(全国一般東京東部労組書記長)|鈴木隆弘(大学教員)|鈴木剛(フリーター全般労組/労働者協同組合)|鈴木ふみ(すぺーすアライズ)|首藤久美子|関耕平(島根大学教員)|攝津正(フリーター全般労働組合)|戦闘的ゴジラ主義者(靖国解体企画)|宋安鍾(大学教員)|曽我逸郎(仏教者 中川村長)|園良太(憲法カフェ/移動する広場)|高野慎三|竹内智彦(困民)|田崎英明(立教大学教員)|龍井葉二(連合非正規労働センター総合局長)|田中和恵|田野新一(大学院生)|たま(小卒フリーター)|たまたろう(フリーター)|ちょうすかべ えろちか(ジャーナリスト)|辻清二(全国生活と健康を守る会連合会)|槌田順(自治労・埼玉地域公共サービスユニオン)|土屋トカチ(映像ディレクター)|鶴見済(ライター)|Djmixnoiz|堂前雅史(和光大教員)|鴇田昭裕(作業所非常勤職員)|戸館圭之(弁護士)|冨山一郎(大学教員・『インパクション』編集委員)|トヨハラナオキ|中桐康介(釜ヶ崎パトロールの会)|中島啓明(通信社記者)|仲田教人(学生)|中村友紀|中村幸雄|なすび(山谷労働者福祉会館活動委員会)|棗一郎(日本労働弁護団事務局次長)|西潟純一|西田英俊(東京ユニオン副委員長)|野村洋子(労働運動活動者評議会)|萩尾健太(弁護士)|箱田徹(神戸大・院生)|橋口昌治|浜邦彦(早稲田大学教員)|樋口勝朗|平井玄(編集フリーター)|平井由美子(アルバイト)|平野敏夫(亀戸ひまわり診療所)|hiro(日本共産党党員)|広川タケシ|深田卓(インパクト出版会)|福島みずほ(参議院議員)|藤井誠二(ノンフィクション作家)|衾庄司(東京都民)|淵上太郎(9条改憲阻止の会)|踏足いさみ(初老フリーター)|星野雄(フルキャストユニオン)|星将隆(三多摩野宿者人権ネットワーク代表)|細井明美(市民の意見30の会 編集委員)|細野秀太郎(PARC)|牧野祥久(信州大学学生)|正清太一(9条改憲阻止の会)|松浦望(フリーター労組)|松川恵美子(東京ユニオン組合員)|まつき(県民)|松平隆史(精神科ソーシャルワーカー)|松本勲|松元千枝(ヘラルド朝日労組)|三浦仁士(朝靄の中で)|美野武三(RAGE&FOOTBALL COLLECTIVE)|宮城公子(沖縄大学教員)|宮沢賢二(「音楽の流刑地」代表)|むぅちゃん(NPO職員)|村上麻子(創出版編集部)|村上らっぱ(介助者)|茂木遊(中野共同行動)|本橋哲也(東京経済大学教員)|八木航(生存を支える会(仮))|矢部史郎(知識人)|山縣浩己(出版契約社員)|山川宗則|山菊ニコ(フリーター)|山口花能|山口素明(予備校講師)|山根徹也(横浜市立大学教員)|山本裕子|山本夜羽音(マンガ家/独立左派)|湯浅誠(もやい)|yuzo(無能者)|Yu-ta Matsuo(TECHNO DJ/Harmonize)|ユーリィ・アレクセーエヴィッチ(ボストーク)|吉田裕子|よねざわいずみ(フリーター労組)|りゅうこう(僧侶)|渡辺秀雄(東京ユニオン委員長)|渡辺学|匿名 ○団体:医療・福祉の戦争協力に反対する連絡会議|Irregular RhythmAsylum|ウリ‐ジャパン(戦争抵抗者インター日本部)|Asian People'sFriendship Society|A-menace|神奈川シティユニオン|九条改憲阻止の会|神奈川県央コミュニティユニオン|山谷労働者福祉会館活動委員会|下町ユニオン|自治労・埼玉地域公共サービスユニオン|ジャマルさんを支援する会|首都圏青年ユニオン|障害者-介助者反戦|湘南海岸を大混乱に陥れる会|素人の乱(甲)|素人の乱(乙)|素人の乱(丙)|すぺーすアライズ|聖桜学園インターナショナル|西部地区労働者共闘会議|全国コミュニティユニオン連合会|全石油昭和シェル労働組合|全労働省労働組合|全労連・非正規雇用労働者全国センター(準)|抵抗食の会(仮)|寺|東京管理職ユニオン|東京ユニオン|なのはなユニオン|No! G8 Action|派遣ユニオン|AASJA(反侵略アジア学生共同行動)東京|反貧困ネットワーク|ひきこもり九条の会|ビデオアクト(有志)|ビデオプレス|氷河期世代ユニオン|福岡地区合同労働組合|フリーター全般労働組合|フリーターユニオン福岡|「持たざる者」の国際連帯行動実行委員会|有限責任事業組合フリーターズフリー|4・28「沖縄デ?」、安倍政権打倒実行委員会|レイバーネット日本|労働運動活動者評議会|労働組合ネットワークユニオン東京

米騒動90周年を祝して。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-28 19:32
▼現代思想はマルチチュードから(イルではない)コモンへ
d0017381_04941.jpg『現代思想2008年5月号 特集=アントニオ・ネグリ』 (4/28刊行)

【テクスト】 芸術と非物質的労働へのアプローチ/アントニオ・ネグリ

【ネグリ】 コモン/レヴォリューション /市田良彦
      ネグリを読むことの意味/姜尚中

【討議】 マルチチュードからコモンへ―貧・戦・共
 阿部小涼+鵜飼哲+小田マサノリ+海妻径子+平井玄+山口素明

【コモン】 陶磁器の鳴るかすかな響き 非正規アーティストたちの芸術=
      行動(アート・アクティヴィズム)のために/平井玄
      芸術と政治の出会い(そこない)/毛利嘉孝

【芸術】 極東のアウトノミストの娘たち/松本麻里
      〈共〉は身体化しうるか 形而上学を超えて/杉村昌昭
      〈共〉の未来 『ミラノの奇蹟』 とレントの技法への抵抗/水嶋一憲

【マルチチュード】 触覚性マルチチュード/河本英夫
            マルチチュード/暴力/ジェンダー/竹村和子
            「国家的なるもの」 の再考 ネグリがスピノザから
            オミットする箇所をめぐって/浅野俊哉

【帝国】 トニ・ネグリとフランスのオルターグローバリゼーション諸潮流/重光哲明
      大学のネグリ、サミット体制のネグリ/白石嘉治
      〈帝国〉の岬 再領土化される帝国主義的突端=縁から/新城郁夫
      IWW・『〈帝国〉』・アメリカニズム アメリカ型サンディカリズムと
      自由主義の社会的構成/木下ちがや

【生政治】 包摂から捕獲へノート / 長原豊
       危機の言語/ 入江公康
       生政治から統治と啓蒙へ
       ネグリとフーコーの生政治概念に関する覚書/箱田徹
       ミラクル・ドラッグ 哲学者の亡命と帰還/松本潤一郎

---------------------------------------------------------------------
イルコモンズは【討議】に寄稿。5年前の「帝国」特集号にくらべると、議論の比重が
「マルチチュード」から「共=コモン」にシフトしてきたみたいだ。あと、水嶋(一憲)さんが
映画「ミラノの奇蹟」について何か書いてるみたいなので、これを読むのがたのしみだ。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-28 03:13
▼文化人類学解放講座・休講
d0017381_1191811.jpg4月30日(水)は大学がお休みなので、
文化人類学解放講座は休講です。
学外からの受講生の方はどうか
お間違えなく。5月7日(水)の講義では
スウェットショップの話をした後に、
グローバリゼーションの歴史と、
WTOやIMFなどの話をします。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-28 01:28
▼貧乏すぎるくせにやたら毎日楽しい奴! これは集まるしかない!
d0017381_16437.jpg「またしてもデモがやってくる!」

【好き勝手に生きてる奴らのメーデーデモ】
貧乏人・役立たず・マヌケ・ヒマ人・空腹・一文無し・ハンモックで昼寝してる奴・何もしてないのにやたら腹減る奴・毎日職質される奴・フロムAのバックナンバーを期せずして全巻持ってるやつ・本を一冊も持ってないやつ・仕事が無いくせに本ばかりある奴・酔っ払って憂さ晴らしにその辺の生意気なジジイを殴ろうとしたら運悪くそいつの方が強くて半殺しにされた奴・毎日ヒマなので音楽ばかり聴いていたらやたら耳がこえてきて金が減るようになってきた奴・理由は無いが警察がキライな奴・高野青果&Big-Aの物価を正確に把握してる奴・今朝、仕事も無いのでとりあえず優雅にイスにでも座ろうとしたらイスが抜けてひっくり返った奴・仕事も労働運動もどっちも向いてない奴・ゴキブリが顔に飛んでくる奴・仕事で搾取されるのがイヤだからが自分で店を始めたが逆に余計ヒドイ生活になった奴・貧乏すぎるくせにやたら毎日楽しい奴!これは集まるしかない!!

▼2008年5月1日(木) 
18:00 高円寺中央公園(南口・氷川神社近く)集合
19:00 デモ出発 (およそ1時間)

今回はサウンドシステムを積んだサウンド軽トラが登場予定!

[ダンスパフォーマンス] Baby-Q [DJ] イルコモンズ (feat. DJ-PP)
-----------------------------------------------------------------
このフライヤーの貧乏くささが実にいい。これぞデザイン・ポーヴェラ。こういうモノクロと
切り貼りのデザインに現在と未来を感じる。あと当日は、セルピカ・ナーロも登場予定!
イルコモンズのDJは例によって、恥も外聞もないおまつり選曲で、しかも、貧乏くさく、
曲の頭からお尻まで全部残さずかけます。つなぎません、かぶせません、こすりません。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-28 01:07
▼アクティヴィストはインフォーマントの側でその肩越しに声をあげる
d0017381_138456.jpg▼「フィールドワークと表現」
2008年4月29日(火・祝) 19:00-21:00
[参加費] 1000円(1ドリンク付)
[定員] 30人(予約制)
http://mot8.exblog.jp/7233590/

[対談] 小田マサノリ(イルコモンズ)×遠藤水城

◎社会運動と文化運動に関して:運動ってなに?
◎フィールドワークに関して:「現場」における闘争と創造の接点は?
◎アートと人類学に関して:人類学の方法論がアートの実践と
どのように結びつくのか?

「民族誌家でアナーキストの小田マサノリ(イルコモンズ)とキュレーター遠藤水城が、これまで現場で活動してきた経験をもとに「政治」「人類学」「アート」について、そしてそれにそれぞれの立場からどのように関わっている、あるいはこれから関わっていくのか語り合います。」
-----------------------------------------------
今回は対談なので何を話すかは現場できめます。だから「運動って何?」かは、
今はまだ分かりません。闘争と創造の接点もわかりません。人類学とアートが
どこで結びつくのかもぜんぶ現場で考えます。これがフィールドワークの醍醐味です。

ただひとつだけ先に言うなら、「僕は憑かれた人々を研究するより、憑かれたいのだ」
と書いたミシェル・レリスのことばの意味がようやく最近になって理解できた。レリスが
ひっきりなしに日誌を書いたのもよくわかる。イルコモンズも、憑かれるもの=メディア
を研究するより、メディアになりたいと思うし、その思いにとり憑かれたものは、日々、
書くことがやめられなくなるのだ。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-27 23:31
▼ドライヴ・ウィズ・ミスター・デリダ
d0017381_3554273.jpg
こないだ出たデリダの「条件なき大学」がとても面白かったので、
この本についてもっと話を聞きたいと思い、この講演をきいてきた。

「ジャック・デリダ―他者への現前、教育者として、被写体として、絆として」
[対談] 鵜飼哲×西山雄二
[日時] 2008年年4月24日(木) 開演18:30
[会場] ジュンク堂書店新宿店 8F

講演の後、鵜飼さんから急に発言を求められ、何も質問を考えてなかったので、
その場の思いつきで、映画「デリダー異境から」の中でよく覚えているシーンが
ひとつある、ということから話をはじめ、デリダの音楽性について質問した。よく
覚えているシーンというのは、上の写真のシーンで、デリダが車を運転しながら、
カーラジオから流れる音楽にあわせて、機嫌よく、リズムを打つシーンである。
このシーンをみながら、この映画もふくめ、デリダの思考やテキストを流れている
音楽のリズムやビートはどういうものなのか興味をもったので、オーネット・コール
マンとのセッションなどの挿話も交えつつ、質問をなげかけてみた。回答の詳細は
省くが、「デリダー異境から」という映画は音楽の映画なのだという回答におおいに
得心した。講演の後、買い求めた「言葉を撮る」という本で監督のサファー・ファティは
こう書いていた。

「音楽、全能の境位、この映画の霊魂にして身体、私は信じている、それは音楽、
ユダヤの、すなわちアラブ=アンダルシアの音楽であると。いたるところで、あれ
これの瞬間に聞こえるかどうかにかかわりなく、音楽は包容し、鼓舞し、呼吸する。
それこそが<作者>のもっとも決定的な選択であり、そのようなものがあるとすれば
<メッセージ>であり、映画の精神、挙借である。(...) この映画の上映時、わたしは
隣の女性に、こう耳打ちしたくなったものだ。お聞きなさい、この映画は眼を閉じて
みなくてはなりません。」「一人の亡者に関する複数の手紙=文字」
[PR]
by illcommonz | 2008-04-27 22:55
▼ubuntu 8.04 の配給がはじまりました。
d0017381_115095.jpg* Ubuntuは将来に渡って無償で提供されます。これには、エンタープライズリリースやセキュリティアップデートが含まれます。
* Ubuntu CDはフリーソフトウェア・アプリケーションだけを含みます。私たちは、フリーおよびオープンソフトウェアを使い、改良し、広めることを推進します。

▼Ubuntu Japanese Local Community Team
http://www.ubuntulinux.jp/

---------------------------------------------------------
ubuntu は、"パーソナル"なコンピュータの世界における"コモン"です。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-27 11:08