Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2008年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
▼BND沖縄DFS
d0017381_035533.jpg
映画「アメリカばんざい」のトークショーを終えた後、桜坂劇場のカフェでコーヒーをごちそうになり、日なたでのんびりゆんたくしながら、沖縄でのバイ・ナッシング・デー(BND・無買日)の過ごし方を考えるイルコモンズと沖縄の愉快ななかまたち。「沖縄で、ショッピングというと、やっぱり、あそこかな...」とイルコモンズ。とりあえず、行き先を決め、BNDのパネルを持って移動開始。

移動の途中、牧志の「公設市場」に寄る。ここは地元の人たちから「マチグヮー」と呼ばれ親しまれている市場で、「庶民の台所として戦後の沖縄の家庭を支えてきた」、そういうローカルな市場なので、BNDをやる場所としてはふさわしくないと判断し、パネルをしまうイルコモンズ。BNDでジャミングする(=かきまわす、こんがらからせる、横道に逸らす、遮断する)相手は、あくまでグローバルな市場である。

d0017381_051620.jpg
公設市場を出たところで、スターバックスを発見。通りすがりとはいえ、無視できないので、「よし、まずは、ここで小手調べだ」とパネルを出して街頭で記念撮影。その後、イルコモンズと沖縄の愉快ななかまたちが向かった先は、「おもろまち」にある「DFS・ギャラリア・沖縄」。パンフレットによると、そこはこういう場所である。

「パスポートを持たずに、免税ショッピングを満喫できる場所。それが、国内唯一の大型免税店「DFS・ギャラリア・沖縄」です。世界中から選り抜かれた最新コレクションやDFS限定モデルが国内小売価格より最大30%お得にお求めになられます。」(DFS店内パンフレットより)

d0017381_08669.jpg▼「DFS・ギャラリア・沖縄」
http://www.dfsokinawa.com/
また、上のサイトによると、そこはこういう場所である。

「国内で唯一。最高30%お得な免税ショッピング。世界中から選りすぐられた一流ブランドのショッピングを、免税プライスで。「DFSギャラリア・沖縄」は、世界最大級のスケールを誇る国内唯一の路面型免税スポットです。日本にいることを忘れそうなラグジュアリーな空間で、世界トップブランドの最新コレクションや限定アイテムなどが、国内価格より最大30%もお得なプライスに。パスポートなしで楽しめる優雅な免税ショッピングを、心ゆくまでどうぞ。」

d0017381_0121657.jpg
さらに「日本にいながらにしてお気軽に免税ショッピングをお楽しみいただけます。」とも書いてあるが、なぜなのだろう?かたや沖縄に住んでいながら、気軽に免税ショッピングを楽しめないのは変だなぁ、、、、

そしてパンフレットの表紙のいちばん上には、こんなフレーズが。

「買う楽しみは、すべてに勝る」

去年の丸井の「何を買うかで、あなたが決まる」にも勝る「ショッピング原理主義」である。いうまでもなく、買うことに勝る楽しみはほかにいくらでもある。何を買うかでその人間がどういう人間かが決まったりしない。そうではなく、買物以外の何をして過ごすかでその人間がどういう人間なのかが分かる、BNDはそういう日ではないだろうか。たとえば、本をよむ、太鼓をたたく、笛をふく、山に登る、絵を描く、恋人や家族と過ごす、料理する、畑を耕す、編み物をする、家事をする、反戦について話す、人権について語る、デモにゆく、仕事をズル休みする等々、という具合に、この日にすることで、自分がどういう人間なのかをあらためて再確認する、そういう日がBNDではないかと思う。BNDは特別なことをする日ではなく、いちばん自分らしいことをして、本来の自分をとりもどす日だと思う。

d0017381_017046.jpgということで、イルコモンズと沖縄の愉快な仲間たちは、「デューティ・ーフリーでもバイ・ナッシンング!(免税されても何も買わない)」をテーマに、沖縄でもっともショッピングが過熱する場所「DFS・ギャラリア・沖縄」で、消費文化の流れにさからって、カルチャージャミングすることにした。

BNDのパネルをもってDFSに入店。エントランスホールの巨大なクリスマスツリーの前でまず記念撮影。それから香水のにおいのたちこめる店内へ。すると1分もしないうちに、ガードマンがやってきて、「そのようなパネルを持って店内を歩かれると困ります」と丁寧な口調で注意をうける。どうやら今日がバイ・ナッシング・デイだということを知らないようだ。日本ではクリスマスのように、BNDがまだあまり普及してないので、仕方がない。ここでガードマンともめて、ほかの人たちの買物の楽しみを邪魔するつもりはないので、おとなしくパネルを脇にかかえ、店内の監視カメラに見守られながら、店内を何も買わずにブラブラとひとまわりする。そもそも、ここで何か買いたくても、沖縄に住んでる人たちは、飛行機で本土に旅行する時でない限り、ここでは何も買うことができないのである。なので、パネルはひっこめたが、イルコモンズをのぞく沖縄在住のなかまたちの胸には、たとえ買いたいものがあっても、ここじゃ「バイ・ナッシングだい!」のステッカーが。。。


d0017381_0285766.jpgその後、カルチャージャミングの基本であるブランドの野外広告をBNDのパネルで軽くアドバスティング。クリスチャン・ディオール社の提供によるBNDキャンペーンである。来週の講義に使うカルチャージャミングのよい教材ができたことに満足し、DFSを後にする。これぞ買物に勝る楽しみである。
その後、沖縄発の参加型アート展「wanakio2008」開催中の栄町市場に移動し、岩井優と沖縄の愉快な仲間たちがDFSの同じ場所でやったアクション「ウォッシュ・ナハ」のヴィデオをみて、あはは、と笑う。

d0017381_0194361.jpg
▼「Naha Wash」
「岩井が近年キーワードにしている「Cleaner's high」。それはナチュラル・ハイのような、掃除をすることで得られる「ハイ」な状態をさしている。そして今回のWanakioでは、那覇の市街地をターゲットに、沖縄で編成したゲリラ部隊が清掃活動を行う。けれども、その清掃はまったく役に立たない清掃として展開される。私たちの身近な洗剤をまき散らしながら、ゲリラ部隊は神出鬼没に現れる。あるときは栄町市場のアジトから新都市へ、あるときは国際通りへ。予定は未定のゲリラ部隊がWanakio期間中活動する。」
http://wanakio.com/2008/artists/iwai.html

もっと詳しいレポートはまた後日。ということで、明日は朝4時に那覇を出発して、高江でドラムサークルである。

---------------------------------
d0017381_0223016.jpg(おまけ)
▼ティファニーで昼寝を
[PR]
by illcommonz | 2008-11-30 00:36
▼ブラック・フライデーの悲劇
d0017381_21492314.jpg「買い物客殺到で店員圧死=妊婦ら4人けが-米」
「全米で一斉に年末商戦が始まった28日早朝、ニューヨーク近郊にある米小売りチェーン最大手ウォルマート・ストアーズの店舗で、男性従業員(34)が押し寄せた客の下敷きになり死亡、妊娠中の女性客ら少なくとも4人が負傷した。米メディアが伝えた。午前5時の開店時、安売り商品を目当てに集まった数百人が店のドアを壊して店内に殺到。男性従業員を押し倒して踏みつける形になったという。」(時事通信社 2008年11月29日)

クリスマスセールがはじまる11月最後の金曜日のことをブラック・フライデーと呼ぶ。毎年この日の早朝(夜明け前のまだ暗い時刻に)、ショッピングセンターに押しかけた人たちが入り口のゲートで転倒してケガをするという事故が起こり、テレビのニュースがそれを報道するのが年中行事のようになっているが、今年はついに死者がでてしまったらしい。BUY NOTHING DAY がもっと普及していれば、こうした悲劇も防げたかもしれない。人さえ殺す消費社会のこの蛮行について、米国の市民(もちろんそれ以外の国や地域の消費民)は考えなおしたほうがいいと思う。特にWALMART社(西友の親会社)は従業員の死を労災として認定し、遺族にしっかり償いをすべきだと思う。
[PR]
by illcommonz | 2008-11-29 21:50
▼「いるといら、ニューヨークへゆく」(オープニング+予告篇)


▼「いるといら、ニューヨークへゆく」(オープニング+予告篇)
http://jp.youtube.com/watch?v=fhp_i3cwLGw
(ILL&IRA GOES TO NEWYORK)
5分41秒 B&W+カラー 2008年 日本語字幕なし
[編集] いる

ぼくらの名前は、いるといら。この夏、ぼくらはニューヨークに行ってきた。
そこで僕らは、アレン爺さんやスティング叔父さんたちが教えてくれなかった
「もうひとつのニューヨーク」を見て、知って、参加してきた。そう、ぼくらの名前は、
いるといら。この世でいちばんすきなのは、アクトアップすること、シェアすること。
WE LOVE NY ACTIVISM! ぼくらはNYのアクティヴィズムが大好き!

d0017381_112383.jpg▼「いるといら、ニューヨークへゆく~
アクティヴィスト・イン・ニューヨーク」

[日時] 2008年11月23日(日) 19:00
[場所] 高円寺・素人の乱12号店
[料金] 無料+投げ銭 
いる=小田マサノリ(イルコモンズ)
いら=成田圭祐 (IRA)

[図案] いら

「G8サミットに反対する行動が終わって一息ついた、いるといら(イルコモンズの小田マサノリとIRAの成田圭祐)は、今年9月、ニューヨークのインディペンデント・ギャラリーEXIT ARTでの「Signs of Change」展に出品/参加するため、経済危機と大統領選でアタフタするアメリカを訪れた。ガイドブックには載ってないニューヨークのオルタナティヴなスポットやイベント(インフォショップ、クリティカルマス、デモ、イッピー博物館、ドラムサークル、フード・ノット・ボムズ、アクティヴィスト・サーカス)を現地のアクティヴィストや『ニューヨーク列伝』の著者である高祖岩三郎氏にガイドしてもらいながら、まいにち早寝早起きして(本当だよ)駆けまわったアクティヴな一週間の旅を写真や映像とで報告。日本未公開の映画「バトル・イン・シアトル」の本邦初レヴューをはじめ、日本の美術誌が紹介しない好企画「アメリカのデモクラシー」や「アウトサイダーズNY」「それはむかし、これがいま」展なども紹介。ジョショ・マクフィ (Just Seeds) のポスター展も同時開催。」

ということで、NYで見てきたものはもちろん、見そこねたものや、見のがしたものも、
まとめて紹介します。

ABC NO RIO / BLUE STOCKING / EXIT ART / JUST SEEDS / GHOST BIKE / DEMOCRACY IN AMERICA / THE TACTICAL ICE CREAM UNIT / WALL STREET PROTEST AGAINST BAILOUT / CODE PINK / BILLIONAIRES FOR BUSH / SIGNS OF CHANGE / BATTLE IN SEATTLE / THE YIPPIE! MUSEUM / TIME'S UP! / CRITICAL MASS / THAT WAS THEN...THIS IS NOW / 5 POINTZ / HOUSING WORKS / AUTONOMEDIA / CHANGE WHAT YOU WANT TO SEE / OUTSIDERS NY / DRUM CIRCLE / FOOD NOT BOMBS / HUNGRY MARCH BAND / PILLOW FIGHT / SILENT RAVE / IMPROVE EVERYWHERE / CIRCUS AMOK...
[PR]
by illcommonz | 2008-11-23 06:46
▼定額給付されてもBUY NOTHINGの誓いをたてる日


▼「バイ・ナッシング・デイ2008」(PRビデオ/日本版)
BUY NOTHING DAY 2008 PV (JP)
http://www.youtube.com/watch?v=btMNu0dAr-Q
2分34秒 カラー&B/W 日本語字幕つき
[監修] ゴドフリー・レジオ
[音楽] フィリップ・グラス
[編集] イルコモンズ

*再生にはYouTube の"watch in high quality"モード推奨
d0017381_2411337.jpg
 あるいは Keep Vid の"video.mp4 - High Quality"からダウンロード
d0017381_3135725.jpg

ONCE UPON A TIME IN 21st CENTURY...

「90年代以来、ソ連の崩壊に悪乗りして、「資本主義が勝利した」といった言辞がはびこってきた。とんでもない話である。現実は資本主義の勝利どころではない。80年代あたりから資本主義の危機は深まりつづけ、新世紀初頭の今、その危機は人類社会がかかえる最大の問題になっている。庶民の預かり知らぬところでバブルが始まり、それが弾けて、税金での銀行救済、財政破綻、出口の見えないデフレになった経緯を思い出して頂きたい。残念ながら、おそらく資本主義の超克には、社会の全面的な破局が必要だろうというのが私の予感である。そして幸か不幸か、今日の資本主義は日を追って不安定化し、次第にそうした破局に向かっているようにみえる。しかし、たんなる破局はジャングルのような社会をもたらすだけである。やはり決定的なことは、労働や出生や人生の意味についての人々の考え方が静かに、そして、確実に変わってゆくことなのである。」関曠野「資本主義をどう超えるか」(2002年)より

AFTER FINANCIAL MELTDOWN, CONSUMPTION IS NOT SOLUTION.
(定額給付金は解決にはならない)
....................................................

2008年後半の世界的大ニュースといえば、株価の大暴落と金融恐慌だと思うので、
それをテーマに今年のバイ・ナッシング・デイのPRビデオ(日本版)をつくりました。

d0017381_103547.jpg今年のADBUSTERSの
バイ・ナッシング・デイは
11月29日(土)。
あと一週間です。

▼ADBUSTERSのBND
http://www.adbusters.org

▼無買日
http://bndjapan.org
「Buy Nothing Dayはできるだけ
多くの人に、お買い物について考え
てみてほしい日です。この日は、
私たちといっしょに、お買い物以外
の何か楽しいことをして一日を
過ごしてみませんか?」

これから日本の政府は、定額給付金とやらをばらまいて、この上さらに無駄な消費をあおろうとしているようだが、そんなものは何の解決にもならないし、かえって有害だと思うので、今年のバイ・ナッシング・デイは、「たとえ定額給付されても、なにも買わないことを誓う日」にし、29日は沖縄で買い物以外の何か楽しいことをして過ごすことにしました。静かに、かどうかは分かりませんが、人生の意味についての考え方が、少しだけど確実に変わるようなことを。

今年もポスターとステッカーをつくりました。自由にダウンロードして自由に使って下さい。

d0017381_1101567.jpg
BUY NOTHING
DIY EVERYTHING
DAY 2008
(A3ポスター)
pdf版 576KB

d0017381_1103068.jpgBUY NOTHING
DIY EVERYTHING
DAY 2008
(ステッカー)
pdf版 3.75MB

では、どうか、みなさんも、
よいバイ・ナッシング・デーを。

-----------------------------------------------------------
d0017381_1483514.jpg
[追記1] ADBUSTERSのサイトをみたら、去年のバイ・ナッシング・デーに、
イルコモンズがこしらえたマネキンやパネルの写真が掲載されてました。

d0017381_114632.jpg
去年の京都・四条河原町でのバイ・ナッシング・デーのアクション
(禅タクロース)についてはこちらを。

▼[YouTube] BUY NOTHING DAY 2007 PV MTV ver.
http://jp.youtube.com/watch?v=2LTYs_JQ1w8
▼BDD - BUY NOTHING DIY EVERYTHING DAY
http://illcomm.exblog.jp/6601357/
▼もうひとつのクリスマス映画「無買日 京都二〇〇七」
http://illcomm.exblog.jp/6822267/

----------------------------------------------------------

[追記2]海外のバイ・ナッシング・デイのPRビデオ



▼Gross Domestic Product - GDP
http://www.youtube.com/watch?v=0q-lEATP-9Y
GDP(国内総生産)という貧しいものさしでしかものをみることができない経済学者たちと同様、わたしたちが学ばなければならないもの、それは、ブータンのGNH(国民総幸福量)だ。

「ブータンには国の発展についての特別なものの考え方があります。それは「国民総幸福達成量(GNH)」というものです。それは、人はだれしも幸福を求めるものだという考えにもとづいており、幸福の達成こそが、人生におけるゴールであると私たちは考えています。ですので、ブータン人と人類の幸福に役立つことが政府の責任なのです。」(「アザーファイナル」より)

d0017381_1255852.jpg▼Buy Nothing Day 2008
http://www.adbusters.org/abtv/buy_nothing_day_2008.html
まず大人が賢くなろう。そして、子供たちに教えよう。
政府がばらまく定額給付金は bull shit! だと。

--------------------------------------------------------
[追記3] 今年は学生たちが自主制作したPVが多い。



▼Buy Nothing Day 2008
Student Project Video promoting Buy Nothing Day.
http://www.youtube.com/watch?v=jmXCP7_eBMk

▼Buy Nothing Day 2008- Priceless
http://www.youtube.com/watch?v=Nz6AQopiEHc

▼Buy Nothing Day 2008, November 28 | Black Friday Protest
http://www.youtube.com/watch?v=-zNwWrtVoCI&NR=1

d0017381_2562662.jpg[追記4]
>それから、一つ質問です。
>バイ・ナッシング・デーのポスターと
>ステッカーについてなのですが、
>これらは日本語ではなく、英語で表示
>というのには理由がありますか?

理由は、去年のADBUSTERSの
オリジナルデザインがこれだったからで、
それをリミックスしたことが分かるように、
そうしました。あと、DAY と DIY 、
NOTHING とEVERYTHING の文字の
対比を活かすために、英語のままにしました。

d0017381_2564212.jpg>そのような場面に英語でのメッセージより、
>日本語の方がより伝わると思うのです。

たぶん、同じように思ったひとが、
さっそくD.I.Y.で、こういう素敵な
ものをこしらえました。

「BUY NOTHING DAY/紙袋の時代2」
「11月29日のBUY NOTHING DAY(無買日)に合わせて新作が登場。「なんか~、語呂がよかったんですよね。当日は何も買わなかった人だけ、この紙袋を進呈します!」とは、駒沢店のはーぴー店長(談)。世田谷・駒沢店限定だそうです。」(「はーぴー日記」より)
[PR]
by illcommonz | 2008-11-22 01:42
d0017381_402645.jpgほかのことを
考え中
[PR]
by illcommonz | 2008-11-20 04:00
▼にっぽんせいじ
d0017381_3312226.jpgにっぽんのせいとうせいじについて
なにかものをかんがえようとすると、
だんだんそれがひどくばかばかしい
ことのようにおもえてきて、だんだん
あたまのはたらきがわるくなり、
やがてかんがえるのをやめてしまう
という戦後以来半世紀以上に亙って
プログラミングされてきた政治は、
もはや芸術的とも呼べる域に達し、
いまやその社会劇は最高潮で、
舞台は役者ぞろいである。
[PR]
by illcommonz | 2008-11-20 03:42
▼あそうそうりだいじんへ
d0017381_2545812.jpg


[今日のにゅーす]
「軽さ」際立つ首相発言=失言と軌道修正-与野党が批判
「麻生太郎首相の不用意な発言に与野党から批判が相次いでいる。首相は20日、日本医師会(日医)の唐沢祥人会長に、「社会的常識がかなり欠落している人が(医師に)多い」などとした自身の発言を撤回、陳謝したが、与党内からも首相への苦言は続出。政策に関しても前言撤回や軌道修正が目立ち、与党内には首相発言の「軽さ」を懸念する声が強まっている。「まったく言葉の使い方が不適切だった」。首相は同日午後、「医師常識欠落」発言の抗議に訪れた日医の唐沢会長に頭を下げた。民主党の菅直人代表代行は同日の記者会見で「常識がないのは首相の方ではないか。本人が非常識だ」と批判した。与党からも「指導者の一言一句に国民の注意が集まる。影響を考えて発言していただきたきたい」(津島雄二元厚相)などと厳しい声が出た。生煮えの政策をぶち上げてしまう首相への不満も政府・与党内には根強い。道路特定財源の一般財源化に伴って地方に配分する1兆円について、首相は19日は地方交付税で配る方針を表明したが、自民党道路族が反発するや、20日は「自由に使えるなら何だっていい」とあっさり軌道修正した。定額給付金の所得制限の是非をめぐっても、政府・与党決定まで首相の発言が二転三転したのは記憶に新しい。民主党の菅氏は「いろんな発言で迷走している『迷走総理』だ。首相としての資質を欠いている」と指摘した。与党内には「(首相は)トップダウンでアピールしたいのだろうが、やることなすこと全部裏目。このままでは政権は駄目だ」と弱気な声も出始めている。」(時事通信 2008年11月20日)
[PR]
by illcommonz | 2008-11-20 02:55
▼歴史的なうつけもの
d0017381_2514647.jpg
「麻生首相、金融サミットの成果強調「歴史的なものだった」」
「麻生首相は15日午後(日本時間16日朝)、ワシントンで記者会見し、「金融サミット」について、「今回の会合は、歴史的なものだったと後世言われると思う。金融危機への短期、中期の対応について、具体的で、行動的だったというのは高く評価すべきだ」と成果を強調した。そのうえで、「日本として、今回の成果を具体的な行動に移していかねばならない。新しい世界経済と金融に対応した国際的なシステムの実現に向けて、引き続きリーダーシップを発揮したい」と述べた。首相は、サミットで金融危機に陥った国に対するIMF(国際通貨基金)の支援策を日本が後押しするため1000億ドル(約9兆7000億円)の資金を融資する方針を表明したことを説明。「すべての国の政策協調によって、ドル基軸通貨体制を支える努力を払うべきだ」と述べたことを明らかにした。(読売新聞 2008年11月16日)

とか自分では思ってるらしいが、実際はこうだろう。

「三部会としてのG20サミット-説明不可能な「不都合な史実」」
「日本が10兆円手土産に参上したことは、これは、アナロジーに沿って言えば、三部会の貴族階級が、「それならオレが国王のためにカネを出そう」と言ったに等しく、これを材料に、国王(米国)は市民階級(中・印・伯・露)に、「貴族も無理して出してるんだから、お前らももっとカネを出せ」と言えるという筋書きになる。あれほど特別会計には余剰な資金はないと言い、2,200億円の社会保障費削減分を埋める財源はないと言い、消費税を上げるしか社会保障にカネを回す方途はないと言いながら、米国が出せと言った途端に、「ハイわかりました」とポンと10兆円が飛び出してくる。消費税1%で2兆円だから、10兆円では消費税5%分になり、つまり、日本の1年間の消費税の税収全てが、ここで一気に米国に差し出される勘定になる。社会保障費を削りながら、地方の病院を潰しながら、健康保険料を引き上げながら、高齢者の年金から医療保険料を毟り取りながら、米国には気前よく10兆円が差し出される。否、10兆円ではなかった。三菱UFJが先に手付金を1兆円(モルスタに)払い込んでいたから、全部で11兆円になる。この事実は、奇想天外で説明不可能な「不都合な史実」として、 23世紀も、24世紀も、人類が滅びるまで、永久に世界中で語り継がれることだろう。An Inconvenient Truth of Japanese History。(「世に倦む日日」2008年11月16日)

たしかに歴史にのこるムダづかいだろう。
[PR]
by illcommonz | 2008-11-20 02:54
▼金づかいがあらい
d0017381_2472956.jpg「麻生総理大臣は主要な20か国の首脳らが集まってワシントンで開かれる金融サミットで、金融危機の対応にあたるIMF=国際通貨基金を支援するため、外貨準備から日本円でおよそ10兆円程度を拠出する用意があることを表明し、IMFの機能強化の具体策を打ち出すことで存在感を示したい考えです。」(「NHKニュース」)



IMFがこれまで発展途上国に対してどれだけ酷なことをしてきたかなんて何にも考えずに(たとえば映画「ジャマイカ楽園の真実」一本みるだけでもそれが分かるはずだ」、ただ、ほんとに、ポン!ポン!ポン!ポン!ポン!と射撃の弾でも撃つみたいに、金を出してるんだろうな。2兆円といい10兆円といい、金持ちはさすがに金づかいがあらい、というか、本当にただもう、自・分・の・存・在・感・を・示・し・た・い・だけなんだろうな。そんなムダなことに金をつかう金持ちのムダづかいにも程がある。
[PR]
by illcommonz | 2008-11-20 02:50
▼せいかつしえんていがくきゅうふきん
d0017381_2563056.jpg一筆献上
[PR]
by illcommonz | 2008-11-20 02:17