Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
<   2008年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧
▼あたらなくても
▼[オンラインゲーム] Sock and Awe!
d0017381_119232.jpg
靴(下足)を投げつけること自体に象徴的な意味がこめられている。
うそだと思うなら、レバノン空爆に反対するロンドンのデモをみるとよい。


▼london demo for lebanon Ceasfire
http://www.youtube.com/watch?v=Na3P4vpbmnI

[追記]
「米大統領狙った靴買います=サウジの男性、9億円提示」
「サウジアラビアの元教師の男性(60)が、イラクで14日に行われた記者会見でブッシュ米大統領に投げ付けられた靴を1000万ドル(約8億8000万円)で買い取る意思をインターネット上で表明した。アラブの衛星テレビ局アルアラビア(電子版)がこのほど報じた。男性はイラク人記者が投げた靴を「自由の勲章」と表現。「わたしの全財産より価値があり、遺産として子供に引き継ぎ博物館で展示したい」と述べ、記者の弁護士が靴を取り戻すことができたら、オークションに掛けた上で買い取りたいとの考えを示した。また、男性は「これ(自分の意思表示)は米国の現政権によって冒涜(ぼうとく)されたアラブ人の誇りに対する救済の一部だ」とも説明。多くのアラブの著名人が賛同し、オークションに関心を示しているという。」(時事通信社 2008年12月18日)

「エジプト男性、靴投げたイラク人記者に「娘譲りたい」」
「ブッシュ米大統領に靴を投げ付けたイラク人記者に対し、エジプトの男性が17日、自分の20歳になる娘と結婚させたいと申し出た。娘も父親の考えに同意しているという。申し出を行ったサアド・グーマさんは、ロイターの電話取材に対し、現在拘置中のムンタゼル・ザイディ記者の兄弟に電話をかけ、娘のアマルさんをザイディ記者と結婚させたいと伝えたという。グーマさんは「わたしが彼(ザイディ記者)に譲れるもので、娘以上に大事なものはない」とコメント。また、アマルさんも「名誉なことで、彼と一緒ならイラクに住みたい」と話している。」(ロイター 2008年12月18日)
[PR]
by illcommonz | 2008-12-18 01:23
▼国営放送の一時民営化
d0017381_12223290.jpg「ギリシャ暴動、
学生らが一時国営テレビを占拠」

「警官による少年射殺をきっかけにギリシャで起きている抗議活動は11日目となった16日、学生らが国営テレビのスタジオを一時占拠し、放送中のニュース番組が中断された。ニュース番組では、占拠した約20人の学生の姿をしばらく放映。間もなく、コマーシャルに切り替え、その後カラマンリス首相が国会で話す様子を放送した。ある匿名の警察官が話したところによると、学生らは暴力的な様子ではなく、放送を通じて少年の射殺事件に抗議させてほしいと伝えたという。」(ロイター 12月17日)

なんだか60年代みたいだ。
[PR]
by illcommonz | 2008-12-17 12:23
▼一回
d0017381_3334065.jpg休み、たいなぁ。

まだ、原稿ふたつ、本の装丁ふたつ、
学会ひとつ、展覧会ひとつ、そのほか
もろもろで、1月中旬まで休みなし。
[PR]
by illcommonz | 2008-12-17 03:38
▼あたってもバチはあたらない
d0017381_21455746.gif「根深い「反ブッシュ」 
靴投げ侮辱のイラク人
記者は「英雄」扱い」

「イラクの首都バグダッドを14日に訪問したブッシュ米大統領がマリキ・イラク首相との共同記者会見中に、イラク人のテレビ記者から靴を投げつけられ、「イヌ」と侮辱されるハプニングがあった。英BBC放送の映像などによると、突然立ち上がった男性記者は「イラク人からの別れのキスだ。イヌめ」と叫んで最初の靴を投げ、続いて「これは夫を失った女性や孤児、イラクで命を失ったすべての人たちのためだ」と言って、履いていた左右の靴を次々と投げつけた。大統領は身をすくめてかわし、男が取り押さえられた後、「事実関係を述べるなら、靴のサイズは10だった」と冗談を飛ばした。14日夜、この映像が流れると、エジプトの民間衛星テレビ局の女性アナウンサーがこの記者を「英雄」と呼び、衛星テレビ各局には快哉(かいさい)を叫ぶ視聴者の声が殺到。ブッシュ大統領への反感の根深さを浮き彫りにした。アラブ世界では、靴で人をたたいたり、投げつけることは最大の侮辱にあたる。2003年のイラク戦争でバグダッドが陥落した日、倒されたフセイン元大統領の像を民衆が靴でたたいて歓喜する光景が世界に流れた。(「産経ニュース」2008年12月15日)
[PR]
by illcommonz | 2008-12-16 21:57
▼ぺこの
d0017381_1533837.jpg手も借りたいくらいの
いそがしさなのに、、、
ぺこの手は、
ポケットのなか。
[PR]
by illcommonz | 2008-12-12 01:54
▼今週のボツ
d0017381_1262767.jpgアカデミック仕様
d0017381_1265676.jpgアクティヴィスト仕様
d0017381_1272854.jpg
今週ボツになった
ラフ・デザイン。

上のふたつは、
本のタイトルが
変更になってボツ。

下のポスターは、
なぜかボツ。
[PR]
by illcommonz | 2008-12-12 01:30
▼今週の入稿
d0017381_125029.jpg
[PR]
by illcommonz | 2008-12-12 01:25
▼文化人類学解放講座・公開講演会
d0017381_1161312.jpg公開講演会「文化人類学の現在」
[テーマ] 文化人類学の現在
[講師] フランソワ・ラプランティーヌ
(リヨン第二大学人類学教授)
[通訳] 三浦信孝 (中央大学教授)

[日時] 2008年12月10日(水)15:00-16:30
[場所] 中央大学多摩キャンパス3号館3114教室
(「文化人類学解放講座」にて)

「人文科学研究所主催の公開講演会を開催いたします。研究員以外の先生方、大学院生・学生の参加も歓迎いたしますので、お誘いあわせの上、ご参加いただければ幸いです」
[企画] 人文科学研究所研究会チーム「総合的フランス学の構築」

----------------------------------
[講義ノート]
・人類学は「映画」と「精神分析」の発明とともにはじまった。
・西欧文明の「脱構築」の学問であった。
・人類学は観察したものをエクリチュールに変換する学問であった。
・見る側/見られる側という関係を解体する「まなざしの革命」を起こした。
・今日、人類学者には「社会的アクション」への参加が期待されている。

ということで、今週の講義は、19世紀末、「映画」と「精神分析」の発明とともに、「未開社会」の観察からはじまった「文化人類学1.0」の概論でした。来週は、21世紀の現在(いま)、グローバリゼーションとインターネットの時代に、国や民族をこえて共有される文化の観察から、もういちど、はじまりつつある「文化人類学2.0」の今年度最後の講義です。「もうひとつの世界」をテーマに、最後の最後までとっておいた、とっておきの映像をぜんぶ残らず上映します。
[PR]
by illcommonz | 2008-12-12 01:17
▼しわしわのしわす
d0017381_2322437.jpg
日勤→夜勤→アルバイト→日勤→夜勤→内職→日勤→
夜勤→アルバイト→日勤→夜勤→ボランティア→(つづく)で、
とうぶん休みなし、とうぜんクリスマスなし、正月なし。。。
来年はどうかいい年になりますように。
[PR]
by illcommonz | 2008-12-09 23:56
▼歳末イルコモンズ活動
d0017381_234419.jpg「アメリカン・スタディーズ」
(合意してない自由!開放!大学企画)

[日時] 2008年11月28日(金)12:50-14:20
[場所] 沖縄・琉球大学法文学部新棟112教室
[講師] 阿部小涼(琉球大学)
[ゲスト] 小田マサノリ(中央大学兼任講師)
[内容] 「イルコモンズ、ニューヨークへゆく」

映画「アメリカばんざい」トークショー
[日時] 2008年11月29日(土)15:00-15:30
[場所] 沖縄・桜坂劇場
沖縄県那覇市牧志3-6-10
藤本幸久(映像作家)
小田マサノリ(元・現代美術家)

▼「無買日」 in 沖縄DFS
[日時] 2008年11月29日(土)
[場所] DFS・ギャラリア・沖縄

▼「G8MEDIA-NETWORK-TVによる
ビデオ・インスタレーション」
「J5×8×15ミニッツ」(撮影/編集/展示=G8MEDIA-NETWORK-TV)
[日時] 2008年11月29日(土)13:00-
[場所] 東京・渋谷区勤労福祉会館
「反戦と抵抗の祭り〈フェスタ〉2008」
アクティヴィストのためのD.I.Y.メディアワークショップ

d0017381_23444510.jpg「高江キャンプ・イン ドラム・サークル・ワークショップ」
[日時] 2008年11月30日(日)時間未定
[場所] 沖縄・高江座りこみ現場大学 N4ゲート前集合
[主催] 合意してないプロジェクト
[ゲスト] イルコモンズ

「VIDEO ACT!ドキュメンタリー祭 続・自由不平等」
イルコモンズ編「ザ・暴力警察 国家賠償ミックス」
「にっぽんの公暴警察」(高解像度・爆音ヴァージョン)
[日時] 12月1日(月) 20:30-
[場所] 東京・渋谷 UPLINK FACTORY

「現代の国際関係」(合意してない自由!開放!大学企画)
[日時] 2008年12月2日(火)14:40-16:10
[場所] 沖縄・琉球大学 共通教育棟3-104教室
[講師] 阿部小涼(琉球大学)
[ゲスト] 小田マサノリ(中央大学兼任講師)
[内容] 「シアトル以前/以後の社会運動の系譜学」

▼「渋谷区長とナイキのための公園なんてイヤだ!緊急行動!
時々進化する手づくりサウンドデモ第3弾」
[日時] 2008年12月5日(金) 19:00-
[場所] 東京・宮下公園
#本日雨天決行

▼「イルコモンズの「もうひとつの世界は
いつでもとっくに可能だ」ゼミナール(3)」
[日時] 2008年12月6日(土)16:00-18:00
受講料10,000円(全4回)
[場所] アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11東洋ビル
[講師] イルコモンズ(マルチ・アクティヴィスト)

▼「イルコモンズの「もうひとつの世界は
いつでもとっくに可能だ」ゼミナール(4)」
[日時] 2008年12月13日(土)16:00-18:00
受講料10,000円(全4回)
[場所] アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11東洋ビル
[講師] イルコモンズ(マルチ・アクティヴィスト)

▼演習「デクノ~まちがえる身体」
[日時] 2008年12月16日(火)16:20-17:50
[場所] 東京・東京経済大学
[ゲスト講師] イルコモンズ(ポリティカル・パフォーマー)

▼「文化人類学解放講座・最終講義」
[日時] 2008年12月17日(水)15:00-16:30
[場所] 東京・中央大学
[講師] 小田マサノリ(兼任講師)

▼京都人類学研究会
「学生運動と人類学-全共闘世代の人類学者に聞く」
[日時] 2008年12月20日(土)14:00-18:00
[場所] 京都・京都大学稲盛財団記念館3階稲盛記念ホール
[講師] 船曳建夫(東京大学)・菅原和孝(京都大学)
[コメント] 小田マサノリ(アナーキスト人類学)
      太田心平 (国立民族学博物館)

▼「好奇字展」
[日時] 2009年1月7日(水)-17日(土)
[場所] 京都・立命館大学
[展示] 小田昌教(東京外国語大学広報ディレクター)
[PR]
by illcommonz | 2008-12-03 00:00